« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

肥満?

ぼくの今の身長は171cm、体重は66kgです。

同じ身長で高校のときは58kg、大学のときは62kg
社会に出てからは64kgがだいたい平均体重でした。

で、つい最近までは64kgをキープしていたのですが
このところの猛暑で昼間に外出することがめっきり減り、
歩いたり自転車に乗ったりすることが少なくなっていたうえに
朝食後にコンビニに寄ってアイスを食べるという
良くない習慣がついて、今は2kgオーバーしている状態です。

月一くらいのペースで体脂肪計を使っていますが、
BMIの標準は64.3kgで66kgだと22.6。
まあなんとか標準なのですが、体脂肪計で体脂肪率と合わせると
「隠れ肥満」で肥満度は「やや肥満」真ん中あたりと出てきます。

でも体脂肪率の違う計算の仕方があって、ネットに載っているのですが
体重+手首まわり寸法+へそまわり寸法で計算すると体脂肪率15%と出ます。
うーん、両手で握る形の体脂肪計では体脂肪率20%を切ったことはないのですが。

まあ、お腹まわりはだぶついていて、中年太りと言えるでしょう。
はかり方によっては減量する必要はない数値になりますが、
へそまわり85cm(パンツのウェストは76cm)はメタボ判定ギリギリだし、
見た目も良くないので注意しましょうかね。

2008年7月30日 (水)

スポーツ観戦

昔っから、ほとんど見ません。

野球は20代の頃、ほんの一時、神宮の外野席に行ったくらい。
サッカーは、なにか出場権などがかかった大事な試合くらい。
あとはオリンピックのときに体操とかフィギュアとか。
たまーにテニスとかバレーとか。ここらへんは基本、女子です。

スポーツではないですが、F1にはかなりはまっていた時期があり、
日曜夜の録画放送を見ていました。
20代後半でしたが、体力あったんだなあ。

で、ツールが終わった自転車競技ですが、あまり興味をひかれませんでした。
まあ今年はメンツが地味だったせいもあるかもしれませんが、
なんかだらだらと続く感じがあります。

その点、トラック競技は結末が早く出て、スピード感があっていいかもしれませんが
競輪は賭け事なのでダメです。
ギャンブル依存症になった本人だけならまだしも、
金銭問題をきっかけに家族が崩壊する危険もあるわけですから。

2008年7月29日 (火)

またまたポジション出し

自転車のポジションは、Dscn5708

1.ペダル上部からサドル上部までの高さ
2.サドル中心からハンドルのブレーキブラケットまでの距離
3.サドルとハンドルの落差

上の3点でほぼ決まってきます。
Mt.富士に参戦したときの3台の数字は以下の通りでした。

SILK  :1:825 2:755 3:-80
ミニベロ:1:825 2:780 3:-35
ARGON :1:830 2:780 3:-35

当初目指したARGONのポジションをミニベロに近づける
という試みはとりあえず成功しています。
しかしトップチューブが傾いている上に、また違った角度で
ステムが取り付くというデザインに、どうしても見慣れません。
そこでステムを元に戻し、また少し調整をしてみました。

・ステム上下の10mmコラムスペーサーを15mm+5mmに変更して
 ステムを5mm上げる。
・ハンドル下部を前方に送って、ブレーキブラケットがステムと
 同様な傾きを持つようにする。

改ARGON:1:830 2:760 3:-40

ステム天返しすることなく、ミニベロに近いポジションが出ました。
試走してみたところ、これぞまさしく求めていたポジション!
特にブレーキブラケットが手前に傾いたことで、
腕の力が自然と抜け、体幹に無理なく力が入るようになりました。
ブラケットも手のひら全体で受けられるようになりました。

見た目もOKです。
これ以上ステムを上げるのは躊躇しますね。

2008年7月28日 (月)

雪くまオフレポ

雪くまとは毎年熊谷の街が開催する、雪のように細かいかき氷のイベントでDscn5719
参加している店は19店、それを幾つか自転車で食べ歩くというオフが雪くまオフで
毎年恒例でFCYCLEのkさん主催です。ぼくは一昨年に続き2度目の参加。

集合時間が9:45と余裕があるはずだったのですが、当日になって自転車をばらした
こともあって、慌てて出発。タイヤのエアを充填するのを忘れてしまいました。
さらに、夏バテで精神がまいっているのか、赤羽で高崎線に乗り換えるところを
同じホームから出発する宇都宮線に乗ってしまい、大宮から宇都宮方面へ。
電車を間違えたと気づくまで30分もかかり、電車は古河まで進んでいました。

あわてて降りてkさんに遅れる旨を連絡し、来た路を引き返しますが
実に1時間20分のロス、大遅刻となってしまいました。熊谷には10:51着。
ただラッキーなことに、今回は人気かき氷店を最初にもってきた都合で、
スロースタートとなっていて、おそらく11時開店の最初の店「慈げん」で合流できそう。

しかし店の場所はわからないので、路行くひとや店員さんなどに聞くのですが、
全く知らないか、おぼろげな記憶がある程度で、とりあえず後者を頼りに進みます。
4回めに聞いたスーパー駐車場のガードマンさんから教えられた
目と鼻の先の店にたどり着いたのは11:25ころでした。

店に入るとオフ参加の皆さんがいらっしゃいました。ほぼ貸し切り状態。
かき氷の出てくるのが遅いそうでまだ待っている状態だったので
急いでメニューを決め、ついでに早くできるといううどんも頼みました。

