« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

自転車の音

駒沢公園まで走りに行くときは普段着に裾止めとグローブという格好です。Dscn2310
ウエストポーチに財布とワイヤーロック、工具を入れ、たまにデジカメを持って行きます。
近場なので替えチューブはなし。パンク時にはインフレータでの空気入れの応急処置のみ。

ヘルメットは結構値段のするカスクに近い形状のものを買いましたが、かぶっていません。
オートバイと比べると自転車は車重も軽くスピードも遅いので、
事故時に人間の力ではどうにもならないほどの応力はかからないのではないかと勝手に思っています。

事故を未然に防ぐには想像力が必要です。
もし次の交差点で突然自動車が飛び出してきたらどうするか。
タイトなコーナーで路面に砂が浮いてはいないか。
ぼくはオートバイのスピードでこの予測に身体が
とっさに反応する自信がなくなったので、オートバイを降りました。

自転車がその点やさしいのは、ひとつはスピードの遅さで、もうひとつは音です。
オートバイは耳をふさぐヘルメットをした上、自身が音を出すので周囲の音が聞き取りづらいですが
自転車の場合は音とカーブミラーで判断して、ブラインドコーナーに突入できます。

SILKはBBオーバーホール、プーリーグリスアップ、チェーン交換で
駆動部のいわゆる「チャラチャラ音」が消えました。
こいでいる間はわずかなタイヤ接地音のみとなります。

これは音を聞く分にはいいのですが、歩行者に対しての存在のアピールとしてはマイナスです。
あまりに静かなので、歩行者の直後に迫っても気付かれないことが多くなり、
そのときはフリーのラチェット音でもならした方がいいかと考えています。
いや、意外な落とし穴?でした。

2006年6月29日 (木)

使わないとだめになる

昨日に引き続き、今日も暑いですね。Dscn2314
昨日は今年初めてエアコンの除湿をかけました。
エアコンは夏、冬と使うので3,4ヶ月のブランクをあけて使うことになりますが
前に1年使わなかった時、リビングのエアコンが故障し、結局基盤の交換。

やはり昨日、数ヶ月ぶりに旧Macに接続しているスキャナーを使ったのですが、
画面にノイズが出るようになって、どうやら寿命を迎えたようです。
このスキャナー、以前に1年以上放っておいた時には異音を発するようになりました。

使う方が機器は消耗し寿命は短くなりそうですが、
全く使わず放っておくともっと短命になるようです。

住宅も同じで、子供が巣立って使わない部屋が増えると、部材の痛みは急速に進みます。
空気が流れないと部材の表面に湿気やそれにともなった菌がすみつき、
カビ、サビ、部材の変形などをおこします。

ちょっと例が異なりますが、高齢の方が入院して数週間ベッド生活を送っただけで
歩行困難になり、入院生活を余儀なくされることも多いようです。

それとかしばらく製図の仕事をしていないと、そういう思考回路が朽ちてしまう。
あ、それは今の自分なのですが…。(苦笑)

「試験」が導入されても対策は所詮付け焼き刃。忘れてしまうので意味ないですね。

2006年6月28日 (水)

scapegoat

scapegoat n.1...2.他人の罪を負う人、身代わり

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060626-00000108-mai-soci

はあ、30万人のスケープゴートですか。国交省にもなめられたものだ。
みんなが姉歯容疑?もともと確認申請を民間に開放して問題起こしたのは誰?
加盟していないから文句言えませんが、建築士会もJIAもこんなのOKなわけ?
デモなり署名なりやるなら参加しますよ。PSEの時みたいに大物担ぎ出しましょうよ。

2006年6月27日 (火)

カテゴリー

ロード乗りだからローディ?
でも行動パターンはポタリング派?
なんて、どうでもいいですね。
カテゴライズされるのは窮屈です。

ネクタイは嫌い。腕時計、指輪は持っていない。携帯電話も車も持っていない。
自転車だとサイクルコンピューターには興味が湧かない。
目標とか達成感とか、ビールのCMのイメージとか好きではない。
上とか下とか仲間とか仲間はずれとかめんどくさい、フラットな人間関係が好き。

