« google tool bar | トップページ | 施主について »

2006年3月16日 (木)

NANA

DVDを借りて見る。

原作の漫画は映画のストーリーの前半くらいチェックしていましたが、
あれをベースとするなら最上じゃない?

中島美嘉の最初のセリフを聞いたときはどうなるかと思いましたが、
この映画を決定づける歌はイイよ。大正解。ナミダがでた。

キャストも言われるほど悪くないと思います。
中島、宮崎はもちろん、成宮くんやドラマーもはまっているし、
龍平くんは賛否ありそうですが、こういう存在感で勝負する役は合っていると思う。
「御法度」とかね。「恋の門」はさすがに無理がありましたが。

ストーリーも余分なものを省いて、うまいところで終わっています。
原作だと、このあと延々グダグダが続くそうですが、それは見たくない。

女性どうしの感情を扱った映画では「blue」よりいいのでは?
原作ではblue>>>>NANAですが。
「tokyo.sora」にあったような都会の閉塞感なんかも
うまく漂わせて、イイ感じに仕上がっていると思います。

« google tool bar | トップページ | 施主について »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52255858

この記事へのトラックバック一覧です: NANA:

« google tool bar | トップページ | 施主について »