« 登戸-軽井沢試走、撤退 | トップページ | イラスト6 »

2010年10月 3日 (日)

登戸-軽井沢試走、撤退2

ルートは以下の通り。101002

登戸-府中街道-川崎街道-四谷橋-新奥多摩街道-拝島-武蔵五日市
-秋川街道-梅ヶ谷峠-軍畑-小沢峠-名栗-山伏峠-秩父-小鹿野
-志賀坂峠-中里-上野村-湯ノ沢トンネル-下仁田-一ノ宮-磯辺-松井田
(-中山道-碓氷峠-軽井沢駅)

碓氷峠を含め、全体で大きく4つのピークがあり、さらに山伏峠前には
細かな3つほどの峠があります。
この最初の細かなアップダウンが4ヶ月、自転車にも乗らず運動不足の脚にきました。
最初は右膝だけだったのですが、じきに両膝に痛みが広がってきました。

それでも山伏はなんとか越えたのですが、秩父を過ぎ小鹿野のあたりでは
平地でも平均10キロ台半ばという超サイクリングペースを強いられました。
上りでは休み休み。自転車を降りるのだけでひと苦労。
そんなわけで本番のブルベではとっくにDNF判定のタイムだったのですが、
今回は試走なので行けるところまで行くことに。

埼玉までは、いままでとぎれとぎれに行っていた場所がつながっていく楽しさがあり、
群馬では初めて見る田舎の風景に興味を持ちました。

最後はブルベ規定時間内に走ったとしてもナイトランになる碓氷峠。
他に同走者がいるならともかく、単独で挑む気にはなれませんでした。
膝の調子から、最悪、全部押すとして5時間…。無理だ。

松井田で輪行したときは何とも言えない解放感がありました。
それだけ夜の碓氷峠にはプレッシャーがあった。
また何かの機会があれば昼に上ってみたいですが、そのときは来るのか?
来年のブルベに組み込まれていてもよほど調子が良くなければ参加しないでしょう。
富士山一周よりずっときつかった印象が残りました。

« 登戸-軽井沢試走、撤退 | トップページ | イラスト6 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52584600

この記事へのトラックバック一覧です: 登戸-軽井沢試走、撤退2:

« 登戸-軽井沢試走、撤退 | トップページ | イラスト6 »