« ツーリングから帰着 | トップページ | 上州紅葉ラン2日目 »

2010年10月25日 (月)

上州紅葉ラン初日

FCYCLEのオフに参加してきました。Dscn8170
本格的ダートのツーリングは20数年ぶりとなります。
車種はダート用タイヤを履かせた20インチミニベロ。
どうも無理があったようで、砂利や石が散乱する道では苦労しました。

水上-赤谷越-猿ヶ京-赤沢林道-霧峠-四万温泉

朝の4:30に家を出て、高崎乗り換えで8:50頃水上着。
朝食は車内にてとりました。出発は9:30過ぎ。参加者10名。
まずは舗装路での上りとなります。ここらへんの記憶はあいまい。

峠を下って赤谷湖。ここのコンビニで昼食の買い出し。
ここからの道は、法師温泉への道と重なります。
バスで通った記憶がかすかにあり。
法師温泉への分岐を過ぎると、いかにも林道という雰囲気。

舗装路が続きますが、途中で崩落箇所あり。
自転車なら担いでなんとか越えられそうなので、自己責任にて通過します。
ここで数人が引き返しましたが、後の霧峠にて無事合流しました。

標高1200mを越えるとアップダウンのある尾根道。
ここらでようやく紅葉も盛りを迎えていて、しばしシャッターを切ります。
ピークの手前の路面の広がったところで昼食タイム。
火器を持ってきた方にコーヒーを頂きます。これでだいぶ復活しました。

標高1400mのピークを越えると、下りはダートあり。
まだ最初の頃は余裕がありました。
しかし霧峠を越えたあたりから状況は一変。完全なダート。
慎重に路面を選んで下りますが、ハンドルが取られることしばしば。
とくに大きな石は小径車にとってきつい。転けなかったのが不思議なくらい。

と、nさんがパンク。その修理を手伝っていたdさんのタイヤもパンク。
チューブ交換でなんとか再出発するも、またもnさんがパンク。
今度はチューブがないのでパッチ修理。日があっという間に落ちてしまいました。

そこからはほとんど体験のない、暗闇のなかのダートラン。
キャットアイのフロントライトは照度が低く、
ちょっと遅れると道がどう曲がってるのか、どこまでが道なのかもわからなくなります。
運良く無事故でクリアしましたが、肝を冷やしました。

最後、宿のある四万温泉までは舗装路の上りで体力を使い切ります。

走行距離:51.1km
獲得標高差:1351m

« ツーリングから帰着 | トップページ | 上州紅葉ラン2日目 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52584853

この記事へのトラックバック一覧です: 上州紅葉ラン初日:

« ツーリングから帰着 | トップページ | 上州紅葉ラン2日目 »