« v3 | トップページ | 田村はまだか »

2008年5月 2日 (金)

セルフビルド

杉並o邸の1年点検に行ってきました。Dscn5429

中庭を主体とした外回りががらっとかわっていて驚きました。
玄関まわりに至っては、門扉、アプローチの位置までかわっていました。

基本的に竣工、引き渡しされた建物を施主がいじるのは歓迎してます。
しかしここまでの展開を果たした住宅は初めてです。

この家は設計の段階から施主の意向が把握しづらく、
暗中模索の末、出来上がった住宅です。

「新しく始めるこれからの家」という当初のキーワードだけを手がかりに
敷地いっぱいに建てられた暗い3階建ての木造住宅から
中庭を持った接地性の高い、夏場は暑いほど明るい住宅にがらりと変わりました。

しかし毎度のことで予算が回らず、中庭は黒々とした土の状態で引き渡し。
このときは集光装置としてしか考えていませんでした。

それがほとんどプロのような仕事で木が植えられ、デッキができ、水盤が置かれ
枕木を敷いて、レンガで舗装、外周には木摺の目隠しがつけられました。
昨日訪れたときには、そこに蝶が舞っていました。

施主は当初からここまでのイメージが湧いていたのでしょうか。
設計の内容が何らかの影響を与えたのであればとても嬉しく思います。

« v3 | トップページ | 田村はまだか »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52414114

この記事へのトラックバック一覧です: セルフビルド:

« v3 | トップページ | 田村はまだか »