« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

輪行演習

気付いたらもう明日、サンツアーミーティング。Dscn3484
午前中に打ち合わせを済ませて、
午後はSILKの輪行の予行演習。

まずタイヤ外して、天地逆にして…
ブレーキアウターが折れちゃうじゃん!

とりあえず横にしてエンド金物を取付けようとするも
これは現行規格の130ミリ幅用。
4ミリの差ならなんとかなるかと思っていましたが、ダメでした。

たまたま残していたFAXリボンの紙芯を切って
126ミリ用パイプをつくる。
が、ステーが干渉して、これをはめるのもひと苦労。

車輪を抱かせて肩ひも通して、やれやれできたと思いきや
ペダルが変な位置で飛び出しています。orz

まあいいかと再び組み付け始めると、
チェーンとRDがなかなかうまく納まらない。
ミニベロのティアグラは簡単だったのに、
昔のロードエンドというのも面倒の原因になっているようです。

なんとか車輪のセンターも出してホイールを回転させると
あらら、随分とリムが振れてます。
輪行でベルトで締めたせいかしら…。

で、とりあえず一通り終えて、疲れた〜〜〜〜〜〜〜。
明日、大丈夫かな??

2007年3月30日 (金)

自転車メーカー

Wikiの「自転車メーカー」という項目を読んでみました。
有名どころでも結構、倒産、合併吸収ってあったのですね。
生き残るのってなかなか難しい。

・Cannondale/2003年に連邦破産法11条を申請し(事実上の倒産)
・KLEIN/1995年にアメリカ最大の自転車メーカートレック社に買収されゲイリーは開発の一部のみを担当する。
・GT/1998年にはシュウイン社と合併しシュウイン/GT社となるが、2001年に倒産してしまいパシフィック・サイクル社が同社を買収する。
・Brooks/2000年に親会社のスターメーアーチャー社の倒産により、営業停止。そして現在イタリアのセッレ・ロイヤル(Selle Royal)社によって買収された。

これは初耳。
・Specialized/過去現在に至って「自転車メーカー」であったことはなく、あくまでも「企画屋」である。

2007年3月29日 (木)

シミズサイクル

先日、来店4、5回めにして、ようやく買い物をしました。
フジトシの綿バーテープと白いトウストラップ。
クラシックロードにしぼってしまえば、長谷川よりこっちの方が充実しています。

シュープレートも売ってましたよ。
サンツアーウイナー14-24T6速フリーも3個もあるし(6800円とちょっと高いけど)
ストロングライトの星形チェンリングクロムメッキがBBなしで1万円台だったり。

陽気なおばあちゃんにお茶入れてもらえるし、一見取っ付きにくいご主人も
質問すると丁寧に説明していただいたり、ぼくはここの隠れファンなのです。
客としてはほとんど貢献していませんが…。

バッタリンはなくなっていたけど、売れたのかなあ。
ずっと続けて欲しいお店です。

2007年3月28日 (水)

靴は常時1足しか持たない主義?なのでDscn3457
消耗度は早い方なのですが、
今回のはまだ半年くらいしか使っていません。
前は1年-1年半はもっていたのですが。

ダメになるパターンは靴底が斜めに削れて
限界までくるのと、雨で防水が効かなくなることが多いです。
今回はそれに加えてつま先部も消耗しています。

昔からよく歩く人間で、サンダルをひっかけるように
ずるずると歩くのが癖なのですが、それに拍車がかかっています。
理由はよくわかっていませんが、今回はたぶん、自転車のせい。
後方での蹴り出しと、前方への振りが大きくなっているようです。

靴って案外高いのに…。

2007年3月27日 (火)

拒絶

ここ数日で、浅田真央さん僅差の準優勝、加護亜依さんの事務所解雇と
10代の女の子の人生の節目を見て、一見かわいそうではありますが、
人生はこれからである、と声をかけたくなりました。

