« イアオラナ | トップページ | 2010cerveloR3 »

2009年8月27日 (木)

個別情報

*STW:旅行会社。海外リゾートに強い。対応はしっかりしている。要予約。
*エア・タヒチ・ヌイ:成田から週2本の直行便を持つタヒチの航空会社。
 機内は清潔でアイマスクや靴下のセットが貰える。座席の前にモニターあり。
 日本語対応の映画多数。機内食の味は普通。
*ボラボラ・ヌイ・リゾート&スパ:ヒルトン系のリゾート。
 ボラボラ本島から離れた島の裏にひっそりとたたずむ。
 他のリゾートが見えないので落ち着く。島には山があってリゾートを見下ろせる。
 コテージは基本的に水平線に向かう。多くのコテージからは夕日が見られる。
 日本人スタッフ2名駐在(但し昼間のみ)。コテージやレストランの建築は
 贅沢なつくりで広く気持ちいい。浅瀬に行きている珊瑚が多数あり。魚いっぱい。
 逆にコテージまわりは水深が大きくシュノーケリングには向かない。
 1日2回のベッドメイクでミネラルウォーターをもらえる。
 インターネット利用可能、無料。シュノーケリングセット無料貸し出し。
 1時間おきにバイタペ行きのシャトルボートあり、無料。
*ヒナ・スパ:上記リゾートのスパ。26ほどのコースが用意されている。
 価格は高め。山の頂きとロケーションがよくリラックスできる。女性による施術。
*イリアタイ:上記リゾートのフレンチレストラン。夜のみ営業。
 価格は高め。料理が出てくるのにとても時間がかかる。ドレスコードあり。
 メニューは土地柄、魚、それも刺身にしたものが多い。デザートは大量豪華。
*タムレグリル:上記リゾートの普段使いのレストラン。朝はビュッフェ。
 夜のコースはサラダビュッフェ付き。味は普通。
*タヒチアン・ダンスショー:タムレグリルにて週1回行われる。
 打楽器による演奏。火は使わない。女性ダンサーの腰の動きが素晴らしい。
 途中から観客を引き入れての「共演」にかわってゆく。
*モツ1日ピクニックツアー:サウス・パシフィック・ツアーズによるツアー。
 シュノーケリングとモツ(無人島)にての昼食が楽しめる。日本人ガイド。
 エイとサメの餌付けあり。その他の大物ウォッチにはあまり期待できない。
*カヌー朝食:上記リゾートにおけるイベント。コテージに海からカヌーにて
 朝食が運ばれるというもの。噂に聞いたダンスはなし。ちょっと期待はずれ。
*バイタペ:ボラボラでいちばん大きな村。スーパーや土産物店がある。
*ヒルトン・ホテル・タヒチ:パペーテにあるヒルトン系ホテル。
 空港と市街のほぼ中間にある。市街までバスで130cfp、タクシーで1000cfp。
 部屋へは外廊下を通り興覚め。トイレのポンプとミニバーが故障していた。
 日本人スタッフ1名駐在。丁寧な対応。
*マルシェ:パペーテ市街にある市場。1階が食料品、2階が土産物売り場となっている。
*ルロット:パペーテ港湾部の広場に毎日18:00頃より移動屋台が出現する。
 中華、ステーキからクレープ、デザートまでなんでもあり。全19店。
 価格はリーズナブルでお味はそこそこ。
*タヒチ島1周半日ツアー:サウス・パシフィック・ツアーズによるツアー。
 日本人ガイド。大型バス。島を時計回りに1周する。
 立寄ポイントはアラホホの潮吹き穴、ゴーギャン博物館、植物園、タヒチ博物館など。
 1人8000cfp。現地にて手配可。

« イアオラナ | トップページ | 2010cerveloR3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52516003

この記事へのトラックバック一覧です: 個別情報:

« イアオラナ | トップページ | 2010cerveloR3 »