« 来週末のブルベ | トップページ | スケッチ »

2010年9月17日 (金)

ハンガーとハンドルと

ふと思い出したのですが、学生の頃の課題で「造形演習」というのがありました。
直線だけとか、平面に限るとか制限を設けて、そのなかで各自が
自由に造形して美を競うというものでした。

ぼくはこれが苦手でした。
毎回順位が発表されるのですが、半分より上に行ったためしがない。
担当教官に「好みでない」ときっぱり言われたこともあります。
(そういう意味では美など一義的に評価できるものではないのですが)

6回くらいある最後の課題で、ぼくは行き詰まってしまいました。
立体で曲線という最も自由度の高い課題。
自由過ぎて何から手をつけていいのかさえわからず、
課題提出の朝になってしまいました。

ここでできないならできないなりの発想の転換!
自転車のセミドロップとドロップハンドル。
それに緑色のプラスチックハンガーを紐で結んで「作品」にしてしまいました。

つくっているときは気づきませんでしたが、いわゆる「レディメイド」というやつです。
デュシャンが小便器を展示棚にただ置いた「泉」。あれです。

提出すると学生の間では結構話題になりました。
しかし、評価は最低点でした。
聞く所によると、全体を塗装していたら点をあげたのにと言われたそうです。

うーん、それじゃコンセプトが薄まるじゃん、といつのまにかぼくが
教官を評価するような意識に変換していました。

これは案外良い体験で、自信になりました。
設計でも自分の信じた道を行くベースとなりました。
これからもそうありたい。

« 来週末のブルベ | トップページ | スケッチ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52575302

この記事へのトラックバック一覧です: ハンガーとハンドルと:

« 来週末のブルベ | トップページ | スケッチ »