拒絶が人生をつくる。
何もかもがすべて受け入れられたひとって、まずいないでしょう。
拒絶は辛く、しんどいものですが、その分チャンス、可能性が広がるとも言えます。

例えばあるコンペで負けても、その次のコンペで勝って、
その方が条件がよくて、いいものができる、ということもあるでしょう。
仕事はひとりでやっているので、キャパは限られますし。

もっとわかりやすいのは、過去の失恋、振られたことがなければ
今の連れと一緒になることもなかったということ。

意地悪を言うのではなく、
10代にして日本中、世界中から注目されたスターは特に
一度、人生の底を味わった方がいいかもしれません。

なにもかもがうまくいかないこと、しかしそれによって
導かれる人生もあるということを知ってもらいたいです。

2007年3月26日 (月)

ヤフーオークション出品2

2回目の出品でボトルケージも売れ、なんとか6品完売しました。
売上はトータルで3万円程度。まとめると結構大きい。

都心在住の人は買わないだろうと思っていましたが、
やはり6品中5品は地方に送られていきました。

地方だと新品を値引き価格で購入することが難しい。
あさひやヨシダという値引通販もありますが、ゆうパックで送ると
送料だけで県外で最低700円はとられてしまうし、
振り込み手数料を含めると1000円前後になってしまいます。
それになるしま、セキヤなどの実店舗の方が安かったりします。

するとリスクを抱えても、オークションに頼ることが多くなる。
狙うは都心で購入され、ほぼ未使用な物が流れてくる、新同品、美品。
このルートが確立されると、都心在住の自転車乗りは、
あまり悩まずにパーツを購入することになるかもしれません。

うーん。アブナイアブナイ。

2007年3月25日 (日)

本日の画像

あ、昨日の話はFCYCLE(ニフティ自転車フォーラム)のことです。Dscn3417

雨ですね。体調悪いっす。

で、今日は画像だけ。
現場進行中の杉並O邸の2階外部廊下。
左に曲がった先に母屋があります。手前は「離れ」。
正面にロフト(書斎)、左下が中庭で
コリドール(内部廊下)の黒いサッシが見えます。

2007年3月24日 (土)

mixi

3月末でニフティのフォーラムが終了し、まだ先がわからなかったとき
取り急ぎ、平行して進んでいたmixiのコミュニティを閲覧するために、
住宅のクライアントだったひとに頼んで、紹介状を書いてもらいました。

当初はあのあけっぴろげで、ある意味悪趣味?の世界に戸惑うと同時に
何か可能性のようなものを感じていましたが、
今は一応アクセスして更新の確認はするものの、あまり面白味を感じていません。
2ちゃんねるの暴言をのぞいたような環境?

mixiに入り浸っている人って何をして何を楽しんでいるのでしょうか?

2007年3月23日 (金)

スポーツクラブ

隣駅にスポーツクラブができたとのことで、先日見学にいきました。

受付がホテルのカウンターみたいになっていて、なかなかきれい。
4コースある25mプールと、小さなスパ、あとは鏡張りの部屋と
ジム用各種機器が置いてある部屋が幾つか。

開業してまだひと月らしいですが、ジム機器の部屋は満員!
それも年配の方が多い。ちょっとした健康ブームなのかしら。
「メタボリック症候群」とか最近よく聞くようになりましたし。

あと少ししたら地元の街にもスポーツクラブができるそうです。
会費は月1万円前後が多いようですが、どうなのでしょう。
自分は縁がない世界です。

ジョギングでも自転車でも外に出てやればいいのに。
ジョギングなら羽根木公園、自転車なら駒沢公園があります。
季節の空気を吸って、風と舞いながら見知らぬ先へ疾走する。
目で見、耳で聞き、肌で感じ、鼻で嗅ぐ。
それにスピード感まで加わります。その方が楽しいと思うけど。

同じようにプールとスケートリンクにも興味が湧きません。
場面展開がないとつまらないという考えは、
自分の建築設計にもつながっているような気がします。

2007年3月22日 (木)