うどんはのどこしが美味しかったです。
かき氷はこの店は2回めということもあってか、さほどの感動はなし。
結局この店を出たのは12時半頃となりました。

ここから熊谷ドームに隣接する八木原牧場のアイスクリーム店まで、すぐ着きました。
ぶどうのかき氷と果実の上にソフトクリームが乗っているものを食べました。
美味しかったですが、前のかき氷からすぐだったので少し水腹状態。
ヤギがいたのでちょっと戯れました。

さて次は利根川の赤石の渡しです。
無料な上、自転車をそのまま積み込むことができて、対岸までのんびり渡るもの。
一昨年に体験して気に入っていたのですが、今年はなんと祭りの行事と重なってしまい
乗れませんでした。船着き場では水上の神輿の上に狂ったように上っては落ちる
背中に模様のある方々が、異様な光景をなしていました。(ちょい怖=写真)

仕方なく利根川沿いのCRを遡上し、妻沼聖天へ。
と、ここで集団がちぎれて迷子になったようでしばらく待ちます。
聖天は特に観光はすることなく、名物の巨大稲荷寿司は当然のように売り切れ。
結局ここでも騎西屋のかき氷を食することに。
イチゴミルク味を頼みました。ここは慈げんと違いすぐ出てきました。
4個あるイチゴ果実は完全に凍った状態でした。

店に冷房がないので団扇で扇がないと暑かったです。
それでもこの日はずっと曇天で、直射日光がない分走りやすかったですが。

しかしこの頃から、空からころころと雷の音が鳴りはじめました。
籠原駅近くの本日の最終目的店、シノン洋菓子店に着いた時は今にも降りそうな雰囲気。
ここで2名離脱して、自転車が濡れるのを覚悟して店に入ります。
果たして入店後すぐ土砂降りとなり、すぐ近くに雷が落ちました。

結果的に雨宿りとなったここでは、さすがにかき氷は飽きてきたのでケーキセットを頼みました。
外では雨あしは弱まったようですが、まだ降り続いている様子。
携帯サイトを見るとどうもまた本降りになるような予測だったので、意を決して籠原駅まで突入。

ここで反省会組と分かれて湘南新宿ラインで帰路につくも、
まただんだん雨が強くなってきて、東京ではどうなっているのだろうと心配になるほどでした。
しかしこの天候は池袋が近づくと嘘のようにおさまり、新宿では夕焼けすら見えました。

なあんだ、それならと新宿で自転車を組んで甲州街道を走って帰りましたが、
空は明るいのに結構雨は降っていました。最後の最後でちょっと失敗。
でも基本的には悪天候による損害は少なく、幸運に恵まれた1日だったと思います。

走行距離:39.4km
平均速度:12.4km/h(新宿からの自走含むと16.3km/h?)
獲得標高差:149m

2008年7月27日 (日)

雪くまオフ

本日は雪くまオフだったのですが、詳細はまた明日。Kumagaya

電車のアプローチでミスして、集合時間に1時間遅れてしまいました。
で、最初に訪れるカキ氷屋さんを捜すも、ぼんやりした情報しか入らず、
とにかく走って聞いてを繰り返して、運良く本体に合流できました。

写真はそのさまよったルート。

2008年7月26日 (土)

ツール・ド・フランス終盤

基本はcyclingtimeで速報ビデオとレポートにて情報入手。Kkgtcompletebike
時たま画像の荒いライブ映像を見たときもありましたが
ほとんどのステージで逃げが決まらなくてつまらない。

優勝候補が本気でトップとりにいったのは、アルプスの山岳
最後の第17ステージくらいで、あとはチームによる護送ばかり。

で、結局勝負は今日のタイムトライアルで決することとなりました。
距離53km。トップのサストレから5位のメンショフまで2分39秒差。

おそらくみんなTTバイクに乗ってくると思いますが、
こいつはコントロールがシビアで案外転倒しやすい。
1回こけるだけでマイヨ・ジョーヌの行方が変わる可能性大です。

見るなら今日なのですが、日本語音声が欲しい。
どこかのショップで見られるところ、あるでしょうか?

2008年7月25日 (金)

本日の画像

本日の画像Dscn5656

2008年7月24日 (木)

1%!

自転車パーツのレビューサイトである「サイクルベース名無し」で
アクセス者アンケートを行っていて、閲覧者の性別という項目が
あったのですが、なんと女性の比率が1%でした。

まあ、メカ好きの女性自転車乗りが少ないというのは感じていましたが
ここまで少ないとは思いませんでした。

たしかにウェアとかには結構お金かけても、
自転車をピカピカにしているひとはほとんどいません。
靴はちゃんと手入れするのにね。

概して、女性は自分及び身につけるものに投資し、
男性は集めるモノ、趣味に浪費するという傾向があると思います。

それがここまで極端な数字に表れるのを見ると、
遺伝子にあらかじめインプットされてきているのではないかと思ってしまいます。

http://cbnanashi.net/cycle/index.php
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=3938&forum=114&post_id=5859#forumpost5859

2008年7月23日 (水)

