« 今回のディナー | トップページ | エアコン修理 »

2010年1月27日 (水)

東京国際フォーラム

ラファエル・ヴィニョリによる東京国際フォーラム、
建築界での評判はあまりよくないようですが、ぼくは一定の評価をしています。

昨年のクリスマスに訪れた時は中央の自由通路が西洋風の屋台や
電飾で彩られ、洗練された祝祭空間をつくりだしていました。

この自由通路、実は下部が展示スペースとなっている人工地盤ですが
大きく茂った植栽等がそのイメージを払拭しているのはさすがです。

さて劇場機能はともかく、話題になるのは木の葉状の平面のガラスホールでしょう。
メインエントランスホールは劇場下部にあるので、
実質的のほとんど用途がない、ばかでかい吹き抜け空間です。

無駄と言えば全くの無駄。でも文化とはそういうものです。
舟形をした天井の構造材は理屈抜きに美しい。
そういうものの存在を許容する社会であってほしいと思います。

あえて疑問を挙げるとすれば、大地震による複雑な波に本当に耐えうるのか。
もうひとつは、施工が困難であったと思われるのですが、
現場で死者が出るくらいだったら、中止した方がよかったであろうということ。
実際どうだったのかは知りませんが。

« 今回のディナー | トップページ | エアコン修理 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52546291

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国際フォーラム:

« 今回のディナー | トップページ | エアコン修理 »