とりあえずそんな感じが今の「自分」です。

2006年6月26日 (月)

ジュニアスポーツ車

昨日はまたパワーダウンしてしまい、おとなしく本を読んでいました。
高千穂遥さんの「自転車で痩せた人」。

このなかでリア10段変速では足りない、というお話が出ていました。
STIによるこまめな変速を推奨するもので、
この日記でも幾人かの方に勧められていたこととほぼ同様です。

軽いギアでくるくる回した方が持久力が付くという話は聞いていますし、
F1などを見ても、セミオートマでも最もトルクの出る回転数を維持するように
変速するのが合理的なのだと思います。
でもいざ自分がやるかとなると、ものぐさなせいかWレバーのせいか気が乗りません。

なぜなのか考えてふと思ったのは、小5から高3まで乗っていたジュニアスポーツ車。
あれって「仮面ライダー」とかが流行った自分らの世代特有の自転車じゃなかったのか。
トップチューブにコラム式のばかでかい変速レバーがあり、基本的にリア5段。
これにドロップハンドルを付けて峠とか攻めていました。
特段ワイドレシオではなかったと思いますので、必然的に重いギアを踏み足は太くなりました。

つまり10-18段の当時のスポーツ車に触れるタイミングがぼくらは遅かったのではないか。
それで悪い癖がついてしまったのかもしれません。
SILKは12段ですが、今でも普段は52T×18T、長い坂では42T×18Tくらいしか使わず、
「カンパの持ち腐れ」になりつつあります。

2006年6月25日 (日)

休暇

今年の夏休みは9月上旬に決定。
一応南国リゾート?
航空チケットが安かったので宿は雰囲気のいいところにしたい。
ああ、でも捜し始めるとまたはまるような予感…。

2006年6月24日 (土)

再生

今回SILKに施したのは博物的な保存、修復ではなく「再生」と言えるでしょう。Dscn2305
例えれば築28年の日本家屋をカフェに改装して使うようなもので、
和風にはこだわらず、コストをかけずに現代の良質の素材は取り入れて、
ワンポイントでレトロなシャンデリア(カンパ)を吊るしたりしている。
規格の違いというハードルはありますが、今ぼくらは各時代と対等に対話し
自分なりの基準で自由にパーツを取捨選択をできます。
ひとつひとつの判断は結構しんどいですが、なかなか楽しい体験でした。

2006年6月23日 (金)

楽しい?

3戦ともに、かいつまんでしか見ていないのですが、
サッカーのW杯、残念でした。

今朝のブラジルはやろうと思ったことがスパっと決まり、気持ち良さそう。
逆に日本の選手は3戦通して楽しそうに見えない。
結果が出せなかったので仕方ないのでしょうが、あれが日本でいちばんうまい
サッカー選手たちなのだと思うとちょっと寂しくなってしまいます。
どうも選手の印象が薄くて、魅力的でない。目立ったのは川口くらいですか。

「欠点を克服するより長所を伸ばす」よく言われることですが、
今の日本のサッカーに必要なのはそれなのではないかと思いました。

2006年6月22日 (木)

うつうつ

梅雨のせいか気分がうつうつとしてます。Dscn2300
休んではいるのですが、疲れがとれない。

カンパ購入で景気つけようかと思ったのですが、(無意識に?)
かえって神経質になってしまい、ストレスのもとに。

本業のストレス解消に自転車をいじり始めたところがありましたが、
これじゃ本末転倒だな。(苦笑)

2006年6月21日 (水)

オートバイのサイトですが

むちゃくちゃかっこいいんですけど。41908012

http://www.jppraderes.com/index_galeries.php?le_menu=11&le_lien=galeries

カンパもそうですが、工業製品でもきっちりデザインする、西欧の
装飾を施すという「足し算」の(3D)文化と日本の「引き算」(2D)の文化は
エッフェル塔と東京タワーくらい違うような気がしてきます。

2006年6月20日 (火)

カンパヌーボレコード

SILK再生の「おまけ」がようやくやってまいりました。Dscn2271
先週eBayで購入したカンパニョロヌーボレコードRメカ、
イタリアからアメリカを経由して極東の地までようこそ!

