« ただいま | トップページ | 隠れた名所 »

2007年7月16日 (月)

簡単な感想

今回は東欧3カ国をまわりましたが、おおざっぱな感想として
オーストリアと旧共産圏2国の落差が目立ちました。

特に共産圏の地方は、国境をまたぐだけで明暗がはっきりわかるほど悲惨でした。
これはおそらく、昔は地方へも均等配分していた仕事が
資本主義になって消滅し、人口が都市に流れてしまったものと思われます。

その分、首都はそこそこ環境が整っていて
名所ではツアーの観光客が増えていますが、
オーストリアと比べると落書きなどが目立ち、荒んだ雰囲気を隠せません。

西欧国では2、3回建て替えられているだろう建物がそのまま放置され、
補修することすらままならず、いまだにインフラが行き届いていません。
プラハではスリが多発して、タクシーにはカモられます。
ブダペストでは旧国家役員の持つ強権的態度が見られます。

オーストリアではどの都市をとってみても、
隣接するスイス、ドイツなどの街並と見劣りがしません。
ウィーンに至っては、平日の昼間からストリートは人で埋まり
オープンカフェはとてもにぎわっています。

この違いは、もう農業だけでいいや、という姿勢と
工業、情報産業へ理由はわからぬもののとにかく突っ走ってきた
社会との差なのかもしれません。

« ただいま | トップページ | 隠れた名所 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52366871

この記事へのトラックバック一覧です: 簡単な感想:

« ただいま | トップページ | 隠れた名所 »