« 来場、多謝! | トップページ | プロの仕事 »

2007年5月20日 (日)

歳だねえ

今回のO邸は比較的規模が大きかったということもありますが、
実施設計が期間内に納まらず、知人の建築家にフォローに入ってもらいました。

工事は現場監督さんがうまく仕切ってくれたので、なんとかなりましたが
昨日の午前中施主、P会社の検査、使用方法確認、追ってガス、床暖房の説明
昼から施工会社から施主への建てもの引き渡し手続き、
買い込んだ昼食を急いで食べていたら、オープンハウスのお客さんが来訪、
その後途絶えがちながらも見学者は来て、人数的には少なかったですが、
動線が長い建てものなので歩き&しゃべり疲れました。ちょっと蒸したし。

これっておそらく40過ぎの建築家がひとりですることではない。
少なくても所員が一人いて、そのひとに仕切ってもらうのが普通でしょう。
やってて身体が追いついていかないのをひしひしと感じました。

でも人雇うほど仕事はないし、どうしたものだろう。
2004年にstudio blankを名乗ってから、違う仕事の仕方を探りはじめて、
名声とか成功とか自分とかいうものにこだわらず
マイペースでお施主さんの納得できるものをつくろうとしてきましたが、
身体の方がもっと大きな変化を求めてきているようです。

極端にいえば、60-80歳台くらいのリタイアした建築家みたいに
ちまちまとやっていきたいのですが、やっぱり設計監理というのは
そんな片手間でできるような仕事ではないようです。

« 来場、多謝! | トップページ | プロの仕事 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52352660

この記事へのトラックバック一覧です: 歳だねえ:

« 来場、多謝! | トップページ | プロの仕事 »