送料入れても7千円程度でしたがちゃーんと梱包されてきたディレイラーは
一見すると未使用かと思うほどぴかぴかに磨かれた新同品でした。
1980年の刻印がされているので、SILKより2歳年下ですね。

調整が5段用になっていたようなので、古いフレームに付けて放置されていたのを
ばらして売ったのでしょうか?ヤフオクや長谷川で決めなくてよかった。

まずはシュパーブと並んで記念写真。これだけ見るとサイズ差はあまり感じません。
プーリーのグリスアップをして、いざ取り付け、とケーブルアウターの長さが合わない。
なのでなるしままで仮付けの状態でパーツを買いに試走しました。

ストロークが短い。6段でシュパーブの2/3くらいか。これなら7段もOKそう。
あとロー側の調整がシビア。ちょっと多めにとるとガイドがスポークと接触してしまいます。
が、他はとりたてて問題もなく取り付け調整終了しました。

あらためて車体全体で見ると、存在感が強く、実物より大きく見えて、
シュパーブのチェンリングとFメカが負けて見えます。
うーん、これがカンパニョロか。肉食デザインですね。
雑食の日本からは生まれないわな、これは。

2006年6月19日 (月)

記憶

昨日のぬかやに関する記事で、記憶違いがありました。060421b
まず白のスーパーコルサなのですが、写真を見るまでバーテープが白だと思い込んでいました。
写真にするとイマイチですが、実物はいいんですよ。黒のスーパーコルサは特に。

で、品切れだったLACELAの自転車なのですが、記事を発見しました。
http://nakame-bicyclelove.com/blog/archives/2006/04/bicicletta_tokyo.html

このなかのこの写真です。どこが桜だ(苦笑)。
ピンクのイメージだったのだがなあ。アウターもメタルだったような気が。
なんだか勝手に脳内で美化していたようです。
写真もイマイチでこっちも実物はいいのですよ。ほんとに。

ぬかやは1990年ころ、まだ東中野にあったとき、審美眼に優れた同僚が
入り浸っていた元MTB専門店で、今は中目黒という土地柄からか、
レーサーというよりコレクター向けのバイクを販売している店です。

坂を上れば代官山、少し歩けば目黒区青葉台という高級住宅地で、
ふらっとやってきてルイガノの10万円のフラットバーロードをポンと
買ってしまうような土地柄。
同僚が惚れたくらいだから店長(?)のセンスがいいのでしょう。
マーケティングとしては成功している部類に入ると思います。

2006年6月18日 (日)

また雨か

これで6月のFCYCLEoffはお流れ。残念。Dscn2263
休みの日はちょっと精神的にゆとりができるので、いろんなHPをまわって
リンクのリンクをたどったりすると、実家のご近所さんや同年代、
同じ高校卒のひとなど、次から次へと出てきてブックマークが半端でなくなってきました。
やっぱりネットってすごいなあ。

売れちゃった。

昨日は中目黒のBICICLETTA TOKYOとぬかやまで自転車で。Dscn2266
目的はProject ProvaのゴージャスなLa Celaの桜模様ロードバイクを見ること。
が、ない!売れた?まじで!2週間前?

http://www.monomagazine.com/monoonline/scripts/mag_special/480-001-03.asp

もう3年前のプロジェクトなので再入荷はしないとのこと。
bianchiの車体をベースにパーツは中程度のカンパで組まれていて、
随所に使われていたゴールドが桜模様のフレーム塗装と相まってそれは美しい自転車でした。

