« HPの沿革 | トップページ | TREKとSHIMANO »

2007年12月14日 (金)

茄子アンダルシアの夏

ようやく見ました。

・茄子アンダルシアの夏
スペインの「ブエルタ・ア・エスパーニャ」を舞台とした自転車レースアニメ映画。
登場人物がほとんどスペイン人なので、せめてDVDでは日本語の字幕くらいはつけて、
スペイン語で合わせて欲しかった。

で、びっくりするくらいあっという間に終わってしまいました。
上映時には入場料半額にしたとか。んー、これは続編が見たくなります。

アニメの質は高く、空撮などはおそらく映像をトレースしているのではないか。
逆にわざわざアニメにする意味が見えませんでしたが、実写でやると大変だものね。
絵は基本はジブリ風だけど、お兄さんの顔だけ浦沢直樹だなあと思っていたら、
「マスターキートン」の作画もしているひとなのですね。納得。

主人公の遠くへ行きたいという気持ちはわかります。
地元で認められ栄光があり満足していれば群れから外れる必要はありません。
彼は挫折感や疎外感を感じながら、一回り大きな希望に向けて足を踏み出すのです。

あ、あとゴールスプリントの必死顔が面白かった。(笑)

« HPの沿革 | トップページ | TREKとSHIMANO »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52391768

この記事へのトラックバック一覧です: 茄子アンダルシアの夏:

« HPの沿革 | トップページ | TREKとSHIMANO »