« カール・マルクス・ホフ | トップページ | ハース・ハウス »

2007年7月26日 (木)

ルーフトップ・リモデリング

*ルーフトップ・リモデリング/1989年
 コープ・ヒンメルブラウ/ウィーン/オーストリア

見上げた写真ではほとんど判別できないのですが、
古くからあるビルの傾斜屋根部分を改装=ぶち抜いて
弁護士事務所の執務室、会議室にするというプログラム。

イメージとしては鉄とガラスでできた昆虫が屋根にとまっている感じ。
またいろんなエレメントが飛散した一瞬とでも言えるような浮遊感があります。

比較対象として妹島和世のプラットホーム2が挙げられますが
デザイン完成度はこちらのほうが圧倒的に高く、
初めて写真を見たときは衝撃的でした。

コープ・ヒンメルブラウはオーストリアの2人組建築家で
長らく実作がなく、これが実質上のデビュー作かもしれません。

夢に出てきた造形を描きとめたり、目をつむってスケッチしたりと
いろんな噂はどこまで本当なのでしょうか。 Dh000136

« カール・マルクス・ホフ | トップページ | ハース・ハウス »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52367352

この記事へのトラックバック一覧です: ルーフトップ・リモデリング:

« カール・マルクス・ホフ | トップページ | ハース・ハウス »