« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

有名欲

有名になりたいという欲求は、
勤めていた頃や独立時にはとても強かったのですが、
今はそのときと比べると驚くほど減退しています。

20年も建築界を見ていると、物議をかもした
あの建築家は今どこへ?というケースが山のようにあります。
まあたいがい大学で教えていたりするわけですが、
学生が嫌いな自分には魅力的には映りません。

有名になろうとする時のストレスよりも、
有名で居続けるプレッシャーの方が数倍高い。
これは2度目の就活をしているとき、
親切なh先生からうかがった言葉です。

そうだろうなあ。
そのために常に建築の動向をキャッチして、
「時代と寝る」ようなものづくりはしんどいだけです。
まあ、プレッシャーがいい方向に働くのも事実ですが、
ぼくはいいかげん、自分の持つ言語でマイペースでつくっていきたい。

第三者に動向をいちいちチェックされるのも嫌です。
人目をはばからす好き勝手生きたいという気持ちはとても強いです。
有名になったら書籍の建築書コーナーとか行きづらくなるでしょう?

まあ、無名だと自分のことを説明するのが長ったらしくなりますが
デメリットってそれくらいですね。
そんなに多くの量の仕事をしたいわけではないし、
建築家のサロンの仲間入りをしたいというわけでもありません。

仲間っていうのは逆に言えば仲間はずれをつくるということで、
その排他性が好きではありません。
それは長年その立場にいたせいかと思います。

人間関係にはある程度距離を置きたいですね。
案外その方が長続きしたりする。

2009年1月30日 (金)

スポーツ選手

オリンピックの時くらいしかスポーツは見ないのですが000000796878396l
最近気になった二人。

・朝青龍
 いやあ、初場所毎日見てしまいました。
 日馬富士や琴欧州が好きなのですが、今場所は朝青龍でしたね。
 特に場所の後半での集中力と火事場のバカちからとでも言うのか
 そのエンジン全開さはドーピングでもしているのではないかと
 疑うほどパワフルで圧倒されました。

 千秋楽のガッツポーズで厳重注意だそうな。
 観客はパフォーマンスを見ているのにね。
 小泉首相の「感動した!」とか若干の型破りはいいじゃない。

・ダニエラ・ハンチュコバ
 杉山愛とダブルスを組んで、全豪で決勝まで進みました。
 前から薄々感じていましたが、このひとって美人ですよね。
 試合時にはメイクしないのかわかりづらいですが、
 ファッションモデルもしているようで、その写真はやっぱり美しい。
 個人的にはシャラポアより好きですね。
 http://www.allstarpics.net/pic-gallery/daniela-hantuchova-pics.htm

 あー決勝負けた。6-3、6-3。相手が悪かったね。

2009年1月29日 (木)

ブルベに向けて

ブルベとは一般公道を交通ルールを遵守しながらP1020342
指定されたコースを一定時間内に走破するというもので
距離は200kmから1000kmまで様々です。

ぼくは今年3月に神奈川で行われるものに初参加予定で、
そろそろ装備の準備を始めています。

必要なのは
・ベル・ヘルメット・車両に確実に固定された前照灯と尾灯
・反射ベスト、反射たすき、反射肩掛けベルト、
 もしくは前後の見えやすい位置に反射素材がついた同様のもの

ベルはSILKについていたものを復帰させ、ヘルメットはあります。
照明は尾灯はともかく、前照灯は心もとないものしかないので、
今回ネットで購入しました。(写真)
キャットアイのHL-EL520。単三電池4本で明るいけど重い。(苦笑)

あとは反射材なのですが、埼玉のブルベメンバーが専用のものを開発
販売していて、当日会場で売っています。1500-1600円。
ただ、確実に買えるかは不明なので300円程度で売っている
反射たすきを持参するつもりです。

工事用の安全ベストを日曜大工センターで捜したら2980円もしました。
ネットではその半額で買えるのに、高いですねー。

2009年1月28日 (水)