時をかける少女

この前テレビでやっていたのを半分くらい見て、面白かったのでLzzzzzzz
某映像サイトに行って、残りを補完してきました。

なぜ最初からちゃんと見なかったかというと、実は前に1シーンだけ
見たことがあって、主人公の女の子のスカートが極端に短かったりして、
キャラクターや表情がいわばオタク向けに見えたからです。
そこらへんでイメージ戦略的に失敗しているかもしれません。

が、通して見ると、とても良くできたアニメーション映画でした。
これまでジブリの独占状態だった、大人の視聴に耐えるアニメーションは
「千と千尋の神隠し」をピークに崩れてきているようですが、
そのあとを引き継ぐに十分なストーリー、演出、画力があると感じました。

ちょっと引っかかったのは、これは「耳をすませば」でも感じましたが、
主人公の能力設定が特殊すぎて共感しづらいところ。
リアルに学校生活を楽しんでいるという意味の2ch用語で「リア充」
という言葉があるのを初めて知りましたが、みんな真の勝ち組で、
こんな体験ができる高校生なんてほとんどいないって。(笑)

しかし、だからといってこの作品がダメだということではありません。
それを言ったら村上春樹の作品などはほとんど評価できないでしょうし。
視聴者にこびないという点では、案外オタク向けアニメの
対極を行っているのかもしれません。

2008年7月22日 (火)

3連休とか

ちまたでは3連休だったそうで。

しかしぼくは今年は夏バテがひどく、ほとんど外出することもなく、
それどころかちょっと遠いスーパーへ行くのすらしんどい状態。
こんなんでこの夏、乗り切れるのかなあ。

とりあえず最近のことを箇条書き。

・クリスピークリームドーナッツを食べた
 食べたことがあるという連れに、渋谷にもできて10分待ちくらいだよう
 などと言っていたら買ってきてくれました。
 ドーナッツ状のものとなかにフルーツが入っているものを食べましたが
 前者はとにかく甘い!スタバのシュガードーナッツの倍くらい。
 これは毎日食べていたら糖尿になるよ。

・09カンパニョーロケンタウルのレバーに触ってきた
 見た目がどうにも慣れないウルトラシフトレバーですが、
 にぎってみると08より優れていることが一瞬でわかります。
 本当に手の形に沿う感じ。レバーも握りやすい。
 多段変速も復活するし、これは買いかも。

2008年7月21日 (月)

本日のWIREDネタ

http://wiredvision.jp/news/200807/2008071721.html20080717211

・6728ccのV型2気筒エンジン搭載
・全長約3.45メートル、重量650キログラム

3速トランスミッションにはバックギアもあるので、
肉離れを起こさずに後退させることができる。
しかし、前輪タイヤの幅が約28センチもあるため、
ハンドル操作は一苦労だ、とのこと。

こけたらどーすんだろ?

2008年7月20日 (日)

猛暑

またまた暑いですね。
梅雨明けたそうですが、来週の天気予報に34度とかいう数字が見えます…。

で、昨日は昼間は冷房の効いた書店でせっせと情報収集。要するに立ち読み。
20日が日曜なので、雑誌の新刊が一斉に出ていました。

・jt住宅特集
・新しい住まいの設計
・サイクルスポーツ
・バイシクルクラブ
・ファンライド
・ロングライドマガジン

特に住宅雑誌は図面と写真を統合して空間を把握するため、
解読に時間がかかります。そのかわり、買わない。
自転車雑誌は本当に似たり寄ったりですね。
これも買わない。最近買うのはたまに「自転車人」くらいです。

夕方は暑さが一段落したらショップまで走ろうと思っていましたが、
待機しているうちに営業時間が終わってしまいました。orz
仕方なく、となりの永福町まで夕食をとりに出かけました。

またステム上下を元に戻してみたのですが、
ハンドルが2.5センチ高くなるのって大きい。違いをはっきり感じます。
力を入れやすいのは低い方、呼吸が楽なのは高い方。
そのときの用途によって、変えていってみようかと思っています。

2008年7月19日 (土)

ボトル

どうも昔使ったポリボトルの臭いイメージが残っていて、Dscn5704
SILKでSIGGボトルを購入した以外は、ずっと500ccペットボトルに
専用吸い口をつけて走っていましたが、今年の
ツール・ド・草津の参加記念品でDedacciaiの赤いポリボトルを貰い
モノトーンの車体に赤のアクセントが気に入って使いはじめました。
ポリボトル臭は思ったより気になりませんでした。

で、しばらくは問題なかったのですが、だんだんと気候が暑くなってきて
そのなかでグループ走でのロングライドに参加したとき、
容量が500ccでは足りないと痛感しました。
また、吸うときに顔を上げなければならないのになかなか慣れず
できれば下を向いたまま飲めるボトルが欲しいと思っていました。

とりあえず購入したのはポラーボトル24ozで、後者は満たしていません。
フレームに取り付けたところ、大きすぎて出し入れが大変です。
あと、色目も薄くて求めていたイメージと違いました。

それからボトル探しの旅が始まり、後者の条件からまずキャメルバッグボトルを
発見しましたが、容器が硬くて自転車向きではありません。
キャップだけポラーボトルに付け替えることも考えましたが、
ストローの長さが合いません。ゴムパイプで延長できないことはないのでしょうが。

で、今度はdさんの購入したキャメルバッグのPODIUM BOTTLE 0.7Lを求めて
渋谷のモンベルショップへ。
あった、ありました。が、ストローが付いていません。
うーんと悩んで諦めて帰りかけたところ、
PODIUM BOTTLEにまじって、PERFORMANCE BOTTLE 0.65Lというのを発見。
ストロー付き、しかも赤。キャップがグレーと希望通りのものです。
これを購入しました。