寿命

漫画家、西原理恵子さんの元夫、鴨志田穣さんが亡くなったそうな。
享年42歳、自分と同い年、腎臓がん、フリーカメラマンで戦場ジャーナリスト。

自分は詳しくは存じ上げないのですが、
青山BCで最近新刊を出しているのは見ました。
その内容は自身のアルコール依存症との闘病記とのこと。
かなり破滅的な人生をおくったらしい。

掲示板のコメントを読んだりすると、「あまりに早い」というフレーズが
目につきますが、今では40代でも「早逝」となるのでしょうか。
日本人の平均寿命が男性78歳、女性85歳。
自分の子供の頃と比べても、これは異様に高い数字です。

生物的にみると、人間の大人は出産、育児して成人させたらお役御免。
であれば寿命50歳でもOKなわけです。
残り35年もの空白をかかえてどうしろというのか。

ま、人間そのものが無駄だらけの存在だったりするわけですが。

2007年3月21日 (水)

椅子

住宅プロデュース会社からアンケートがまわってきて、Ychair
昨日一生懸命書き込んだのですが、どうも無記名のようで。orz

最初が椅子に関する質問だったのですが、最近あまり興味が
なくなってきていて、記憶がおぼろげなところをネットで補完しました。

椅子はもう十分にデザインされたものが多数ありますので
自分でデザインするという気持ちはありません。
自分のつくった空間に自分のデザインした物を置くというのもつまらないですし。

自分が考える定番椅子は以下の通りです。
・Seven Chair、Ant Chair:Arne Jacobsen
・Shell Side Chair:Charles & Ray Eames
・Y Chair:Hans J.Wegner

それと別にオブジェ、芸術性で選ぶと以下のようになります。
・Wiggle Side Chair:Frank O. Gehry(自作しました)
・How High The Moon:倉俣 史朗(置場に困る…)

ついでに自動車。
事故ると取り返しがつかなくなるので基本的には運転しませんが、
緊急搬送用で購入するとしたら、smart fortwoですね。
ふたり乗りコンパクトカー。

2007年3月20日 (火)

またもボトルケージ

SILKにはハンドルとダウンチューブにボトルケージを取付け、Ibbc111s
遠征する時は、ダウンチューブの方に替えタイヤを入れています。
ARGONはダウンチューブの他に、シートチューブにも台座があるのですが
フレームがXSサイズと小さい上にスローピングフレームなので、
こちらにケージを持ってきても背の高いボトルは上に抜くことができません。

今まではウエストバッグに替えタイヤを入れていたのですが、
ジャージの後ろポケットだけにものを入れた身軽さを覚えてしまうと、
やはりもうひとつ、ケージが欲しくなります。

ハンドルはアウターが走っているので、SILKのようには取付けられません。
縦でなく、横に抜けられるケージがあればなあとショップに行ってみたところ
たったひとつだけありました!

IBERAという製品で、以前にayakoさんが購入されたTOPEAKのものと同じく
ケージの幅がスライドする上、ケージを斜めに傾けることができます。
付けてみると、随分とガタがあって心配でしたが、ボトルを縦にさし込むため
振動で抜けるということもなさそうです。

800円と安いこともあり、満足です。

2007年3月19日 (月)

ヤフーオークション出品

先々週末頃、この1年でたまった自転車部品を整理して
売却しても構わないもの、11点をピックアップ。
値段をつけてみて、1000円を切る、送料が見合わないものはのぞいて
6点をヤフーオークションに初めて出品してみました。

昨日の夜締め切りで、6点中5点が無事落札され、
うち4点は振り込み確認ができたので、本日発送しました。
最初の売値はまあこの値段なら売れるかという数字より
送料分、一括500円引きで設定しました。

落札価格は設定値より
・サドルバッグ:+700円/なるしま価格とほとんど同じになりました。
・チューブラータイヤ2本ペア:+500円/走行距離は少ないけど汚れがあるのでこんなものか。
・サドル1:+7000円/07モデルが国内発売中止との噂のためか、定価に近い額でした。
・サドル2:+500円/直前まで売れ残っていましたが落札されてほっとしました。
・カスク風ヘルメット:+1750円/アクセス数の割に高く売れました。マニア好み?