多摩動物公園

10年ぶりくらいで行ってきました。Dscn6384
前の記憶はほとんどありません。
とにかく広いし、高低差もあるためいい運動になりました。

キリン:10頭近くいてびっくり
ライオン:バスに乗って間近で見られます
ダチョウ:首が柔らかく、蛇のよう。
チーター:ちっちゃいしやせてる
チンパンジー:動作や手のつくりがほとんどヒトですね
フクロウ:やー好きです。一羽買いたい。
バルマワラビー:とにかくかわいい。袋のなかの子供も発見。
アジアゾウ:お年寄りなのに元気に動き回っていました
インドサイ:恐竜の生き残りみたい
ユキヒョウ:いちばん元気がありました
インコ:極彩色がきれい

昼は売店で買った焼きおにぎり弁当。
結構美味しかったです。

が、一日歩き回って疲れた上、子供がうるさくて
帰路では気分が悪くなってしまいました。

写真はお土産に買ってきたバスマット。
インテリアに関してはエスニック(なグラフィック)好きですね。
イームズ自邸とか好きですし。
モダンでかっちりまとめるのは案外苦手。

2009年1月27日 (火)

Bergmonch

wiredより。Bergmonch。2009012219
サドルとペダルのないダウンヒル専用、
折りたたみ式マウンテンバイクです。

http://wiredvision.jp/news/200901/2009012219.html

折り畳むとバックパックになります。
まだ市販はされていないとのこと。

動画で使っている様子を見ることができますが、
折りたたみは結構手間かかってそう。

あと、やっぱりペダルは欲しくないかい?
スキーのアルペンみたいなイメージなのかとは思いますが。

2009年1月26日 (月)

大井埠頭練習コース2

悪評散々でしたが、日曜日の午前中晴れたので、P1020303
せっかくなんで見学しにいってきました。

ちょっと迷って1時間ほどで着。
みなとが丘埠頭公園には10名前後のローディーがいました。
ここがスタート&ゴール地点。
走っている人は20-30人くらいか。
中央大学と明治大学のジャージが見えました。

とりあえず前方を見失わない速度で走ってみます。
32km/hくらいでしょうか。それでもちぎれてしまいました。
なんとかコースを把握し、1周約10km。

路面はほとんどフラットで、風の抵抗を強く感じます。
コース形状はストレートが長いものの、意外と変化があって楽しめます。
信号がなければクリテリウムコースとして最適かも。

信号は工場ゲート前に多数あり。
が、日曜は閉鎖され、歩行者もいないので実質的意味はありません。
休日だけ点灯モードに替えてもいいんじゃないかな。
実際に交通のある2,3カ所の信号は守っている様子。
なので周回のタイム計測はあまり意味がありません。

そのせいか、みんな殺気立った走りというわけではありませんでした。
気楽なトレーニングという感じで。
手信号を出しているグループもいました。

パトカーは1台発見。
なぜか道路右端を走る部分が1カ所あって、左を走るよう指導していた様子。

最後にもう1周、27km/h前後で流して帰ってきました。
思ったより悪くはなかったですが、飽きるかな。
練習って嫌いだし。

でも今の流れで川沿いのCRから自転車が締め出されたりしたら、ローディーは
こことか彩湖(道満)しか行くところがなくなってしまうかもしれません。

2009年1月25日 (日)

アピシウス

誕生日の夕食は有楽町のアピシウスに連れて行ってもらいました。

伝統的なフレンチですね。
アミューズブッシュ、前菜2品、魚、肉、チーズ、デザート、飲み物、プチフルール。
味は甘辛のバランスがちょうどいい感じ。
ボリュームは肉と魚がちょっともの足りませんでした。
そのかわりデザート、プチフルールは圧倒的で満腹になりましたが、
しかしメインが少ないのはやはり寂しい。

ロオジェ、ジョエル・ロブション、トゥール・ダルジャンのような
めくるめく別世界へ連れて行く雰囲気はありませんでした。
この3店はやはり突出しています。
今後はますます店選びが難しくなっていきそうです。

2009年1月24日 (土)

ブログ開設3周年

なんとか石の上にも3年、続けてこられました。Photo2415
これも皆様のアクセス、コメントに励まされてのことで
本当にありがとうございます。

で、毎年同じなのですが、今日はぼくの誕生日です。
年齢を数字で言うと立派な中年ど真ん中というかんじです。
やはり実感に乏しいのですが。

とりあえずよれながらも一応五体満足でここまで
生きてこられたことは素直に喜ばしく思います。
やっぱり健康第一、お金が第二ですね。
仕事、金銭面で援助、支援頂いた方にも感謝感謝です。

2009年1月23日 (金)

今年の自転車イベント

気がつけばもう募集開始しているイベントが幾つもあり、Photo8615
伊吹山に至っては既に定員締切となっています。

4/5  パナソニックヒルクライムin伊吹山(定員締切)
4/19 ツール・ド・草津(募集中)
4/19 ツール・ド・八ヶ岳(募集中)
4/25 ファンライド富士チャレンジX
4/26 バイクナビGP 富士スカイラインヒルクライム(募集中)
5/3  ツール・ド・国東
5/9  石見グランフォンド 300
5/10 車坂峠ヒルクライム大会(募集中)
5/17 しらびそ高原ヒルクライム
5/17 スポニチ佐渡ロングライド210(募集中)
6/7  Mt.富士ヒルクライム
6/14 つがいけサイクル(栂池ヒルクライム)
6/28 富士山国際ヒルクライム
6/28?ツール・ド・美ヶ原
7/12 乗鞍スカイラインヒルクライム

ぼくはとりあえず草津だけエントリーしています。
その前、3/21に富士山一周ブルベ200にも申し込み済み。
Mt.富士は今年から抽選制になったので、
宿がとりづらいこともあり、考え中。
世の中不況だというのに、自転車イベントだけは盛況のようですね。

2009年1月22日 (木)

久々のヒット

明大前の食べ物屋さんで久しぶりのヒット。
インド料理屋さんで「コーヒヌール」という名前。

商店街の小さな古いビルの2階で怪しさ満点でしたが
入ってみれば清潔感があってフレンドリーな雰囲気。
夜のコースを頼みましたが、カレーはもちろん、
特大のナンがもちもちしてとても美味しい。

やーようやくレパートリーが増えた。
お好み焼き、ピザイタリアン、フレンチに続く4店目。
明大前の商店街はサバイバルが厳しいけど、がんばって続けてほしいな。

2009年1月21日 (水)

大井埠頭練習コース

先日fさんとお話しさせて頂き、その情報交換の際、
たいがいのものは共有されていましたが、
ひとつ初耳だったのが大井埠頭練習コースです。

http://www2.plala.or.jp/spring/passo/course/ooi.html

上記情報は10年も前のもので、内容は変わっているのかもしれませんが
今も日曜の午前中は大学の自転車部などが周回練習しているとのこと。

自走でも1時間ほどで行ける場所と思いますので、
天候の様子を見て、覗きに行ってみようと思っています。
先週の日曜は寒そう+雨降りそうで断念しました。

2009年1月20日 (火)

本日の画像ついでに報告

なんか疲れて書く気が起こらないのでP1020278
今日は画像で失礼します。

というのもなんだかななんで?
ひとつご報告。

昨年11月15日の日記で受けたと書いた取材ですが、
おそらくだいぶ前に発売になっている「街乗りBICYCLE」と思われます。
「あなたにとって自転車は」と聞いているのでたぶん。

で、我がcerveloくんは落選、メディアデビューはなりませんでした。
うーん、残念だなあ。

2009年1月19日 (月)

2009ハンドメイドバイシクルフェア

2年ぶりに開催されたハンドメイドバイシクルフェアに行ってきました。Dscn6359
今回はビルダーによるスポーツ自転車の他に、
高齢者用自転車、幼児2人同乗用自転車の2部門が加えられていて、
特に後者の三輪車にはいろんなアイデアが盛り込まれていました。

一方、コンペティション、サイクリング・シティバイクの一般部門は
レトロフューチャーに振られた前回に比べると薄味に感じました。

以下、写真を撮影した順に感想を。
ぼくのではないですが、以下のサイトでもきれいな写真を見られます。

http://www.flickr.com/photos/forestbig5/sets/72157612634232538/

・サイクルストアヒロセ
 ミニベロの白にシルバーメッキというフレームがきれいでした。

・アトリエドゥキャファ
 金属ラグのカーボンフレームがきれい。
 そのカーボン部分を竹に置き換えたフレームも発表されていました。

・今野製作所(ケルビム)
 一昨年と違い、あるモノを持ってきた感じです。
 相変わらず仁氏のフレームが幅をきかせるなか、真一氏の特注ステムが光っています。
 シャイニーのバーテープの使い方は参考になりました。

・細山製作所(クオーク)
 昨年のポリージャポン用かと思うくらい赤ずくめの自転車が2台。

・アマンダスポーツ
 Beachと組んで、ビデオやウェアーに至るまでの幅広い展示。
 あくまで鉄を推す千葉氏のインタビューが印象に残りました。
 24インチのカーボンはツールの山岳賞ジャージのようなペイントですがヒルクライム用?

・ナカガワレーシングサイクル
 カーボンと金属が混ざり合ったフレームとピンクを主体にした鮮やかなカラーリングが
 目を引き、個人的にはいちばん好きな自転車でした。

・パナソニックサイクルテック
 豊岡選手が駆るピンクのフレームの自転車がきれいでした。
 マスプロ車には見えない。

・TAKATAスペシャル
 今回の「なんじゃこりゃ」。
 鉄板トラス構造と木版くりぬき構造のフレーム、計2台展示。
 どっちも奇抜な格好をしていますが、制作意図がよくわかりませんでした。

・絹自転車製作所(シルク)
 ビルダーではめずらしく、3輪車について真正面から答えを出しています。
 2年前に見せた立体トラスのフレーム技術は健在。

2009年1月18日 (日)

メタリックシルバー2

どうも自転車全体から浮いて見えるメタリックシルバーのバーテープをDscn6351
なじませるために、ステムに同マテリアルのものを導入しました。

なるしまでギザロの鏡面仕上げのステムを見つけるも、長さ90mm。
(なんでまたギザロ?っていうのはなしで)
今使っているのは100mmなのでちょっと短い。
で、セキヤ、Y’s渋谷、新宿、アサゾー、ODBOXと廻るも
鏡面仕上げのものはなく、シルバーはあってもアルマイト色でした。
再びなるしまに戻って、一応聞くだけと100mmの在庫があるか確認してもらうと
なんと、ありました。ラッキー!

早速取り付けますが、コラムスペーサーをカーボン黒にするか
シルバーにするかで迷いました。
とりあえずステムに合わせてシルバーとしていますが、替えるかもしれません。

上から見た感じ、ハンドル周りが随分明るくなりました。
これでワイヤーアウターを白に替えたらそのイメージはさらに強くなるでしょう。
やるとしてもだいぶ先の話になりそうですが。

2009年1月17日 (土)

古見さんにご挨拶

古見演良さん。Dscn6348
先輩建築家で、ぼくの大学の同期が勤めた設計事務所の所長さんです。
オープンハウスとかによく誘って頂いています。

古見さんも自転車乗りの建築家で、Google検索で「自転車、建築家」で引くと
トップに出るブログをお持ちだと、つい先日気づきました。

http://plastake.jugem.jp/

昨年から2度ほど自転車絡みでニアミスしていて、
今日なるしまで3度目にしてようやくご挨拶をさせて頂くことができました。

最初の遭遇は去年春のなるしま2階で、似た方だなあと思いましたが、
そのときは古見さんと自転車がつながらなかったので、ご本人だとはわからず。
2回目は昨年のMt.富士ヒルクライムの前日受付会場にて。
ここでようやくご本人かと思い、後日リザルトを見たらお名前を発見しました。
ちなみにタイムはぼくと同じくらいだったかと。