自転車につけてみると、ちょっとサイズが大きくて出し入れがしづらい。
でもボトルに引っ張る取手も付いているのでなんとかなりそうです。
最悪、縦のケージには入りますし。(ポラーボトルは大きくて入りません)

で、ポラーボトルは1度も使うことなくお蔵入りとなりました。
オークションに出すほどの価格でもないので、
もし欲しい方がいらっしゃいましたら差し上げます。(写真下)

クリアカラー保冷ボトル
容量:24oz 約750ml
高さ:260mm

着払いで送るのもばからしいので、手渡しできる方を望みます。
引き取り手がいなかった場合は、年末のFCYCLE忘年会行きですね。

2008年7月18日 (金)

自転車事故

自転車事故でフレーム全損という話はよく聞きますがOkimiho
実際壊れた写真を見る機会は案外少ないものです。

今発売されている「自転車人」vol.012のP34-37にツーリングと
それを強制終了させたクラッシュのレポート、写真が載っています。

昼間、地方の下りの暗いトンネルで、赤色灯点灯、ジャージの反射テープに
気づかれずに、後方から60km/hで走行してきた自動車に追突されています。

後輪ホイールはもちろん全損、ポテチ状態です。
ダメージはそれにとどまらず、はねられたあとにまた当てられたのか
もしくは壁面等に接触したのか、トップチューブとダウンチューブの
ヘッドチューブとの継ぎ目が破損、分離しています。
前輪とフォークは一見すると無事な様子。
フレームはLOOK KG461でヘッドラグの接着が外れたみたいです。

これと別に、サイクルスタイルの昨年7月のニュースで、
沖美穂選手がジロ・デ・イタリアでクラッシュしたレポート、画像があります。
(写真/サイクルスタイルより転載)

http://www.cyclestyle.net/news/detail/1062.html

これはレース中の前方車両への追突ですが、
フロントまわりは前に挙げた例と同じような壊れ方をしています。
フォーク、ハンドル、ステムは無事な様子。

フレームって案外もろいのだなという感想を持ちましたが、
もしかしたら前輪に横方向にひねるような力がかかると
このような壊れ方をするのかもしれません。

事故でなくても何らかの妙な力のかかり方をした場合は、
ヘッドラグとトップチューブ、ダウンチューブの接続部を
確認した方がいいかもしれませんね。

2008年7月17日 (木)

執事喫茶

連れが興味があるとのことで、先日同行、潜入してきました。

池袋の名物執事喫茶「Swallowtail」です。
秋葉原のメイド喫茶の女性版、という程度の知識しかありませんでしたが、
やはり周囲にはアニメショップなどが多く点在していました。

開店して2年になるらしいのですが、今だ人気が高いようで、
予約がなかなかとれずに、10時前に行って少し並び1時間後の予約をとりました。

地下に下り、執事に迎えられると広めのシャンデリアのあるホールに案内されます。
ちなみにここでは上流家族の子女が「帰宅」してもてなされるという設定。
入口で呼び名を選びます。お嬢様、奥様、お坊ちゃま、旦那様だっけか?
ここが一種のコスプレっぽいところで、好みが分かれるところかもしれません。
他は基本、豪華な喫茶店ですが、ホスピタリティが行き届いています。

最初入ったときには客層が、メタボ、眼鏡、コスプレ率高いなと思いましたが、
案外普通のひともいたし、ひとりで来ている方も多かったです。
男子禁制ではないそうですが、客の95%は20-30代の女性です。

やはり女性は豪華な環境できめ細かなサービスを受けるのが好きなのでしょう。
これは高級レストランに行っても体験できることではありますが、
ドレスコードがあったり、マナーを気にしたりしなければならないのが窮屈だし
なにより高い。執事喫茶であれば、自分らであれば1人2700円で済みました。

メニューは豊富で、デザートセットから軽食セットまで取り揃えてあり、
自分らは3皿ドリンク付きのアフタヌーンティーセットを頼みました。
プレートはサンドイッチ、スコーン、デザート。ドリンクはアップルティーで
味はしっかりしていて美味しかったです。食器もなかなか豪華でした。

対応するのはフットマンと呼ばれるウェイターでT.M.Revolutionばりの美男子。
メニューの説明も細かいし、ドリンクのカップが空けば即座に注いでもらえます。
なにかリクエストがあるときは卓上のベルを鳴らすことになっていますが、
これはちょっと恥ずかしくて使いませんでした。

出るときは執事の「お見送り」があります。
役者さんなのかなあ。とても言葉遣いが丁寧です。

総じて、メイド喫茶よりはフォーマルで上品、
ホストクラブよりは色気が薄くカジュアルという印象を受けました。
どちらも行ったことはありませんが。(笑)

予約制で時間は80分。禁酒禁煙、撮影禁止、携帯電話も禁止です。
ドレスコードはありません。

http://butlers-cafe.jp/

2008年7月16日 (水)