価格が50万円台と自分は手が出ませんでしたが、買う人いるんだ。
自分なら盗難が怖くて目が離せないので間違いなく床の間行きでしょう。

ショックだったけど、新たにパールホワイトのフレームで組んだスーパーコルサ発見。
うーん、黒もいいけど白もいいねえ。コストパフォーマンスもいいよなあ、チネリ。

しかし今東京で見られるベストな自転車がぬかやにあるっていうのもどうなんでしょ。
もちろん私見ですが、この間おそらく数百台のカーボンやらアルミなどのバイクを見てきて
文字通り目が釘付けになったのは、ここのスーパーコルサだけです。
組み付けのセンスが問われるフレームですが、ぬかやのアッセンブルはクラシックに走らず、絶妙!

2006年6月17日 (土)

今後の自転車生活

SILKの再生も一息ついて、普段は駒沢公園あたりまで流してDscn2260
月一くらいFCYOFFとかで遠出して、と、ぼくの自転車生活も落ち着いてきました。

これでふつうのひとは次は何買う?ってことになって、4,5台同時に持っていたり
買っては売りを繰り返して十数台という強者もいるようですが、そういう欲望はないです。
基本的にものはひとつで十分という感覚の人間のようで、
自転車もPCも眼鏡も鞄も靴も(!)ひとつで通しています。
一途なんですかね、浮気とかもしませんし。(笑)

カーボンフレーム、STI、10段フリー、デュアルピポットブレーキ、サイクルコンピュータ
体験していないものも多いですが、買うほど欲しい訳でもない。

しかし、もしSILKが廃車になるようなことになったらどうするか?
うーん、上記機能のカーボン以外を採用してイタリアのクロモリを買うような気がします。
しかもマイナーなDENTIあたりでヴェローチェを組むかも。
スーパーコルサの黒にもひかれますが。

その時まで職人技を受け継いでいて欲しい。殿村さんと相談だね。

2006年6月16日 (金)

ご注意ください

自転車のことを知るにつれ、いろんなサイトを訪ね
時に書き込みをしたりしていますが、ここでご注意とお詫びがあります。

当方、連れの生活スケジュールの関係で毎日夜10時過ぎに就寝、
翌朝5時頃起床しているのですが、寝付きが悪いとき睡眠薬を飲むことがあります。
その際、すんなり入眠はするのですが、午前1時から2時頃に目が覚め、
PCでネットに接続して書き込んでいる時があり、
この時の精神状態が概してちょっとハイになっています。
これは「脱抑制」と呼ばれるそうですが薬の副作用で、
まれにこの間の記憶が全くないこともあります。

翌朝起きてから書き込みを確認して青ざめたことも何度かあります。
今のところ、皆さんやさしく対応してくださっていてありがたく思っていますが、
当方からの夜中の書き込みはそういう傾向がありますのでご理解下さい。
よろしくお願い致します。

2006年6月15日 (木)

いらないもの

買ったけどほとんど使わずお蔵入りしたパーツをさらしてみます。Dscn2261
小物ばかりですが秋の関戸橋に持っていったら売れるかなあ。

上段左から
・なるしまフレンド:ツール缶(黒)200円
・サイクルベースあさひ:ハブ軸照明取り付け台座300円
・トピーク:サドルバッグ2000円
下段左から
・ミノウラ:500mlペットボトル用ケージ、ボルトなし400円
・ワンタッチ開閉式のペットボトル口(青)100円
・樹脂製ハーフクリップ、ペダルは付属しません、取り付けねじ1個不足400円

