« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月28日 (水)

おやすみ

すばらしい日々

http://www.youtube.com/watch?v=7l8K8GvZj0c

しばらくおやすみします。

2010年7月27日 (火)

エネルギー切れ

この暑さがあと1週間も続くそうな。

いいかげん気が滅入る。
この間に熱中症で109人の方が亡くなられたそうな。

2010年7月26日 (月)

歳をとるということ

歳をとるということがどういうことなのか、子どもの頃はよくわかっていませんでしたが、
簡単に言えば、エネルギーがなくなるということなのかもしれません。

それは執着心の減退ともつながります。
自分の人生より他人の人生のことを大事に考えるなど、
そんな時が来るとは思ってもみませんでした。

2010年7月25日 (日)

塗ってみた

基本的に白黒しか使わない人間でしたが、Dscn7823
最近は黒のかわりに赤系の色を入れてみたいと思っています。

2010年7月24日 (土)

引きこもり

こう暑いとエアコンかけて事務所にこもりっきりになるが、
閉所恐怖症のけがあるので精神衛生上よろしくない。

2010年7月23日 (金)

迷図

迷図はぼくの建築家としての原点なのかもしれません。Meizu

これは小学生の頃、授業中につくった迷図。
その後、中学一年の文化祭で迷路お化け屋敷をつくるときに、
黒板に勝手に設計図を描いて、実現したのがデビュー作?

2010年7月22日 (木)

モテキの2

全4巻読了。51nvealci4l

第1巻で終わっても、それはそれでいいかも。
2巻から動き始めますが、第4巻はちょっと余計か?
主人公のひねくれ度についていけなくなるというのもありますが、
なにより女性不信になってしまいそう。(笑)

ドラマではどう加工されるのか、楽しみ。
松本莉緒はミスキャストじゃないかなあ。

2010年7月21日 (水)

モテキ

今期、見続けるつもりのドラマ、「ホタルノヒカリ2」と「モテキ」。
後者は興味を持ったので、今原作を読んでます。

人生の「モテ期」を迎えた男の話。
女性陣からいろいろとモーションをかけられるも、
自分に自信がなくて、答える行動に出られない、というお話。

ま、実際、異性の気持ちなどわからないものです。
自分にも過去、それで悩んだ経験あり。
今ではいい思い出?です。

って、今でもよくわかってないけどね。

2010年7月20日 (火)

連戦連敗

ってほどコンペに最近は参加していませんが、Dscn7791
今回のコンペの当選者あたりから年齢が自分より下になると思われます。
今までは「若輩者の無謀な挑戦」で済んだのですけどね。

で、今回は機能的に破綻しないよう、ワンアイデアでシンプルな案としました。
でもアイデアを詰める時間はなく、図面密度はとっても薄い。
可能性を見て拾ってくれないかなあと思っていましたが、甘かったです。

しかしこれ以上のことが、今の自分ひとりでできるのかというと怪しい。
体力的にも、気力的にも。
ひとりでやっていく以上、そろそろコンペ引退を考えてもいいのかもしれません。

2010年7月19日 (月)

連休中日

いかにも夏といった暑さの昨日。T0008153

遅く起きて、昼は奥沢のラ・クープでランチ。
2年ぶりくらいですがマダムのサービスやコスパは相変わらず最高。
新宿のヨドバシと小田急に寄ってから帰宅。

連れ合いのパソコンが調子悪いとのことで、初期化。
新たにソフトを入れ直すが、無線LANの設定がどうしてもうまくいかない。
四苦八苦して頭痛まで出てきてしまった。

夜は借りてきたDVD鑑賞。
「抱擁のかけら」
最近はまっているスペイン映画です。
愛と情熱と死というかんじがいかにもラテン文化でよかった。
ペネロペ・クルスの胸も拝めたし。

そんなこんなで久しぶりにデートっぽいことをした1日でした。

2010年7月18日 (日)

格好悪い振られ方

昨日、TVドラマ「モテキ」を録画で見ていたところ、
挿入歌で取り上げられていたものです。
あらためて歌詞を読むと何とも痛々しい…。

もし相手に出会わなければ、ちがう人生を選んだっていう
サビの内容のところが特にすごい。

2010年7月17日 (土)

多摩川へ

日曜日に行き損ねた多摩川オフのルートを走ってきました。Dscn7813

自宅-二子玉川(ジャイアントストア、Above Bike Store)-多摩川CR
-登戸-自宅

ジャイアントストアは2階がまるまる女性用フロア。
4万円台でフィクサーが売っていて軽くショックを受ける。
帰路、成城学園への激坂はやはり上れず、押す。

2010年7月16日 (金)

