« 4月の定例多摩川オフ | トップページ | シフトレンズ »

2007年4月 9日 (月)

King Crimson

King Crimson - Belgium 1972 - Lark's Tongues In Aspic Part 1のヴィデオです。Kc

Bill Bruford dr/Led ZeppelinのJohn Bonhamとともに自分の中では2トップ
David Cross viol/繊細さを感じる美青年。ヴァイオリニストをバンドに入れたのはすごい
Robert Fripp g/このひとは相変わらず座って淡々と超絶テクニックを繰り出す。
Jamie Muir dr,perc/ヒッピー風のいっちゃってるオジサン。この人の存在がキモ
Jhon Wetton b/ベース演奏もいいけど、ヴォーカルとしても素晴らしい

もうね、天才。最強の組み合わせ。若いのにみんなすごいテクニック。
5人だけでこれだけの音が出せるんだ。びっくりです。
逆にこのメンバーを解散させたRobert Frippはなにやってんだか。
ぴょんぴょん跳ね飛ぶAdrian Belewは勘弁。

« 4月の定例多摩川オフ | トップページ | シフトレンズ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52348956

この記事へのトラックバック一覧です: King Crimson:

« 4月の定例多摩川オフ | トップページ | シフトレンズ »