サドルバッグは手放すか悩んでいるので高めに設定しています。
関心を持たれた方はコメントしてみてください。

2006年6月14日 (水)

tool box

それにしてもgoogle page rankが下がったまま一向に浮上しない。Dscn2248
「瀧浩明」で検索してこのHPが3番目だというのはどうなのよ。

2006年6月13日 (火)

eBay

昨日は月曜なので長谷川自転車商会はお休みで、
なにげなくeBayをのぞいてみたら、あと1時間ちょっとで締め切りになる
ヌーボの出品を発見(海外発送あり)、30ドルでした。
eBayにしてはめずらしく、写真が鮮明で程度もよさそうなので入札。
終了間際にちょっと競りましたが51ドルで落札しました。
日本円にして5814円。安い。
心配した送料は9.85ドルで国内の送料と大差ありません。
カンパのオールドパーツが重宝されるのって日本だけなのかとあらためて感じました。

好印象は今回たまたまだったのかもしれませんが、eBayは会員費もいらないし、
なによりヤフオクのような陰湿な感じがないのがいいです。
ヤフオクは回線の向こう側でオークションおたくや業者が身構えている感じが
ひしひしと伝わってきて、気持ち悪い。
私は再びプレミアム会員から脱会しました。サヨナラー。

さてと、ヌーボが無事に届きますように。

2006年6月12日 (月)

本日のお宝

http://cgi.ebay.com/72-Masi-Grand-Critrium-Ita-56cm-NOS-Campagnolo_W0QQitemZ7247605642QQihZ015QQcategoryZ98084QQssPageNameZWDVWQQrdZ1QQcmdZViewItem#ebayphotohosting1151421870412_masi2_006

締め切り4日も残してもう31万の値段がついてしまっていますが、どうですか。
海外発送がないので入手不可、しかもフレームサイズ560ミリです。
SILKもいつかはこんなかんじにおめかししてあげよう。

やっぱりね

2回目のyahoo!オークション参加は不信感を増すだけで終わりました。

今回の登場人物
・k*rita(***)氏:出品者。履歴数から見て業者と思われます。
今回カンパのRメカ、ヌーボを2つ、スーパーを2つ同時に出品していました。
当方目当てのヌーボは過去1ヶ月の落札履歴から見ると8千-9千円前後が相場です。
締め切りの1時間前まで、ヌーボは1万円と5250円で値がついていました。
・takaoshirasaka(40)氏:締め切り1時間前にやってきて荒らしのように価格を釣り上げ
ヌーボはともに相場より3千円近く高い1万2千円まで高騰。
この方、過去にいくつもカンパRメカを落札していて、スーパーレコードを3万7千円で落札したり
何をしたいのかよくわからない。今回は2つのヌーボ同時期に最高額を入札していて
両方買うつもりだったのか、しかし1万2千円じゃ転売してもたかがしれてる。
そもそも今回だけ相場より高く買う理由が見当たらない。

さらに追い打ちをかけるようにk*rita(***)氏が終了間際に2度に渡り落札時間の延長をする。
当方が初心者だとみて(履歴が見えるシステムはなんとかならないのか!)
落札額を釣り上げようとしたとしか思えません。

※注:上記時間延長はヤフオクのシステムによるものと指摘をいただきました。
   上記点において出品者の方に何ら非はありません。失礼しました。

だいたいこの2人の関係がわからない。業者としての知り合いなのか、同一人物なのか。
もし同一人物なら出品者は手元に現物がないダミーである可能性だってある。

気分悪。全くブルーな週末になってしまいました。
おとなしく長谷川行くかなあ。

2006年6月11日 (日)

雨なのでFCYCLE多摩川OFFは延期に。
先週は仕事の遅れ分を取り戻すようにつめて作業していたので。
ようやく一息つけました。正直ほっとしています。
久しぶりに掃除をしよう。そうしよう。

2006年6月10日 (土)

ネットオークション

事前に現物を確認できないということと、
入札者の素性がわからず、サクラを相手に競ってしまうという
2つのデメリットはあるものの、総じて入札者に有利な金額で
落札していることが多いようです。
逆に言えば出品者には厳しい状況。