消耗品

自転車の消耗品と言えば、まずタイヤ。Dscn5701
あと、チェーンとかブレーキシューとかもありますが、これは結構もちます。

ARGONのタイヤは今年の3月にリアを交換。
そのとき、フロントはトレッドが残っていて大丈夫だと思っていたのですが
6月に出先でパンク。この2年でチューブラー初パンクでした。
原因は直径1mm程度の小石がめり込んでいたこと。
エア圧は管理していて、今まではこの程度の異物は跳ね返していたはずです。

で、タイヤをはがしてみるといつの間にかトレッドはすり減り、
表面のゴムも弾力がなくなっていました。なかのチューブは問題なし。
主因は経年変化でしょうか。1年半はパンクしなくてもタイヤの寿命なようです。

もうひとつ消耗品があります。LOOKのクリートとシューズの踵のゴムです。
ふと気づくと踵のゴムを止めるビス頭まで減ってきていました。慌てて交換。
そのときにクリートを見ると、停車時に足をつく左足の減りが進行していて
裏面の白い樹脂が見えてきていて割れそうです。
右足はまだもちそうでしたが、クリートカバーとともに購入してあった
スペアと交換しました。

本当は大事なヒルクライムレース前に交換すべきだったのでしょう。
草津、Mt.富士とノントラブルで終えたのは幸運だったのかもしれません。

2008年7月15日 (火)

お買い物など

昼からちょっと出かけてきました。Podium2402

・ツアー・オペレーター/渋谷アップリンク
 2000年のツール・ド・フランスのコフィデスチームを追ったドキュメントフィルム。
 スポーツ自転車店にチラシがあったりして宣伝に力をかけているようですが
 うーん、いまいち。今のメルクス、イノーらを見たいというのでなければ
 公式の映像の方が面白いのではないか。ちなみに観客4人でした。(苦笑)
 http://www.uplink.co.jp/factory/log/002676.php

・なるしまフレンド
 09カンパがあれば見たいと思って行きましたがありませんでした。
 キャメルバッグの新しいボトル(写真)もなし。SIDIのシューズの踵のゴムを購入。

・GPSストア
 VistaHCxを箱状のケースで包むパーツを見に行きました。
 それだけだと2000円ちょいなのですが、球状のアームなどを含めると
 8000円近くなるし、ちょっと大げさ。あとは腕につける布製ケースが
 4000円ちょいでありました。2000円のパーツ+自作でなんとかならないかな。

・ワイズロード・マニアック店
 目的はなるしまと同じで、やはりなし。TRIGONのカーボンサドル発見。

・Victoria L-Breath
 3階でキャメルボトルを発見。口は倒すことができて、ストローがついているもの。
 ポラーボトルと口径が合いそうなので買おうとしましたが、
 考えてみるとストローの長さが合ってないと飲みきれない。
 ストローない方が便利なのかも?キャップだけ売ってないのが難。

他にもちょっとありましたが、自転車がらみはこんな感じ。

2008年7月14日 (月)

7月の定例多摩川オフ

昨日も暑くなる予報だったので、ヘルメットの下にバンダナをしてDscn5694
それを首筋にかけて出かけました。

集合場所には「じてんしゃ日記2008」を描き上げたばかりの一本木蛮さん(写真)
高千穂遥さんがいらっしゃって、その場で購入、サイン+イラストを頂きました。

午前中は暑さはまだそれほどではなく、気持ちよくペダルをこげました。
登戸で合流したaさんから4月のサンツアーミーティングの写真を
ブックレットにしたものをいただきました。これかっこいいです!

府中ではあまりに暑いとのことで、公園に付属した体育館のカフェテリアで昼食。
カレーを食べました。ついでにソフトクリームも。

帰りはとりあえず登戸まで合流するも、あまりの熱気に耐えられずちぎれてしまいました。
直射日光より熱風が辛かったです。バンダナはあまり効かず。

登戸からは世田谷通りで帰宅するつもりでしたが、帰路が同じなgさんに案内頂き
小田急線沿いに走ることにしました。
狛江で泉龍禅寺の保存緑地となっているところがちょうど公開日だったので入ってみました。
なかではボランティアの方からいろいろと説明を頂きました。
今の子供には貴重な緑ですね。

千歳船橋でgさんと別れ、水道道路から下高井戸経由で3時半頃帰宅しました。
CRを外れてからはほんとにポタリングペースだったのですが疲労していました。
おそらく熱中症。歳とると暑さに弱くなりますね。
これ書いていても、昨日はあまり記憶がありません。

昨日の走行距離:48.2km
消費カロリー:1081kcal
平均速度:20.8km/h
平均心拍数:149hpm
最大心拍数:188hpm

2008年7月13日 (日)

爆撃?

昨日の3時頃の雷はすごかったですね。Kaminari

前の晩、2時くらいに床についたのに、6時くらいに
目が覚めてしまって寝不足状態。
昼にドトールへ行ったら外はひどい暑さ。
へばって事務所でエアコンかけて横になっていたら爆撃音が。

対雲雷でなく、明らかに落ちている音。
だんだん近づいてきて、雨が降ってきたかなと思ったら
いきなりダウンバーストのような突風が。
そしてあっという間に去っていきました。
雷の前後で気温は10度も下がりました。

写真は東京電力の雷情報サイト。
赤い三角が直近の対地雷です。
西からざーっと絨毯爆撃を受けたのがわかります。
雷のときはここと、2chの「関東雷スレッド」を見ていると
実況が見られて面白いです。

http://thunder.tepco.co.jp/cgi-bin/main.cgi?area=9&type=3&zoom=8

2008年7月12日 (土)