金額的には満足です。
「もったいない」精神が強いので、朽ちる前に使ってもらえるというのも嬉しいです。
それに落札者と比べると出品者は気軽でいいです。
Yahoo!BBユーザーなので、手数料等は5%分以外はかかりませんでした。

あと残るはボトルケージのみ。2回延長しますが、売れたらラッキー。
売れなかったら事務所の飾りにします。(笑)

2007年3月18日 (日)

3月の定例多摩川オフ

午前中は寒かったです。ほんとに、身体がふるえるほど。

今日は久々のSILKの登場。2週間後のサンツアーミーティングを見据えて
サドルとトウクリップの調子をみてきました。

サドルは良いです。リーガルですがさすが、安心して乗れます。
問題はトウクリップの方で、上りや加速時にどうしても無意識に
足を引いてしまい、ペダルから抜けることしばし。
また、常に「踏む」ペダリングが膝に与える負担も大きいようです。

ここは見え張らないでビンディングでいくかな。
SILK自体はタイヤエア圧を高めたせいか、よく走りました。
まだまだ床の間行かなくても大丈夫でしょう。

2007年3月17日 (土)

シュープレート型クリート?

トウクリップの自転車を乗られている皆さんは、Kurito1
シューズはどうしているのでしょう?

SILKにクリート埋め込みのシューズをはめてみると
丁度、クリート後端部がペダル後方のプレートに当たるようです。
するとこんな金物があったら、シュープレートのかわりになるかも。

2007年3月16日 (金)

パスポート申請

5月でパスポートの期限が切れるので、都庁まで申請に行ってきました。
写真は地元の照明写真ブースで撮ったのですが、
ちょっと横向きになっていたりして、撮り直しても変な感じ。
都庁で撮る(1500円)より安い(700円)ので、まあいいか。

今年の夏はペルーあたり行こうかと話していますが、
治安が不安で、どうなんでしょう?

2007年3月15日 (木)

こだわりの崩壊

雪崩を打ったようなSILKの古典回帰。
クリート埋め込みのビンディングシューズでトウクリップのペダル踏んだら全然問題なし。
サンツアーミーティングもこれで出動するか?とか
いっそのこと、次のバーテープは綿?とか、長く張っていた意地はもう総崩れ。
フレームの塗装はがれが心配だった輪行禁止も解除するような勢いです。

ま、でも1970年代の純国産(シマノ除く)ロードレーサー(リム除く)というコンセプトからは外れています。
当時の部品>現行部品=ほとんどが国産>外国製となっています。

タイヤ:ソーヨー>ビットリア、バーテープ:綿>人工皮革、
チェーン:サンツアー?>ワイパーマン、サドル:藤田>セラサンマルコ、
トウストラップ:三ヶ島>ゼファール、リム:ニジ>アンブロシオ
ポンプ:プリマス>シリカ、リアディレイラー:サンツアー>カンパニョロ

2007年3月14日 (水)

iさん

今、リア・ディゾンさんってモデルの方、いらっしゃいますよね。

あの洋風顔のパーツを和風にコンパクトにしてみた感じが似ているのです。
誰が?えーー、初恋の人が…。

厳密な初恋は小学6年くらいの時だった気がしますが、
iさんは中学3年間、進学塾が一緒で、高校生になってからは
たまーに街ですれ違ったり、大学の頃は彼女は地元の書店でアルバイトをしていたのですが
立ち読み小僧だった自分はなんだか気まずくなりそうで、
その書店から足が遠のき(なにやってんだか)、最後に目にしたのは大学4年の頃、
家庭教師をしていた子供用の教材をその書店で購入し、
レジにいた彼女と一瞬挨拶した、というものでした。

自分は高校が男子校だったので、中高6年間くらいは惚れていました。
花火大会での浴衣姿の彼女はとっても美しかった。
大学生?になってからは、ストレートの髪をいじりはじめて、
もったいないと思っていたりしていました。

なぜiさんだけがそんなに印象に残っているかというと、
たぶんまだ女性を神聖視?していたころの出来事だったからだと思います。
大学に入って以降に知り合った女性には、こんな思いを持ったことはありません。