日比谷花壇日比谷公園店

乾久美子設計による花屋。Dscn7804

分棟配置になっているが、思ったほど分散してなく極めてコンパクト。
棟の高さも統一され、すっきりまとまったイメージ。

場所柄、3面ファサードが要求されたと思われるが、
実際は公園側のディスプレイが閉じていて、成功していない。
何より短辺方向の1カ所からしか出入りできず、心理的に入りづらい。

2010年7月15日 (木)

都心deサイクリング

自宅-渋谷-六本木-神谷町-日比谷公園-ブリックスクエア-国際フォーラムDscn7809
-銀座-新橋-虎ノ門-六本木-表参道-代々木公園-自宅

2010年7月14日 (水)

15年

事務所設立して15年になります。
その間、ずっとひとり。人を雇ったことはありません。
基本的にはひとりでできる住宅設計がメイン。
それは変わりありません。

半分望んでしたことではありますが、組織はつくらなかった。
図面引きから雑務、申請業務から経理までひとりでやっています。
果たしてこれはいつまで続けられるだろう。
普通の会社なら新人を教育して、自らは集団のコントロールに徹しますが
もう自分も45歳。一から作り上げていくのは体力的にきつい。

思えば独立して6、7年は入所志望者が途切れませんでした。
そこが設計人生の分かれ目だったかな。
まあこの時勢、所員を雇っていても実質「解散」してしまう
事務所が多いことも事実なのですが。

2010年7月13日 (火)

コンペ提出

今日は群馬までコンペの応募図面を届けにいきます。
直接持ち込むのは小田原のコンペについで2度目。

コンペの指定提出方法はだいぶ変わってきました。
昔は期日消印有効で、深夜営業している大きな郵便局に
時間ギリギリに持ち込むというのが恒例でしたが、今は期日必着。

もうひとつは、丸めた紙でOKだったのが、パネル化を要求されることになったこと。
これがトラブルの元になりました。
小田原のコンペの際、クロネコヤマトの発送所に直接持ち込んだのですが、
受け取り拒否されてしまいました。
それまではOKだったのですが、いきなり強い感じで突っぱねられました。
理由は図面の類いだったから?よく憶えていません。
2度と使うかとかなり気分を害した記憶があります。

直接持ち込みは費用はかかるのですが、破損せずに届くのを確認できるという点ではメリットがあります。
あとはコンペ後の解放感のなか、ついでに観光したり。
今回は特に見るべきものはなさそうですが。

2010年7月12日 (月)

逆流性食道炎

また発症しました。
辛いものを食べるとよく起こるようで。
胃酸がこみあげてきて、口の奥が苦ーくなります。

ネットで調べたら、肥満に人によくかかる症状だそうです。
それは腹部の脂肪が内臓を圧迫して、胃の位置を高めるから。
そういえば食べたあと、上腹が張ることがこのところ多いです。

パンツのサイズは高校の頃から変わらず76cmなので、
筋肉が脂肪に変わってしまっていたのですね。
どうすればとれるかなあ、脂肪。
腹筋体操??

2010年7月11日 (日)

今月の多摩川オフはお休み

天気が微妙ですが、多摩川オフは開催されるようです。
で、ぎりぎりまで悩みましたが、ぼくは今回はお休み。

ガゼッタのデビューで二子玉-登戸だけでも走ろうと思っていたのですが、
火曜日提出のコンペの作業の進捗が遅れているのと、
昨日夜半から今朝にかけてのしつこい頭痛で断念しました。

ガゼッタデビューは熊谷になるのかなあ。
まだ参加表明していませんが。

2010年7月10日 (土)

母性

近くに新しくマンションが建ってから、近所に子どもが増えました。

で、端から見ていて思うのは「母性」っていうのは才能だなということ。
なんというか、子どもと共感できる母親ってそういないようです。
甘やかすとかそういうんじゃなくて、うまく言えませんが。

今や「母性」は尊敬に値しますね。希少価値です。

2010年7月 9日 (金)

検診の結果

血液検査でLDLコレステロールと尿素窒素の2項目で要治療。
たしか去年も同じ項目で引っかかりましたが、数値は増えています。

尿素窒素は腎臓の機能を表すそうですが、他の数値は正常なので
さほど気にする必要はなさそう。

LDLコレステロールは総コレステロールが辛うじて正常なので、
悪玉コレステロールの比率がが高いということのようです。
最近暑くなってきて、食が細くなり痩せてはきているのですけどね。
体組織計での体年齢はこのところ38歳を示していますし。

ただ、まあ運動不足なんだろうなあ。
去年に比べると走りにいく回数もかなり減っています。

2010年7月 8日 (木)

おやすみ

んー、今日はとりあえずお休みで。

2010年7月 7日 (水)