ツール・ド・フランス実況

昨晩は連れの帰りが遅かったので、ネットでツール第7ステージをTdf
ライブで最後まで視聴しました。初です。

http://ja.justin.tv/giac2007

うちはBSもCSも見られる環境ではないので、j-sportsの日本語解説は聞けませんが
上のサイトでは画像は荒いですが、右半分に実況のチャットがあって面白い。

しかし長いですね~。
トップタイムが3時間52分53秒。ゴール時は夜の12時を回っていました。
F1とかマラソンとかの視聴より忍耐が必要です。

おまけに空力が支配する世界なので、集団の絶対スピードが高く、
途中4名で逃げをかましても、ゴール前で当然のように集団に吸収されて元の木阿弥。
集団の中の選手には足を休めているひとさえいます。
F1やマラソンのようなぶっちぎりの独走、というのはあまり見られそうにありません。
その点、通しで見る意味がわからなくなったりしていました。

最後はケスデパーニュのサンチェスが後方に6秒差を付けて余裕のゴール。
ゴール前から派手なパフォーマンスをしていました。
おいおい、こけたらシャレにならないよ?(笑)

しかし、ツールでのステージ優勝というのは一生の思い出になるでしょうね。
ただチームオーダーを無視したものだと、来季の契約が難しくなりますが。

2008年7月11日 (金)

Sandy Denny

Led ZeppelinのThe Battle of Evermore(限りなき戦い)のヴォーカル、Sandybest
長らくRobert Plantのオーバーダビングだと思い込んでいましたが、
Led Zeppelinの曲で唯一、ヴォーカルゲストを迎えたものでした。

参加したのはSandy Denny、Fotheringayというフォーク・ロックバンドの
女性ヴォーカリストです。
名前もグループ名も初耳でしたが、こんな曲をつくっていたようです。

Banks of the Nile

Sandy Denny没後20年の1998年にNYの追悼ライブで
BanglesのMichael Steeleがこの曲をカバーしています。

2008年7月10日 (木)

09カンパ情報まとめ

既に始まっているツール・ド・フランスでは新型デュラエースが登場しています。20080627222845
カンパニョロも7名の選手にリア11速の09モデルを投入しているとのこと。

カンパの09モデルはいろんな情報が飛び交っていましたが、
大きな流れ、変更点をまとめてみます。

・ミラージュ、ゼノンはカタログ落ち。新たにスーパーレコードが加わり、
 スーパーレコード、レコード、コーラス、ケンタウル、ベローチェという
 ラインナップになる。
・全てのグレードのエルゴパワーがウルトラシフトという、大振りで(写真)
 曲線を強調したようなデザインに変更される。ベローチェのみ現行タイプも継続。
・スーパーレコード、レコード、コーラスでリア11速が導入される。

細かいところだと
・上位機種チェンリングのブロンズ色がかなり暗くなる。
・ブレーキキャリパーは変更なし。
・アルミ素材が特徴だったベローチェは、現行インフィニティのブラックのみとなる。
・併せてケンタウルがアルミ素材が主となり、カーボンも選べるようになる。

スーパーレコードは10月以降に発売とのことなので、
他の09モデルもその頃から出回りそうです。

それにしてもミラージュとゼノンを切るとは。高級路線に特化するのでしょうか。
カンパは昨年値上げがあったこともあり、09最下グレードのベローチェでさえ
シマノのデュラエースを若干安くしたくらいの価格となっています。

2008年7月 9日 (水)

自転車用サーフボードキャリア

allaboutにも紹介されています。Dscn5667
1ペア7000円くらいで売っているらしい。

http://allabout.co.jp/sports/surfing/closeup/CU20070821A/

おそらくサーフィンのショップのレンタルが多いのではないか。
しかし長いボードを積んで狭い道を走るのは結構危険かも。

2008年7月 8日 (火)

ヘルメット

6月から13歳未満の子供に着用義務ができた自転車用ヘルメット。44044xb_1

ぼくが中学生の頃は大排気量2輪車でも着用義務はなく、
「750ccライダー」という漫画の主人公もノーヘルでした。
その後、義務となりましたが、大学の途中までは原付バイクはノーヘルOKでした。

一方、自転車はぼくが中学生のときはロードレースでは
ノーヘルにキャップ、もしくはカスク着用が一般的でした。
高校生のとき、競輪場を走るために1万円程度で購入した公認ヘルメットは
半球形で競輪選手がかぶるようなものしかありませんでした。

最近の自転車用ヘルメットはロードレースでは必須となり、軽量化され
開口部が設けられて通風が確保でき、デザインバリエーションも増えてきています。

ヘルメットをかぶって甲州街道を走っていたりすると、
車道上のノーヘルのママ自転車が危ないと思ったりしますが、
自分がかぶっていないと気になりません。(苦笑)

かぶった方がいいのはわかっているけど、
かぶりたくないときもあったりするのは、まあ慣れなのかなとは思いますが。

子供用ヘルメットは義務化されたこともあってか、デザインバリエーションが豊富で
キャラクターをちりばめたようなデザインも出てきたりしています。

成人用ヘルメットももうちょっといろいろあってもいい気がします。
RaphaとかStarShotとか、今度丸井とTREKが手がけるという
自転車ウェアとかで提案してもらえないもかなあ。

