« アパレル | トップページ | 東京バブル »

2007年4月29日 (日)

音楽と時間

最近は「うるさいこと」にいらつくことが多くなり、音楽を聴く機会も減りました。
TVのつけっぱなしはない、事務所でBGMを流すのは打ち合わせ時と
模型制作の時だけです。考える、特に文章を書く時は音楽は邪魔です。

音楽が流れるとどうしても聴いて考えてしまいます。邦楽ならなおさら。
「音楽を聴きながら」というのがどうも苦手なようです。

先日、連れに付き合ってジャズのライブというものを聴いてきました。
原曲を知らないので何をどう味付けしているのかわからない。感じようがない。
ただ、構築的なものではなくスタンダード、伝統をもとに各演奏者が
互いに対話して楽しんでいるのだろうということはわかりました。

感じるとっかかりがないので、その音楽と別にいろんなことを考えていました。
ひとつは映画に対する演劇のように、リアルタイムで体験するものなので
同じ演奏は2度と聴くことがない、ということ。

音楽はその瞬間で消えてしまい、記憶があって初めて成立します。
CDはともかく、ライブだとその瞬間を楽しむしかない。
とても贅沢なものだけど、ある程度知識がないと辛い。

音楽を考えずに感じるだけということは、「時間の無駄遣い」ではないのか。
だいたい街中でiPodを聴いているようなひとは、考えていない。
ぼくはこれはとてももったいないことだと思っています。
その場その場での環境音というのは、実にいろんなことを感じ考えさせられます。

で、考えていない人の脳はどうなっているかというと、おそらく空白です。
言い方を変えればリラックスしているということにもなるでしょう。
日常生活には意外と多くの空白があります。
眠ることはその代表ですし、あとはなにかを待っている時とか、
単純作業の仕事をしている時とか、それはなんかとても贅沢。
逆に言えば時間の浪費ですね。でもそれに楽しみを覚える人は多い。
スポーツクラブに通うような人も同じかと思います。

享楽的というかラテン的と言うか、それは建築と対極にあるものなのかもしれません。
建築は基本的に不変です。
それは地道な「積み上げ」作業であり、アドリブさえ固定化されてしまいます。

その場で楽しければいいや、というものと実生活のベースとなる不変なもの。
なんだか考えていくときりがありません…。 Don't think,feel?

« アパレル | トップページ | 東京バブル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52349493

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽と時間:

« アパレル | トップページ | 東京バブル »