今や自転車車体は消耗品扱いになってしまいました。
コルナゴ、デ・ローザ、無使用、室内保管、美品などというフレーズも効果がない。
安くてもちょっとでもリスクがある旧型を買うくらいなら、ポンと新車を買ってしまう。
メーカーもそんな状況を察知して、耐久性より高機能を重視した製品を出していく。

SILKのBBをオーバーホールして頂いた方に言われました。
「質がいいものを使っているので、ちゃんとメンテナンスしていけば持ちますよ」
28年前の16万円の自転車の話です。
今の20万も30万もする車体はどうなっているのでしょう。

2006年6月 9日 (金)

著作権

自分が発案したキャラクターを絵本に無断で使用されたとして
東京都内の建築家の男性(40)が8日、ルイ・ヴィトンの店舗設計
などで有名な建築家、青木淳氏と出版社に、青木氏が執筆した
絵本の出版・販売を差し止める仮処分を東京地裁に申し立てた。
男性は一時期、青木氏の事務所に所属していた。
青木氏側は「キャラクターは事務所の著作物」と主張しているという。
(2006年6月9日産經新聞記事より)

ぐぐってみたけど情報なし。慣例からすると「事務所の著作物」が妥当かと思います。
むしろ自分のHPで「事務所在籍時の担当作品」を載せる人の方に違和感を憶えます。
ま、これで通れば従来の徒弟的関係も変わっていくかもしれないのでとりあえず注目。

2006年6月 8日 (木)

お宝

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m32487631Sony_honda_nimg511x6001149335422ep

お宝ですね。
あと6時間で締め切り、ショップの飾り用でも12万じゃ安い。

ぼられた?

あるところで買った製品が定価の500円増だったことが判明しました。
もともとアバウトな店なので勘違いだと思いますが、当然レシートもない。
で、この500円というのも微妙な数字で、わざわざ返してもらいに行くほどのものでもない。
スタバでコーヒーとクッキーを食べたらすぐ飛んで行ってしまう金額です。
次の買い物の時に指摘して値引いてもらうにしても、だいぶ間があいてしまいそう。

しかし価格というのはおかしなもので、定価で買ったものが他店で500円引きだった
(今回だと約一割引き相当)という場合ではたぶんこんなにあとを引かない。
定価というのは仮に設定した金額でしかないのですが、意外と安心感を与えてくれます。
逆にそのルールを乱されると、たとえ小額でも頭にきたりするのは、
東南アジアあたりを貧乏旅行したひとならわかるでしょう。
「ぼられた!」って日本円にしたら数百円数十円の話だったというのはよくあることです。

ぼくら日本人って秩序が好きで、それがないと不安になりやすいってことですかね。

2006年6月 7日 (水)

懲りずに

ヤフオクで入札とかしています。
前回の不信感はまだあるのですが、ショップを通すと14000円を越えてしまう。
プーリーも最近のは薄いですね。昔のぷっくりしたやつが欲しい。

1970年代は外国製ロードといえばカンパと決まっていて、数は十分あるうえ、
構造がとても単純で堅牢にできているので、サビさえ気をつければ
プーリーの交換だけで数十年は余裕でもつような製品。

ただ性能的にはヌーボは7段くらいまでしか対応していないそうなので、
最新のエンド幅130、9-10段のSTIではたぶん使い切れない。

と、なると膨大な量のヌーボはどこに蓄積されているのか。
ショップでの価格が下がらないのは買い付け時の価格が高かったからと思いますが、
規格的に実用価値がほとんどなくなりつつある今、美麗品(=骨董)はともかく
ユーズドの傷物は売らないと不良債権になるばかりではないかと思います。

ヌーボ売って、カーボンフレーム+STI10速+完組ホイールに乗り換えませんか?