例えば乗馬用ヘルメットとか、流用できないのでしょうか。

2008年7月 7日 (月)

埜庵オフレポ

この日は最高気温31度と予想されていたので、上着は普段着の長袖。Dscn5680
ヘルメットのかわりに深くかぶれる帽子、といった装いでした。

9時頃に家を出て、下北沢から小田急線で鵠沼海岸駅に向かいます。
集合30分前に着いて1番乗りでしたが、自転車を組み立てていると
yさん、主催者のaさんと次々に集合。
もうひとり参加予定だった方は、所用で来られないとのことでした。
yさんはMR4、aさんはブロンプトン、ぼくはミニベロとポタ仕様です。

小さな駅前を出て少し進むと、すぐにカキ氷屋さんが見えてきます。
店を過ぎて少し行ったところにある公民館に自転車を停めました。

埜庵http://kohori-noan.com/

秩父の天然氷をつかったカキ氷で、シロップはその果実を直接ミキサーにかけたもの。
タモリにほめられたというスイカ味を頼みましたが、ジューシーで美味しかったです。
量も結構ありました。

店を出て海岸方向に進み、少し迷いながら海岸沿いのサイクリングロードに入ります。
気温が高かったせいが、海には大勢のサーファーがいて、CRにもひとが多い。
方々に乗り捨ててある自転車には右脇にサーフボード用の大きなフックが2つ
お約束のようについているのが面白かったです。

サイクリングロードは砂浜が隣接しているので砂が積もっているところ多々あり、
ロードバイクの細いタイヤだとちょっと辛いかもしれません。

奇妙な形をした人工岩礁を越えてしばらく進むとお昼をとるカフェがありました。

サザンビーチカフェhttp://www.tpd-jo.co.jp/sbc.html

海の家のバラック小屋が建ち並ぶ、ええ?という立地のなかのお洒落な建物。
天井が高く、家具がエスニックな清潔感ある気持ちのいいお店です。
ランチはカレー、パスタ、プレートから幾つか選べて、ぼくはパスタにしました。
aさんがクーポンを持ってきていたので、デザートも頂きました。感謝感謝。

ここから折り返して鎌倉を目指しますが、海沿いの134号は交通量が多いので、
内陸に入って、鉄砲道を東へ進み、それが終わって辻堂のあたりからは
しばらく小道を走り、途中から小田急線と並行して江ノ島まで抜けます。

このあたり、GPSの地図が完璧で、頼りになるなあと購入してはじめて思いました。
その後も鎌倉の裏道でもGPSはばりばりに機能発揮しました。

しばらくは134号を走り、長谷のあたりから内陸に向かいます。
天気は一貫して曇りで直射日光はないのですが、蒸し暑さは感じました。
霧が出ているのか少し景色がけぶっている感じあり。
鎌倉大仏前で一休み。鳩サブレの支店があったので、土産を買います。

大仏の裏の小道をぐるりと回って、鎌倉へは西からアプローチしました。
途中で漫画「フクちゃん」で知られる横山隆一さんのギャラリーに寄り、
線路を越えて鎌倉東部へ。ちょっと迷いながら釈迦堂口切通にたどり着く。(写真)

なんともダイナミックな手堀のトンネルで、念願のご対面。いや素晴らしい。
しかしここへの上り坂は急勾配の上、途中からダートです。
まずフロント変速でチェーン落ち。全車種通して初体験でした。
さらにそのあと車輪がぬかるみで空転して、あきらめて押して通りました。

ダートをしばらく下ったあと、小道を進むと報国寺に出ました。
ここから坂を降りて、反対側斜面の浄妙寺に向かいます。
門で入場料100円を払い、寺の奥にある階段と坂を歩いて上ったところに
今日のおやつのパン屋さんがありました。

石窯ガーデンテラスhttp://www.ishigama.info/

テラスでお茶ができるほか、館内でランチ等をとることができるようです。
今回はテラスでドリンクを頼みました。
パンの5種盛り合わせというメニューがあって、aさんのを少し頂きましたが
ブルーベリー味のそれはしっとりしていて、とても美味しかったです。
早めに行かないと品切れになる可能性があり、今回も3種となってしまいましたがお勧め。
テラスは高台にあるせいか、あじさいがまだ見頃できれいでした。
しばらく休んで切り通しとここへの坂の疲れをいやします。

さて、ここで一応目的地はクリアし、大船に向けて帰途につくだけだったのですが
鶴岡八幡宮の横から横須賀線の方にアプローチしてから北上するという
ルートを開拓してみることになり、一度道を間違え、そのあとで自分が先走ってしまい
迷子になり、ようやくまともなルートについたら激坂だったという落ちがつきました。
もう押し歩き。道のピークでおばさんが携帯で「今、頂上よ」と言っているのが面白かった。
いや、まさに「頂上」と言える坂でした。

その後は横須賀線の右側の細い道を走り、手堀のトンネルをくぐったりして
大船には17時前ぐらいに着きました。いやいやお疲れさまでした。

湘南新宿ラインで快適に帰りましたが、ブロンプトンは輪行が楽そうでいいなあ。

2008年7月 6日 (日)

埜庵オフ

FCYCLEのaさん主催のオフに参加してきました。Noan

鵠沼海岸の埜庵という店にカキ氷を食べにいくというもので、
その後、茅ヶ崎まで行ってカフェで昼食、海岸通りを折り返して
長谷寺のあたりから内陸に入り、鎌倉を通過して浄妙寺へ。
焼きたてのパンを食べて大船で終着というコースでした。

