« 今日のお買い物 | トップページ | 国内パーツメーカー »

2006年10月14日 (土)

カオス

海外旅行で到着する街を空から見下ろすと、碁盤の目のような整然とした姿、
直線道路や場合によっては放射状に広がる道等が見えてきます。

対して東京の住宅地図を見ると、中央区、台東区あたりはまだ秩序があるものの
世田谷区は混沌としていて、南北軸に沿ったり平行した直線路などはほとんどありません。
おそらく一面が野原か田畑だったころ、地形に沿ってできたあぜ道を拡幅して
そのまま使い続けてきたのでしょう。
しかし小さな区画まで歪んでいるのはなぜだろう。まるでフラクタルのよう。

以前、中野区中野1丁目に住んでいたことがあって、幹線道路に囲まれた環境は
ある程度のしんどさを伴う、しかしそれが都市に住むということだと思っていました。
その後、世田谷区に転居し、その2重3重に守られた環境は生温い感じがして
自分が堕落してしまいそうな恐れさえ抱きました。

しかし長く住んでしまうと世田谷の混沌とした街並は面白く思えてきます。
井の頭線と小田急線が鋭角に立体交差する下北沢は、
住民でさえその地図を描くのは困難なそうですし、
線路と街並のグリッドが45度ずれた梅が丘に至っては、いまだに全貌が把握できていません。

イスラム圏のカスバは混沌としながらも連続した都市的なつくりであるのに対し、
世田谷のそれは田舎町をそのまま密集させた感じ。
統一性がなく全てがバラバラでつぎはぎだらけ、隙間だらけ。

その曖昧模糊なカオスを今は気に入ってます。
下北沢の再開発に反対している人は同じような気持ちなのでしょうね。

« 今日のお買い物 | トップページ | 国内パーツメーカー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52295806

この記事へのトラックバック一覧です: カオス:

« 今日のお買い物 | トップページ | 国内パーツメーカー »