急には停まれない

固定ギア車で極力ブレーキを使わない走り方をすると、
急加速、急減速ができなくなります。
特に完全に停止するというのが苦手。

加速時は減速も考慮してまったりと加速し、
減速は性能が悪いのでかなり前からまったりと速度を落としていきます。
これが道路上の他の車両、自動車や自転車とペースが合いません。
ちょっとぎくしゃくするところです。

逆に言えば、普通の車両はいかに非エコな走りをしているか。
皆さんあまり意識していないと思いますが、結構急加速減速していますよ。

固定ギア車での停止は、それを避けるように車間を蛇行、
すり抜ける人や信号無視するひとが多いようですが、
ぼくはブレーキを使うようにしています。

ブレーキを使えば固定車は通常の自転車となんら変わりません。
集団走行ではそうしますのでご安心を。
ただ、それだと固定車の特徴が生かせなくてつまらないということだけなのです。

2010年7月 6日 (火)

コンペその後

約2週間ほっぽらかしていたコンペにようやく着手。
締切は1週間後だけど出せるのかしら。

やる気になったのは、1次審査を通過すれば20万円貰えると知ったこと。
いやあ、今のこの時勢で太っ腹なこと。

--
と、朝に書いておきながら、昼にはもうやる気が失せている。
ダメだ、こりゃ。

2010年7月 5日 (月)

メッセンジャーバッグ

ガゼッタに乗るようになって、背負う荷物が増えたためDscn7778
新たに小振りなメッセンジャーバッグを買いました。
BIANCHIです。丸井で安売りしていました。

ガゼッタにはボトルケージさえついていません。
またシングルスピードのイメージ的にサドルバッグはないでしょう。
で、持ち物は以下のようになっています。
・ポンプ
・太めのワイヤー錠
・財布
・タイヤレバー
・チューブパッチセット
・予備チューブ
・ペダルスパナ(車輪外しも兼ねる)
・携帯工具

だいぶ重くなったのでパンダーニのサコッシュでは辛くなっていました。

2010年7月 4日 (日)

サドルの染み

黒いデニムでガゼッタに乗り、三軒茶屋、下北沢、笹塚と流したところ
汗をかいたこともあってか、生地の青色が白いサドルに色うつりしてしまいました。

やってみた対策を書いています。
・消しゴム:ごく表層の部分はとれるが、すぐ限界がくる。
・ハンドソープ:あまり効果なかったような気がする。
・漂白剤に粉石鹸:ある程度の効果あり。
・台所用洗剤:まったく効果なし。
・製図用ステッドラー砂消しゴム:効果あるが範囲が広がってしまった気が。

結局、染みは完全には落ちきりませんでした。
白いサドルは気を遣いますね。
サーベロのゾンコランは普段着では絶対に乗りません。

2010年7月 3日 (土)

BMCのニューマシン

BMCがツール・ド・フランスに向けてニューマシンを投入。

http://velonews.competitor.com/2010/07/tour-de-france/tour-de-france-tech-bmcs-latest-road-bike-the-impec_124440/attachment/bmc_impec22

久々にBMCの本気度が見えた気がしました。
SLRはいまいちだったもんなあ。

2010年7月 2日 (金)

駒沢公園再び

SILKを再生させた頃、よく走りに行った駒沢公園。Dscn7768
だんだん距離を走るようになって、足が遠のいていましたが、
ガゼッタを購入してから、また通うようになりました。

最初はこれでもちょっとした遠出感覚だった駒沢公園。
その後カーボンロードを組んでブルベにまで参加。
最長1日210km、獲得標高差3300mまで記録はのびました。

他にも1泊ツーリングする機会は増え、山サイも少しかじりました。
しかし単純に自転車に乗ることを楽しむ機会は減ったような気がします。
今、また初心に帰ってきているような感覚があります。

今年も結局すね毛は剃りましたが、レーパン、ジャージで走り込むかは
Mt.富士の結果もあり、考えあぐねているところです。

2010年7月 1日 (木)

日本版ガゼッタ

Blue Lugからも日本版ガゼッタ完成車(グリーン)が発売になりました。21898892

グリップがグリーンになっているのはF.I.G bikeより進歩。
これでチェンリングをスギノに、チェーンを白にしたらほぼプロトタイプです。

こっちにしとけば良かったかという思いが少しある反面、
どこか違うんだよなあという気持ちもあります。
それはイタリア版プロトタイプと比べて。
サイドビューを見ていた限りでは気づかなかったのですが。
やっぱり派手なのか。日本の風土に合わない感じがします。

チネリのデザイナーに聞いてみたいなあ。
ガゼッタでどういうイメージを目指しているのか。

個人的には「イタリアのママチャリ」なんかはどうかと思うのですが。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »