« 練習しないと | トップページ | ニュートロン復帰 »

2009年3月26日 (木)

歌舞伎鑑賞

銀座の歌舞伎座が建て替えになるということなので、
壊される前に行って見てきました、歌舞伎。

歌舞伎鑑賞は高校で見に行かされて以来、26年ぶりになりますが、
わからず、つまらないという印象だったので今回もあまり乗り気ではなく、
チケットはいちばん安い、3階B席(2500円)にしました。

しかし行ってわかったのですが、この席は花道がまるで見えず、
舞台も半分くらいしか見られません。
最低でも3階A席(4200円)にしておくべきでした。
まあ、それでもはずれ席をひく可能性はあるようですが。

さて歌舞伎の方は16時半開演、21:10終了と結構ボリュームがありました。
途中で30分の食事用タイムがありましたが、ちょっと慌ただしい。

演目は「元禄忠臣蔵」。歴史や時代劇が好きな方には取っ付きやすいと思われます。
ぼくはぼんやりとした知識しかない上、台詞が聞き取りにくく
特に第一幕は話の筋を読むのが困難でした。

それでもなんとか終わりの方は解読しましたが、結構べたなお涙頂戴物。
長セリフや演技、発声などはさすがと思いましたが、ストーリーはどうなんだろう。
わかりやすい分、歌舞伎の普及に役立つようには思いますが。

配役では團十郎、幸四郎、染五郎らを見ることができました。
あ、あと客席からのかけ声がおもしろかったです。「何々屋!」というやつ。

« 練習しないと | トップページ | ニュートロン復帰 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52489771

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎鑑賞:

« 練習しないと | トップページ | ニュートロン復帰 »