2006年6月 6日 (火)

泣き面に蜂

体調崩して一週間、自転車乗るのもふらついて怖かったのですが、
ようやく回復しつつあるようで、仕事で図面を引いているのですが
いきなりファイルが壊れてレイヤごとデータが飛んでしまいました。
やれやれ…。

2006年6月 5日 (月)

本日の画像

どこでしょう Dscn2150

2006年6月 4日 (日)

カンパ・ヌーボレコード買います。

今、SILKに付いているシュパーブのリアディレイラーは美品で機能的にも問題なく
家に置いている時は車体左を表にしているのでほとんど見ないので、
「今すぐ」「絶対に」欲しい訳ではありませんので、強気の値段で募集します。

求む、カンパニョロ・ヌーボレコード、リアディレイラー、年式不問、6速対応
希望価格 10000円
希望条件:中古品、傷、汚れOK。サビ固着ない程度ならOK。
ストローク、Aテンションの駆動部にガタがなく、スムースに動くこと。
プーリーにガタがなく、割れが入っていないこと。
基本的に純正に準ずるパーツで構成されていること。特にプーリーボルト。
できれば手渡し希望。希望者は当日記にコメントしてください。

これはSILK再生計画のおまけみたいなものなので気長に待ちます。
ヌーボレコードは10年以上同形のものが販売されていたので、
流通量は多いのではないかと思っています。

2006年6月 3日 (土)

カッコマン?

ロードバイク特有のファッションってありますよね。
あれってかっこいいですか?

ぴちぴちの原色のシャツと黒くて中途半端な長さのこれまたぴちぴちパンツ。
キノコのようなバランスの悪いヘルメットと貧相な人にはつらいサングラス。

最初にこの世界に触れたとき、サイスポで子供に「カッコマン」だと
見られたいという人の記事と写真を見た時から理解不能でした。
かっこよくないよー。松田優作みたいなのが好きなのよ、おとこの子は。

今回あらためて買った自転車本にMさん監修の本があったのですが、せめてモデル使いましょうよ。
それにしても30年近くたつのにあのファッション感覚はかわっていないのだなあ。
(ちなみに「カッコマン」さんとMさんは某A工房つながり。これは偶然?)

で、「ロードバイクバイブル」のエンゾさん。
「かっこよくなりたいんだろ?」って、うーん、もう。
だったらもっとフツーのひとにもわかるかっこよいファッションを流布して!

2006年6月 2日 (金)

その後のSILK

2日に1回程度、駒沢公園コースを流しています。Dscn2255

SILKのほうは絶好調です。ようやく身体にもなじんできました。
ビンディングペダルを拾えないのは相変わらすですが…。

コルクのバーテープと、ジェル入りのサドルがいいですね。
レーパンははいていませんが、お尻が痛くなったことはありません。

今はリアディレイラーを旧式のカンパにかえてみようかなあと思ったりしてます。
一回使ってみたいのです、カンパニョーロ。

2006年6月 1日 (木)

お茶商法?

幾つかのスポーツ自転車ショップで、お茶を頂くことがあります。
基本的に無料サービスなのですが、それで長居していると何か買わなければ
いけないような雰囲気になってきてしまいます。
そうなると欲しいものがないときはなかなか顔を出し辛い。

この「お茶商法」結構いろんなところで見かけるもので、
14年ほど前に行ったイスタンブールの絨毯屋が初体験でした。
たいていの店でちっちゃなカップに入ったお茶をもらえて、買わなくてもノープロブレム。
しかし絨毯についてちょっとでも迷いを見せると、食いついてきてはなれない。
かくいうぼくもいつのまにやら価格交渉に入っていて、危うく買うところでした。
6畳和室風呂なしの安アパートに絨毯など似合うはずもないのに。

異色なところでは、草津温泉で温泉饅頭を無料で配っている店があって、
道をふさぐちょっとやりすぎな感じが、旅行者のひんしゅくをかっていました。
配っているのは出来たてで温かくおいしいのですが、冷めるとまずいというオチあり。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »