« 音楽と時間 | トップページ | デジカメ用広角レンズ »

2007年4月30日 (月)

東京バブル

行ってきました、国立新美術館。
もっとも目当ては展示ではなく、安くて美味しいという評判のレストランです。
名は「ポール・ボキューズ」。
11:00開店でその少し前にモネ展の行列を横に見ながら行ってみると
もう長蛇の列。1時間半から2時間待ちとのこと。
ま、今日はこれが目当てだったので待つことに。結局2時間待ちでした。
味はよい、が、ちょっと独創性が薄いかな。でもこれで2500円はお得!
サービスもよかったです。

しかしこれで待ち疲れて展示は今回はパス。
建物は毛綱さんか高松さんに隈さんを足して2で割った感じ。
そのあと東京ミッドタウンにも足を延ばしましたが、もう人人人で大変。

東京はほんとにバブルの再現です。汐留、品川、丸の内、六本木ヒルズ
表参道ヒルズ、恵比寿、代官山、お台場、秋葉原…、本当に節操がない。
レストランは高く、建築のグレードが低いのもバブル同様。
六本木ヒルズのジャーディーによるミュージアムコーンくらいですね、独創的なのは。

このGWで地方から観光客が押し寄せて、みんな東京にお金を下ろしていく。
地方はますます廃れていきます。どうにもならないのかなあ。

« 音楽と時間 | トップページ | デジカメ用広角レンズ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52349517

この記事へのトラックバック一覧です: 東京バブル:

« 音楽と時間 | トップページ | デジカメ用広角レンズ »