« 自転車の歴史 | トップページ | 変な自転車 »

2007年1月29日 (月)

不幸中の幸い?

土曜日にドトールの下り階段で蹴つまずいて、鉄の手摺に右胸を強打。
結構な勢いでぶつかったのですが、その時は痛みはすぐひきました。

しかし、夜食事をしているあたりから鈍痛がはじまり、
翌朝になってもひきません。
胸に力を入れたり、歩いて振動がひびいたりすると痛みます。

昨日は休日だったので、とりあえずネットで調べてみると、
肋骨はちょっとしたことでも折れる、自然治癒には1ヶ月とあります。
えええ?自転車乗れないじゃんと、だいぶ落ち込みました。
事故ったばかりなのに。おみくじ凶だったし、後厄だしなあ。

で、今日健康診断でお世話になっている医院にかかり、レントゲンを撮ってもらいました。
診察結果は、打撲。ひびも折れもないそうです。
伸縮性の湿布と薬も出してもらい、少し楽になった感じがします。

ああ、よかった。不幸中の幸いというのかしら。
この前の事故もそんな感じだったなあ。

« 自転車の歴史 | トップページ | 変な自転車 »

ヘルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52316372

この記事へのトラックバック一覧です: 不幸中の幸い?:

« 自転車の歴史 | トップページ | 変な自転車 »