だいぶ自転車にはまっているようで、オタク話に花が咲きました。
同じく自転車乗り建築家で有名な千葉学さんとかと走っている様子。
今年もMt.富士に出る予定とのこと。

お互い、がんばりましょう!
--
で、写真は今日の収穫、ぴかぴかのステムです。

2009年1月16日 (金)

前輪の葛藤

サーベロをいじって写真を撮るたびにP1020259
前輪もコリマのカーボンホイールに替えたい衝動に駆られます。
デザインバランス上、後輪と揃えると随分楽になる。
実際、新品中古で捜してもいて、新品なら6万円前後で入手できそうです。

ホイール1本で6万て高いですけどね。
躊躇しているのはそれに加えて、ダウンヒル時の制動の心配があります。
カーボンホイールに常にブレーキをかけていると、
リムが熱変形してしまうというもので、
そのためにフロントにアルミを残したい。

耐久性という点でも、前輪は路面より不意な力がかかりやすく、
カーボンリムの長期的使用は不安があります。

さらに見てくれとして、両輪カーボンディープとなると、本気度100%で、
ロードでポタリングやツーリングもする自分の走りと合わなかったり。
かといって、後輪ディープホイールのダイレクト感も捨てがたい。

些細な点では、前輪ディープリムとすると
横風の影響を受けやすいというのもありますが、
まあ、最大のネックは最初に書いたコストでしょう。
もうちょっと安かったらスペアホイールとして購入するんですけどね。

悶々とする日々であります。

2009年1月15日 (木)

ハンドルネーム

2006年5月にニフティの会議室に参加する際に、
理由は忘れましたが、ローマ字でtakiとしたところ、
重複がなかったようで採用され、その後mixiでもfolomyでも
運良くそれを使い続けられています。

それ以前はHPが仕事紹介がメインだったり、
所属していたメーリングリストが実名義務だったので、
本名の瀧浩明で通していました。
で、昨日気づいたのですが、その流れでHPにはtakiという表記を使っていません。

考えてみればmixiやfolomyのプロフィール欄から飛んできた人には
taki=瀧浩明というのがわからないケースかあり得ると思ったので
表紙とブログ紹介コメントでtakiの名前を入れるようにしました。

ブログ紹介コメントではもうひとつ工夫をしています。
それはtakiが自転車乗りの建築家であると明記すること。
これはgoogleで「自転車、建築家」で検索したところ、
20番目に沈んでいるのに気づいたからです。

もともと仕事の建築と趣味の自転車は切り離して考えているので
それをつなぐキーワードを入れていなかったのですが、
20位はちょっと寂しいし、「なぜこの建築家はブログで自転車の
ことばかり書いているのか」疑問を持たれた方もいらっしゃったようなので
コメントをわかりやすく変更しました。

もともとgoogleのページランクが低いHPなので効果が出るかは疑問ですが、
10位くらいまで上がってくれるとうれしいです。

2009年1月14日 (水)

メタリックシルバー

バーテープで使ったメタリックシルバーを、20081110234
ステムやコラムスペーサーで使うことを検討中。

今日はアサゾー、今日明日はなるしまが休みですので、
金曜あたりにHMバイシクルフェアを見て、
参考にしてから結論を出す予定です。

2009年1月13日 (火)

優柔不断

昨日はちょっと早めの誕生日プレゼントを買ってもらいにP1020277
新宿の某百貨店まで行ってきました。
ここ2年ほど自転車関連のものを頂いていましたが、
特に欲しいものもないので、3シーズン用ジャケットを
漠然と想定して出かけました。

まず予算と照合して、購入するフロアを決めます。
これはすんなりといきました。
ジャケット一枚に20万も30万も出せません。

さてそこからなのですが、具体的イメージを持っていなかったので
その小さなフロアを最初は眺め、次は試着して何周もまわります。
3周目に入ったくらいで連れが疲れたようで、昼食のブレイクを入れました。