食べ物系ゆったりポタで楽しい時間を過ごさせてもらいました。
蒸し暑さとなにげな短い激坂2つが体力使って、結構へばってますが。(笑)
詳細はまた明日。

本日の走行距離:40.82km
平均時速:13.2km!
獲得標高差:222m

2008年7月 5日 (土)

今年もハンモック出動

やあ、昨日の暑さは異常でしたね。Dscn5653
昼間に自転車に乗って、ひどい目に遭いました。
しばらくはこの天気が続くようです。

うちは1階の事務所は除湿をかければしのげるのですが、
2階はやはりなかなか熱が引きません。
で、3期目のハンモック登場、夕涼みです。

2階のテラスはまわりから丸見えなのですが、
逆に言うと風通しがよく、ヤブ蚊もあまりまとわりつきません。
庇がないので真昼は無理ですが、日が沈むひとときは気持ちよく過ごせます。

そういえば一時期、鉄板ハウスが盛んに造られていましたがどうなったのでしょう?
断熱塗装が施されているのですが、いまいち信頼できませんでした。

富弘美術館は夏場は屋根に散水することになったそうですし…。

2008年7月 4日 (金)

祖師ケ谷大蔵

火曜日の夕方に祖師ケ谷大蔵までポタリング。Logotest

主目的は先輩建築家のtさんお勧めのカフェ「MURIWUI」に行くことでしたが
残念ながら定休日でした。

http://www.ne.jp/asahi/cafe/muriwui/

HPなどを見る限り、オープンエアーでエスニック風の気持ち良さそうな空間です。
いろんなイベントも行っているようです。

さて、そしたらかねてからの課題である、坂本一成による祖師谷の家を
捜しにいこう、となりましたが、またも見つからず。(泣)
やっぱりちゃんと情報仕入れとかないとダメですね。

で、ぐるぐる回っているうちに見つけたいろんなもの。

・世田谷珈琲游:こちらからリンクしているhi-projectのiさんによるインテリア。
 道路を挟んでドトールという立地にも関わらず、うまく客層をわけているようで
 流行っていました。んーうまいね。

・祖師谷の切妻:石橋徳川事務所による初期の住宅。小さな三角屋根がかわいい。
 とても精緻につくられていて美しいのですが、周辺が開発されてしまって
 まさに絵本の「ちいさなお家」状態。ちょっとかわいそうだな。

・木梨サイクル:ご存知とんねるず木梨の実家の自転車屋さん。閉まってました。
 3階建ての建物は建て替えたのでしょうか。これといった特徴はなし。

・F-HOUSE:オープンハウスに声をかけて頂くプラステイクの古見さんのご自宅。
 実は最近自転車絡みで2度遭遇していて、ご本人かな?と確信が持てず
 声をかけそびれていたのですが、富士ヒルのリザルトを見たら載っていました。

・祖師谷団地:「団地萌え」というのが最近あるようですが、わかります。(笑)
 番号が振ってあるだけの素っ気ない風貌に緑の多いオープンスペース。
 表は配管むき出し。逆円錐を乗っけたRC造の給水塔。「ジートルンク」と呼びたい。

それにしてもひとが多かったです。
夕方は車両通行禁止にした方がいいのでは?>メインストリート

2008年7月 3日 (木)

ブルベ対策

この前の土曜の走りはブルベに近いものがあったと思います。

公道を200km以上の距離を制限時間内に走る、というもの。
休憩はコンビニの買い出しくらいで、暑くても雨でも走る、
一種の耐久レースのようなものです。

今回得た教訓は
・おにぎりやカロリーメイトなどの固形物をちゃんととる。
 場合によっては走りながら摂取する。
・ボトルは最低750ml、できれば2本持つ。
・暑いときはつば付きのキャップをヘルメット下にかぶり、
 つばで首の裏を覆い、熱中症対策とする。キャッブの上面は切り取ってもOK。
・コースと休憩ポイントをあらかじめ把握する。

こんな感じでしょうか。
ブルベに登録すると自転車保険がついてくるので、
来年は申し込みだけはするつもりです。

2008年7月 2日 (水)

ちょっとおやすみ

つかれたので、おやすみです。Dscn5630

2008年7月 1日 (火)

HP10周年

ネタもないので昔のプライベートな日記をめくってみたら、
明日7月2日がHP立ち上げ10年にあたるようです。
やあ、めでたい。

2006年の1月に現プロバイダに移って、HPの内容はそのまま移行し
レイアウトデザインだけは変えています。
それまで不定期に書き込んでいた掲示板は、今は見ることができません。

ここ2年半のアクセスデータは以下の通り。

・トップページ総アクセス数:23137
・閲覧数の多いページ(ブログを除く)
 スポーツサイクルショップレポ:14188
 クラシックロードバイク:9106
 カーボンロードバイク:5138
 ミニベロ:4488
 ホビールーム:4477
 作品集:4245
・アクセス数の多かった月
 2007年1月:1224
 2008年3月:1216
 2008年5月:1154

単独ページとしては突出してショップレポが多く、
リンク元が88.98%不明というのも特殊です。
どちらかでリンクを張って頂いているのでしょうか?

これからもよろしくお願い致します。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »