« 7月の定例多摩川オフ | トップページ | 健康診断 »

2009年7月14日 (火)

忘れ去られたコンペ

ぼくは参加しませんでしたが、武蔵境新公共施設設計プロポーザルというコンペがありました。
もう5年も前のものです。勝者はカワハラダヤスコ。
本来のスケジュールでは既に竣工しているはずが、未着工でH23年竣工予定とのこと。

近年やや見られるような自治体の長が変わって、中止もしくは計画変更となったコンペの後者。
前者は安中環境アートフォーラムや邑楽町役場庁舎がありますが、あってはならないことです。

後者は大社文化プレイスあたりが挙げられますが、設計者の交渉能力も問われるところです。
磯崎新のMOCAも随分翻弄されたようですし、せんだいメディアテークにも批判はありました。
しかし武蔵境新公共施設(武蔵野プレイス)はもっと悲惨なようです。

http://plaza.rakuten.co.jp/musashinoshi/diary/200810100000/

プロポーザル当初の設計は以下の通りです。

http://www.city.musashino.lg.jp/section/01010kikaku/committees/kokyou/pdf/2nd/0130.pdf

第2次案、3次案と見て、当初のコンセプトは見る影もないですね。
それでも2次案くらいまではいいものをつくろうという気概が見えますが、
3次案に至っては、まるで伊東豊雄の多摩美術大学図書館の焼き直し。
さすがに疲弊した様子が見て取れます。

コンペ時の審査委員が基本、実施設計を通して監修できるなどの体制をとらないと
悲劇はまた繰り返されることでしょう。

« 7月の定例多摩川オフ | トップページ | 健康診断 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52505786

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れ去られたコンペ:

« 7月の定例多摩川オフ | トップページ | 健康診断 »