ぼくの服の買い物はなかなか決まらないことが多いです。
最初ざっと見て、価格を把握しデザインの方向性を決めます。
それで試着を始めるのですが、どうにもイメージと合わない。
その場合、1回持ったイメージを壊していきます。
つまり振り出しへ戻り、またゼロから全体を見はじめます。

場合に寄っては店員さんや他の客の服装をチェックしはじめたり。
もうなんか泥沼化してきます。
今回は昼食のブレイクをとることで、うまく新たな方針を立てられました。

結局、ポールスミスの革、Y’sのベージュ、イッセイミヤケのプリーツに
絞り込んで、Y’sのを買ってもらうことに決まりました。
シルエットがバブルっぽくて古いですが、素材の質感に惚れました。

しかし昼食も入れるとここまで約3時間。優柔不断ですね。
連れは途中であきれかえっていたようでした。(苦笑)

これがシャツとかだったら永遠に決まらなかっただろうなあ。
靴だったら比較的簡単に結論が出るのですが。

2009年1月12日 (月)

1月の定例多摩川オフ

二子玉川の集合場所に行く前に、aさんから紹介されたDscn6338
おからでからつくるドーナツ屋さんに寄りました。
玉川S.Cの裏にある「はらドーナツ」で
もっちり感とあっさりした甘さが美味しかったです。
最近はいろんなところに支店を出しているらしいですね。

オフは天気に恵まれ、暖かななかをポタリング。
マラソン大会やら出初め式やらでスピードは出せません。
大量な凧揚げなんかもやっていたなあ。
出初め式は丁度放流時に出くわして、得した感じ。

自転車はベイツを乗ってこられた方がいて、
新春ランでヘチンズを見せてもらったひとです。
やー、持っている人っているもんですね。
内装3段の固定というつくりが面白い。

ぼくはサーベロで、この間、クリート前後位置とサドル高さを
調整しているので、その試走を兼ねて。
クリートはミニベロのSPDに合わせて思い切り手前に移動しましたが
意外と踏みやすく、クリートを拾うのも楽になりました。
サドルはようやく定石の股下×0.885近辺に到達。

昼食場所の府中の河原にいると、だんだん風が出てきました。
2時頃解散するとやや冷え込んできて、帰路でコンビニなどで
休憩をいれますが、寒さでだんだん調子が悪くなり、
帰着する頃は事故を起こさなかったのが奇跡に感じられるくらい
意識が麻痺してもうろうとしていました。

熱いシャワーを浴びたり、暖房にかかったりしましたが、
最後には歯全体が知覚過敏のような状態になってしまい、
痛さに耐えきれず、早めに就寝しました。

前日の疲れも残っていたのでしょうが、
冬期は早めに帰着するのが良さそうですね。

2009年1月11日 (日)

南房総ラン雨天撤退

昨年末のランで時間の都合で割愛した南房総の畑林道に行ってみるBousou
というのが当初の目的で、オプションとして前半に
保田見、大崩の林道を走るというものに参加してきました。

と言っても、今回は幹事のベテランtさんと自分の2人だけ。
ぼくは土地勘が全くないので、tさんに全面的にお任せ、お世話になりました。

上総湊駅を8時半頃出発。天気は悪くないものの、怪しい雲がちらほら。
保田見林道は細い山道で路面状況もよくありません。
ときたま斜度15%はあろうかという坂が出現して、前輪が浮きます。
結構細かなアップダウンがあってしんどいのですが、ぼくは好きでした。
自転車はやっぱり細い裏道をのんびり走るのが気持ちいい。

大崩はもっと開けていて整備され、沿道には水仙が咲き誇っていました。
ハイカーやカメラを構えた人がたくさんいました。

ひと通り見るものは見て、さて千倉、畑方面へ南下。
が、千倉が近づくにつれて雨がぽつぽつと降ってきました。
対策を練ろうとコンビニの軒下に入ったら本降りに。
風も強くて嵐のような感じでした。このとき丁度正午。

ここでtさんから、南三原から撤退するか、鴨川まで走るか
提案をされましたが、雨が止んだのでとりあえす千倉方面に行ってみることに。
しかし走り出すとまた雨が降ってきて、結局途中の千歳駅で撤退しました。
畑林道はまたしてもお預けです。急いで輪行して1時前の電車に乗りました。

帰宅してから東京電力の降雨情報を見ると、畑林道付近は2時間程度
止んだ時間はあったものの、基本的に1日ずっと雨のようでした。仕方ない。
リベンジの機会を待つことにします。

走行距離:48.8km
獲得標高差:847m

2009年1月10日 (土)

没案

コンペにせよ実施案にせよ、最終的にはひとつにまとめなければいけないわけで、
その際、膨大な没案が生じます。
今回、ほとんど完成に近かった没案をHP上で2つ復活させました。

南飛騨総合健康増進センター

matsubara project2

ともに「旋回」というぼくの作品に通底するテーマ、手法が色濃く反映されています。
これらを復権させることで、より鮮明に見えてくる部分があると思います。

2009年1月 9日 (金)

年賀状3

今年の年賀状を見ていて気づいたことがひとつ。

メールアドレスの表記が極端に減りましたね。
載せている場合でもフリーメールのアドレスだったり。
SPAM防止なのかなあと持っていたら、案の定、
年明けから迷惑メールががばっと増えました。

なんででしょうね。
住所録に打ち込んだデータがウィニーとかで流出しているとか?
でもそんなにウィニーって出回っているのでしょうか。

いずれにせよ、今後はぼくも対応を迫られそうです。

2009年1月 8日 (木)

燃え尽き症候群?

なんか年末年始の山を越えたら、何もする気がなくなりました。P1020260

写真は昨日行ってみた等々力渓谷です。
初めて行きましたが、予想を上回るようなものではありませんでした。

田園調布にも足を延ばしましたが、随分保守的なようで、
成城のように現代建築の住宅が並ぶという感じではなかったです。

行く動機になった、象の富田さん自邸併設のカフェは年始休暇中。
でもまあいいかというかんじ。

2009年1月 7日 (水)

マックvsモス

ここのところ、正月太りで体重2kg増量中。
自転車にも乗ってないし、改善しよう。

それはさておき、マクドナルドとモスバーガーから、
似たようなプレミアムバーガーが発売されています。
ともに肉を充実させたというもの。
早速食べてみました。(だから太るのですが)

・マクドナルド
 クォーターパウンダー・チーズ 360円
 1/4パウンドビーフパティ(通常の約2.5倍)を使用。
 オーストラリア産、ニュージーランド産100%ビーフ。
 ジューシーな美味しさ。

んーー、これはただのダブルチーズバーガーだ。
肉もさして良いとは思わない。
ネックはケチャップによる安っぽい味付けですね。

・モスバーガー
 とびきりハンバーグサンド 390円
 90gの肉、国産豚牛100%、注文を受けてから焼き上げ。
 トマトデミソース。

モスは基本的に美味しいという先入観がありますが、
これはよりパティがハンバーグらしくなっている感じ。
でも夏場のナンシリーズのように定番化するには差別化が弱い。
まあ、一過性の話題で終わるでしょう。

結論として、クォーターパウンダーとは天と地ほどに差がありました。
マックは何をやってもマックなんだなあ。
ユニクロが何をやってもユニクロなように…。

2009年1月 6日 (火)

The Swinging Brompton

コミケ(同人誌即売会)なるものがどういうものなのか
よくわかっていませんが、そこに出されたという作品です。

残像アパートメント

2次元美少女と英国のフォールディングバイク、
ブロンプトンとの取り合わせ。
仮想カタログという設定なのでしょうか?
なかなかのおしゃれイラストで、カラーコーディネートとかうまいですね。

2009年1月 5日 (月)

hetchins

新春ランで某氏が乗ってこられた自転車、Hetchins。Dscn6320

あーこれエイムックの「ヴィンテージロードバイク」に同型の載ってたわ、
なんてのんきに構えていて、帰ってチェックしたら掲載された実車でした!
なんと1946年製とのこと。

あー、左サイドしか見えていなかったから油断した。
チェンリングパターンや内装変速機用の滑車とか見れば良かったです。

まあだいたいHetchinsのことさえ、英国のブランドで、チェーンステイと
シートステイが湾曲しているということくらいしか知識がありません。

で、ググってみると結構有名なブランドみたいです。

http://www.hetchins.org/100.htm

なんでもアレックス・モールトン博士がこの自転車を見て、
自転車サスペンションの開発に乗り出したらしい。

http://leonarhodo.blogspot.com/2006/07/alex-moulton-new-series_22.html

ここらへんググリ続けたら、唐突に東京サイクリングセンター閉店の情報に。
ALPSに続いてまたひとつランドナーの灯が消えました。残念。

2009年1月 4日 (日)

初詣

初詣。今年は鎌倉の鶴岡八幡宮へ行ってきました。Dscn6332
元日ほどではないのでしょうが、結構混んでいて
鳥居のすぐ先から並んでいました。
1時間くらい待ったでしょうか。

ようやく参拝を済ませ、恒例の破魔矢を買うも笑ってしまうほどしょぼい。
仕方なく昨年の明治神宮のものから装飾を一部流用しました。(苦笑)
神様、けんかしないでね。

でも、おみくじが本当に久しぶりの大吉だったからいいかな。

連れのリクエストで2年半ぶりにイワタ珈琲店にも行きました。
もちろん名物の2段重ねホットケーキを食べました。
表面がかりっと仕上がっていて、うまいんだまたこれが。

2009年1月 3日 (土)

プライベート新春ラン

昨日はgさん呼びかけによる、プライベート新春ランに参加してきました。Dscn6312
アプローチは寒く、手がかじかんで痛くなるほどでしたが、
空はすっきりと晴れ渡り、絶好のサイクリング日和となりました。

ぼくは今年で連続2回めの参加でしたが、
昨年同様、総勢で80名を超す大イベントとなったようです。

現地では参加者のめずらしい自転車を鑑賞しつつ、FCYCLEつながりの
aさん、kさん、sさん、yさん、dさんとご挨拶。
他に当ブログをご覧になっている方も複数いらっしゃって、ありがたい限りです。

撮影した自転車についてはおいおい紹介していこうと思いますが、
印象に強く残ったのは、ゼウスのパーツで組んだクロモリのジオス。
ゼウスはスペイン製のいわばカンパニョーロの複製パーツメーカーでしたが、
今や本家より入手困難かと思われます。
ジオスブルーに白い銅抜きのフレームもクラシックでかっこ良かったです。

2009年1月 2日 (金)

年賀状2

ほぼ想定の範囲内の方から年賀状を頂きました。P1020236

20、30代の頃は住所変更のお知らせを兼ねていることが
多かったですが、今では皆ほとんど腰を落ち着けていますね。

また、昔は自分の子供の写真を載せた年賀状に対して、
親ばかぶりを嘆いていましたが、今は素直に
家庭円満で健康なのを嬉しく思ったりしています。
他者の人生と自分のを比べることがなくなったのでしょう。

それにしても今の世で子供を産んで育てているのは偉い。
最近自分は子供は「騒々しい贅沢品」だと感じていますので。
特に東京では既に必需品ではなくオプションになってますね。

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。Dscn6304

昨日、今日と箱根で年を越してきました。
宿泊機能付きフレンチ、オーベルジュの先駆けとなった、
湖尻にあるオー・ミラドーです。
1泊2食付きで2万円ちょい。

レストランは近場から来る人もいるようで、
年末にもかかわらず、結構にぎわっていました。
料理のクオリティは高く、部屋は狭くてやや古いものの、
サービスも良くて納得のいく料金でした。
水着があれば屋外の温水プールにも入れます。(寒いって…)

写真は今日、バスで通った大湧谷から見た富士山です。
初日の出ならぬ、初日の照らす富士山は見ることができました。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »