« アイウェア | トップページ | 北京五輪開会式 »

2008年8月 8日 (金)

北京五輪

気がつけばもう本日開会式を迎える北京オリンピック。Aquaticscentre

その経済成長を反映してか、五輪用に新築された施設も
五輪史上かつてないほど斬新なものになっています。

・国家体育館/ヘルツォーク&ド・ムーロン(鳥の巣)
・国家水泳センター/PTW+アラップ(ウォーター・キューブ)

それと、オリンピックには間に合いませんが、

・CCTV(中国中央電子台)/OMA(ウォーキング・ヴォイド?)

これらは香港を除く中国本土における初の
本格的現代建築であり、歴史に残るものでしょう。

皆、規模が大きいだけに数年単位で設計工事されたので、
デザイン自体は随分前のものですが、
今現在、上の3つをしのぐ、新しい方向性を持った建築は現れていません。

日本の現代建築が行き詰まったのは随分前で、
それでも海外建築に救いを見ることができたのですが、
もはやどこにも出口がない状況だと個人的には感じています。

なんてね。

« アイウェア | トップページ | 北京五輪開会式 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52418932

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪:

« アイウェア | トップページ | 北京五輪開会式 »