« ジンジャー&フレッド | トップページ | カール・マルクス・ホフ »

2007年7月24日 (火)

ストロンボウ・ウィトゲンシュタイン邸

*ストロンボウ・ウィトゲンシュタイン邸/1928年Dh000144
 ウィトゲンシュタイン+エンゲルマン/オーストリア/ウィーン

哲学者ルートウィヒ・ウィトゲンシュタインが実姉の住宅を
建てるにあたり、全面的に設計に関与した、氏唯一の建築作品。
哲学者らしく、各部の寸法が厳密に決められており、
建物が完成してから天井高さを3センチ上げたという話は有名。

現在はブルガリア大使館のようなものとして使われていて、
メンテナンスは完璧、とても80年前の建物とは思えません。
特にブロンズのサッシは交換したのではないかと思うくらいきれいでした。

この建物の醍醐味は内部空間なのですが、予約がないと入れてもらえません。
で、今回は残念ながら外部からの観察のみになったのですが、
意外と全体のスケールが大きい。
建築家以外の人物が設計する場合に陥りやすいポイントです。
んー、同じ大戦間の建物としてはカサ・デル・ファッショの方が上かも。

« ジンジャー&フレッド | トップページ | カール・マルクス・ホフ »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52367269

この記事へのトラックバック一覧です: ストロンボウ・ウィトゲンシュタイン邸:

« ジンジャー&フレッド | トップページ | カール・マルクス・ホフ »