30代くらいまでは、あのあとiさんはどんな人生を送ったのか
知りたい気持ちがたまーに湧いたりしましたが、
今の歳になると下手すると亡くなっていたりする可能性も出てくるので、
知らない方がいいかと思っています。
元気で暮らしているといいなあ。

2007年3月13日 (火)

美人

昔から視覚的欲求は強い方で、特に美人に対しては敏感です。
女性と面するとき、胸に目が行く人が多いそうですが、自分は断然、顔派。

ま、それでなにかアクションをおこす訳でもなく、
ちらっと見ては、きれいだなあど感動するだけなのですが。
男性は女性に比べて一目惚れ率が10倍くらい高いそうですので
その分、機会が多くて楽しめます。

最近はそれに加えて、美がそのひとにどんな影響を与えているのか
推測する冷静な目を持つようになりました。
美人というのは物心ついた頃から既に発揮している大きな能力なので
その人の人格形成に影響を与える可能性、大です。

学生とかだと高慢な態度の人をまま見かけます。
逆に美人という本来備わったアイデンティティ以外に
自分というものを見いだそうと努力しているまじめな人も結構います。

美しいということは人生にとって、諸刃の剣です。
ちいさな子供の美人を見ると、これから大変だろうなあと思います。
ま、自分は美とほど遠い存在なので、あくまで推測に過ぎませんが。

2007年3月12日 (月)

自転車いじりも一息

昨日は油汚れのこびりついた三ヶ島ベダルの掃除。Dscn3383_1
パーツクリーナーを使うもかなり苦闘する。
結局、ペダルは擦り傷が多いので、出来上がりはまあまあっていうところ。
でもあのかんじだと、ベアリングにグリス残っていないのだろうなあ。

古いアルミパーツは磨けば光るので面白い。
本当はパーツもばらしてクリーナーにつけ込んでいれば最強なのでしょう。
さらにその先にはバフがけという世界も待っています。

クリップは持っているので、ストラップを買いに出かける。
白いのが欲しかったが、2店まわって黒しかなかったので、仕方ない。
帰宅して取付け、とにかくSILKの写真を撮りまくりました。
これがclassic road bikeの最後の更新になると思います。
ミニベロの写真もついでに撮っておきました。

余剰パーツの在庫も近々、処分する予定。
もうすぐ新年度になりますし、ここらへんで一回締めて、
あとは走るぞ〜〜。

2007年3月11日 (日)

住宅点検

過去に手がけた住宅の点検に行ってきました。
一般にキッチンとバスルームは痛みが早く出るものですが、
ここのバスルームはきれいでした。
当方自邸でも最近採用しているのですが、浴室の換気扇を
24時間回しっぱなしというのは結構効果的です。お試しあれ。

修理は以前は雨漏り、ほんのちょっとした壁の隙間からも発生して
原因究明が困難でしたが、最近手がけたものはなくなってきています。
あとは建具。日常的に開け閉めする住宅唯一の可動部なので、
歪みなどによるガタはよく発生します。特に戸車は消耗しやすい。

手がけた住宅で、増築や改装は当方自邸のみ発生しています。
当初想定していなかった他者が入り込むと、部屋の雰囲気もずいぶん変わります。

今回点検に行った住宅は、4月5日から4月24日まで、
新宿パークタワー6,7階のOZONE特設会場にて、
「暮らしを楽しむ住まい100選&新築・リフォーム相談会」
と称して、バスルームをテーマにパネルと模型の展示を行う予定です。
近くにお寄りの際は、是非ご覧になってください。

2007年3月10日 (土)

SILK再生最終章

昨年4月に20数年ぶりに自転車の世界に復帰したとき、浦島太郎状態の自分に
与えられたジャンルは、クラシックロードバイクというものでした。
基本的には1970年代のロードバイクを当時のパーツで再生するという世界。

しかし自分は今の自転車がどうなっているのかすら全然つかめていなくて
知識を詰め込みながら、自分の納得する部分からいじっていくという
おぼろげな方針を掲げました。

1970年代と今では部品の規格がことごとく違い、統合する道は困難でした。
とにかくクラシックにはとらわれず、今のいいデザイン、機能は取り入れていく。
それの象徴がセラサンマルコアスピデのサドルだったように思います。

結局はミニベロ、ARGONと新車をつくって、最新の機能はそちらで体験します。
全部をSILKでやろう、もしくはやれる範囲で納得するなんていうのは無理でした。

今、アスピデが取り外され、SILKへの荷がやっとおりた感じがしています。
もうクラシックに戻してもいい。4月のランが終わったら、
新たにストラップを購入して、トウクリップを復活させてもいいかな。

2007年3月 9日 (金)

サドル交換2

とりあえず、スペシャTOUPEを仮付けしたSILKを見て、
今更ここに黒くて大きな塊がきてどうなる、と思っていましたが
サンマルコリーガルはあっけないほどすんなりと納まりました。

http://www.geocities.jp/studio_blank/photo49.html
トウクリップのペダルを付けたら完璧ですね。

今手元にあるサドルは藤田、VELO、アスピデ、スペシャ、
ブルックス、リーガルの計6個になりますが、
スペシャライズドだけはお尻に合いませんでした。
今回のことでサドルの限界が見えたような気がしました。

薄く、軽くしていくと座面面積が限られ、座骨のみで支持する形になる一方
クッション性能はレーサーパンツのパッド頼りになり低下しています。

硬くても座面が広ければいい。
ブルックスB17とかリーガルは、お尻の後方での支持が効いています。
アスピデもある程度尿道での支持があるので救われています。

スペシャはなまじ尿道への圧迫をなくした分、骨盤へのダメージが大きい。
クッションも押すとすぐ底板に当たり、じわっとした弾力性がある
アスピデと比べても材質感に劣ります

常に腰を浮かせているようなレーシーな乗り方ならともかく、
中長距離のファンライドには向かないサドルだと思いました。
うーん、残念。

2007年3月 8日 (木)

サドル交換

ARGONのスペシャライズドTOUPEサドルは格好はいいのですがDscn3342
最初にまたいだ時から骨盤に硬いものが当たる感じがしていました。

その後、短距離を走る分には問題なかったのですが、
どうにも尻のポジションが決まらなくて、
80km程度の長さになってくると、骨盤が痛み出し、
自転車を乗っていない時でも、その痛みを思い返すようになってしまいました。

で、泣く泣くSILKのサンマルコアスピデと交換です。
SILKは長距離走っていないのですが、おそらくこちらの方がお尻にいい。
さすがイタリア製。パッドもアスピデの方が密度があるようです。
SILKの方は本当に乗らなくなりましたので、無難にサンマルコリーガル
あたりを購入して、クラシック風に戻すつもりです。

先日のボトルケージといい、無駄な出費が多くなってきました。
・カレラカルパッチョヘルメット
・エリートパタオ74ゴールドボトルケージ
・サンマルコTOUPE Ti130サドル

サドルはまだちょっと微妙ですが、欲しい方がいましたらお譲りします。
4月の関戸橋に出すかもしれません。

2007年3月 7日 (水)

大友克洋

月曜日は月に1度の青山BC詣でで、またしても漫画書コーナーへ。4575930326

何度も読んでいるのですが、再読したくなって「童夢」を手に取る。
自分の中で漫画書の最高傑作はこれと、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」です。

「童夢」は1983年発売で大友克洋、29歳の時の作品です。
自分は学科の先輩の家に遊びにいった時に貸してもらって、
一晩、夢中でむさぼり読みました。当時たぶん大学1、2年生。
ヤンマガでAKIRAに触れていたはずですが、それをはるかにしのぐ衝撃。

巨大な団地を舞台に自殺、変死が相次ぐ。捜査に乗り出した警察からも
犠牲者が続出。犯人は精神レベルが幼児である超能力を持った老人。
ある日、やはり超能力を持つ少女が引っ越してくることで、
老人の好き勝手な殺戮は阻止され、やがて超能力者同士の対決に
発展していく。老人は逃げながらも少女の親しい人を殺していく。
あと一歩というところで、少女の精神は限界を迎え、いったん戦いは収束する。
その後の警察の捜査でも老人は対象から外され、団地に舞い戻り穏やかな生活を
おくり始めたところで、少女が戻ってくる。見えない力と力の静かな戦いは
老人の負け、死で収束する。そして少女は去っていく。

ひとを安易に殺す場面が多いのには辟易しますが、画力、ストーリー展開
キャラクター設定、すべてにおいてパーフェクト。
それ故か次作のAKIRAでは随分と苦労したようです。

今、大友氏は53歳。漫画家は早熟な人が多いのですが、
「天才」は商業ベースから離れて、晩年に余力を持つ人が多い。
期待してます。

2007年3月 6日 (火)

ばね?

どうも疲れが出ているようなので、今日は画像だけ。Dscn3337

と、思いましたが、昨日渋谷のハンズに久しぶりに行って
発見したことを幾つか。

ミニベロのRメカはティアグラなのですが、パンダグラフ?の内側に
縦型のコイル(ばね)が入っているのが気になっていて、
廉価版はしょうがないなと思っていたのですが、
DURA-ACEでもこれ、やっているのですね!
びっくりしました。いかにも安っぽいのですが耐久性はOK?

完成車販売では街乗り車が増えてMTB、ロードが減りました。
ラレーかプジョーのアルミフレーム+古ーいヴェローチェが
10万円切って売られていました。
重量は不明ですがアルミはもう暴落してますね。

ついでにここらも大安売り。
http://www.jitensya.co.jp/y/sale-yy-road.html

写真は横浜の赤煉瓦倉庫です。絵になります。

2007年3月 5日 (月)

Lapace

地元、明大前には数年前からLapace popoという3556
お洒落な自転車店があるのですが、扱う自転車は
安価軽快車とでも呼べる、ママ自転車をかっこよくした
程度のものがほとんどで、客が入っているのをめったに
見たことがないという、不思議な店でした。

最近、店頭に並びはじめた自転車はTommy Hilfigerブランドのもので、
ベースはDAHON JETSTREAMですが、色が凝っていて、
フレーム全体とサドルがNAVY/RED/WHTの3色に塗り分けられています。
写真が見つからないので、ワイズのサイトから単色のものを転載します。

で、ここにきてようやくLapaceというのは何者か、検索にかかるようになりました。
http://lapace.co.jp/tommy/tommybicycles_news.html
明大前店は唯一の直営店のようです。
あとはImport Bicycle Factoryやワイズでも取り扱っているらしい。
相変わらず客はいませんが、ここらへんでブレイクしないと…。

2007年3月 4日 (日)

横浜

天気がいいので、どこか行きたい。Dscn3338
でも多摩川CRは来週行くし、大垂水、相模湖は時間的に難。
東京都心ポタにしようかなと思っていましたが、ふと思いついて
二子橋-多摩川CR-丸子橋-綱島街道-横浜-赤煉瓦倉庫-山下公園
-グリーンサイクルステーション-本牧ふ頭まで走ってきました。

行きは菊名からまじめに綱島街道をトレースして結構上り下りあり。
ダウンヒルは気持ちよかったです。
横浜に着いたらなんだか南国のような雰囲気。
横浜ってリゾートみたいだなあと思っていたら、
東京も今日は暖かかったようですね。

鶴見川を越えると、ああ地元だなあとしみじみ。
自転車で来たのは青葉区の実家にいた頃以来だから、
もう30年近く前の話になりますが。

マリンタワーと氷川丸が相次いで閉鎖と寂しいニュースばかりの横浜ですが
赤煉瓦倉庫も山下公園もたくさんの人でにぎわっていました。
海の水も昔に比べて随分きれいになったように思います。

山下公園から2本ほど内陸に入ったところに
グリーンサイクルステーションはありました。
センスのいいHPで注目していましたが、ちっちゃい!
品揃えはLORO SETAGAYAと同じような感じで、
ウエアとバッグ等アパレル類が多いのが特徴と言えばそう。

本牧ふ頭は行ったことがなかったので、行ってみましたが、
海沿いには護岸の壁があって海が見えない。
見るには有料の展望台か海釣り施設に入るしかない。うむむ。

帰りは六角橋経由で菊名まで東横線沿いルートで。
こっちだとほとんど起伏がなく、楽々。
本日の走行距離77.2km。ちょうど良いかんじでした。

2007年3月 3日 (土)

アクセス

移転後のHP本体へのアクセスが1万を越えました。
訪れていただいた皆様に感謝感謝です。

ページ別に見ると、classic road bikeのページがGAMIさんのサイトから
リンクを張っていただいていることもあって、断然トップ。
それにリンクしている「SILK改造計画」とmini veloのページが追従しています。

意外な2位は「スポーツサイクルショップ・ひとことレポ」
アクセス数が多いので、今は「趣味」にもインデックスを追加しています。
お店の定休日とか営業時間とか案外検索するのが面倒で、
自分でもこのページは使っています。

これからも皆さんの役に立つページを増やしていけるといいなあ。

2007年3月 2日 (金)

黒森庵

*黒森庵/東京都杉並区和泉3-17-6/井の頭線永福町駅歩5分Dscn3322
 定休日...金.土.祝祭日/11:30-15:00

aizさんのblogで紹介されていた蕎麦屋さんが近所なので、
仕事に出がてら、昼食をとりに行ってきました。
http://blog.drecom.jp/cr2c_tsuzuki/archive/181#BlogEntryExtend

12時過ぎくらいに着いたのですが、表にはママ自転車がいっぱいで
バイクラックは使えず、店主のピナレロバイクも出ていませんでした。
なので、小さな店内はほぼ満席。繁盛しているなあ。

黒森庵のくろもりは「クロモリ」にかけていて、
店の暖簾にも自転車を漕ぐリスがあしらわれています。
店主の服にも自転車模様があり、自転車好きが蕎麦屋を開いた
ということがよくわかります。

なかに入ると天井はデッキプレート、H鋼、ブレースが露出して現代的なロフト風。
なかなかセンスがよく、客層も上品な人が多いように見うけられました。
店員さんは女性がメインで対応はとても丁寧で気持ちいい。

で、蕎麦は基本、盛りが1種類800円なのですが、
今日はもう一種あるとのことで追加でそちらのほうも頂きました。
麺はみずみずしく腰があっておいしい。
一緒にたのんだにんじんのサラダも美味でした。

帰りに店の写真を撮っていると店主が出てきてご挨拶。
応対の柔らかな、気さくな感じの方でした。
時間があれば自転車の話もしたかったのですが、それはまた今度に。

2007年3月 1日 (木)

三輪車

駒沢公園で母娘が三輪車の特訓をしていました。Img10082514211
しかしいかんせん脚力と脚長が足りず、室内ならまだしも
公園の凹凸ある路面はかなり手強く、少し進んでは逆走、
というパターンを繰り返していました。

三輪車にもフリーハブがあればいいのにと思いましたが、
逆走できるのも三輪車の面白さのひとつかもしれません。

で、今三輪車はどのようになっているのか、検索してみました。
写真はトライシクル(ニューヨークベビー)というお洒落な製品。
昔の記憶と比べると、まず手押しがついていて、
サドルの下に収納式のフットレストもついています。
ベビーカー兼用というかんじですね。

ちゃんとベルもついています。
しかし気になったのは、後ろの2輪をつなぐ部分で
昔は台になっていて、少し成長したらキックスケートみたいな
乗り方ができたように記憶していますが
そこが今ではバケットになってしまっている。

うーん、全体的に対象年齢が下がってきているということでしょうか。

三輪車のロールスロイス。丸ハンドル。
http://www.sawadaya.org/winther.htm
後輪をひっくりかえして、チョッパーに!
http://www.radioflyer.com/trikes/trikes_440.html
アメリカンロードスター
http://www.schwinn-jpn.com/07bikes/roadster.html

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »