« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

来年もよろしくお願い致します

今日はhさんにお誘い頂き、7トレをMTBで走ってきました。
が、帰ってから年末のばたばたで、レポートはまた明日。

本年は仕事、また趣味面でいろいろとお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。

2010年12月30日 (木)

和の宿俵石閣

1泊2日で箱根に行ってきました。Dscn8372

今回の宿は仙石原の俵石閣。
このセレクト、かなり微妙なところではありました。
建物は大正期に建てられた平屋の数寄屋建築。
もともとは別荘としてつくられたもので、客室は7室のみ。

というと贅沢な感じがしますが、実際行ってみると古屋敷といったかんじが強い。
窓は当然木製建具。寝室に至っては障子一枚で外部と隔てられています。
まあさすがに雨戸はついていましたが。

きれいには使っているのですが、部材がなにぶん古いので
これをぼろいととるか、侘び寂びがあるととるか。

料理は美味しかったです。量はさほどではありませんでしたが、
暖かいものがきちんと供されるのは嬉しかった。
風呂も良し。風呂場は寒いですが、白濁したぬるめのお湯につかっていると
身体の芯から暖まる感じがしました。露天風呂は五右衛門風呂風。
サービスも気持ちいい。宿泊料もまあリーズナブルではあります。

評価を分けるのは建物の古さでしょうか。
すきま風ぴゅーぴゅーでもそれを楽しめるか。
連れ合いの評価的には合格だったようです。ほっ。
個人的には客室の照明が蛍光灯なのだけは気になりました。

2010年12月29日 (水)

旅行

今日明日と箱根に旅行に行ってきます。

2010年12月28日 (火)

梱包

ヤフオクの商品の梱包に半日かかってしまいました。Dscn8366

空き箱があればいいのですが、置いておくスペースがないので捨ててしまっています。
で、固定車が送られてきたときのwiggleのでかい段ボールから切り出すのですが、
これがまた面倒くさい。

貧乏症なので、段ボールも余りの出ないようにカットしていくのですが、
箱はだんだんいびつに、ガムテープだらけになっていきます。
するとだんだん嫌気がさしてきて、放り出したくなってきます。
不器用だなあ。まあ機能が果たせればいいのですが。

写真はamazonにクロップスライトを注文したときの商品と箱。
ここまで贅沢に使っていいのなら楽なのですが。(笑)

2010年12月27日 (月)

今回のヤフオク

半年ぶりに自転車用品を出品しましたが、5品中4品が売れました。

しかしほとんどが出品価格での落札。
新品サドルが1100円、中古シートポストが1000円。
関戸橋だったら倍の値段で売れたかな、というかんじです。
ま、オクは振込手数料と送料がかかりますけどね。

やっぱり有名ブランド品でないと辛いですね。
あとは海外通販が盛況なので、そちらに流れているのでしょうか。
オークションも一時ほどの盛り上がりの欠けているとの印象を受けました。

2010年12月26日 (日)

お山の教室

MTBでトレイルを走りたくてうずうずしているところにhさんからお誘いを頂きました。Dscn8364
自宅から自走でいける貴重な里山です。

現地でhさん、yさんと合流していざ山道へ。
アプローチは結構な激坂です。インナー-ローでも早くも息があがる。

最初のお題は激坂山道の上り。お二人はすいすいと登られます。
さて自分はというと最初の2割くらいでもうダメ。
いろいろとアドバイスを頂き、クリートとタイヤ圧の調整をしてもらい、何度かトライ。
しているうちに、息があがって過呼吸のような状態に陥ってしまいました。
オンロードではこんなことになったことはありません。

休み休み5、6回はチャレンジしたでしょうか。
最後の方は7割くらいまで行きましたが完登はできませんでした。
宿題ですね。

里山をぐるりとまわって、さて最後のお題の激下りです。
ここでも細かなアドバイスを頂き、サドルを目一杯下げます。
ターンがある下りとドロップオフ。
何がなんだかわからないうちになんとかクリアできたようです。
怖かったー。激上りも怖かったですが下りはさらにびびりました。

と、ここで本日の教室は終了。
山には2時間も入っていませんでしたが、身体も心もくたくたです。
コンビニで小休止したあと、多摩川に出てhさん、yさんと別れます。

お二方とも、お世話になりました。
最初のトレイルランは宿題でいっぱいになりました。
リベンジして修行にはげもうと思います。

2010年12月25日 (土)

保険の話

基本的には保険会社の社員を食わせているだけだから、
保険には入らないというスタンスです。
例外は建物の火災共済くらい。

ところがここのところ、保険に入らざるをえない状況になってきています。
ひとつは建築士賠償責任保険。
プロデュース会社で加入が義務づけられてしまいました。
3団体ほどで取り扱っているのですが、支払いケースが増えてきたため
保険料はぐんとのびてしまってます。

もうひとつは自転車保険。
自分が怪我をする分にはいいのですが、事故相手に障害が残る場合の賠償保険は必須です。
こちらも取扱件数が増えているそうで、去年、BRMで加入していたのですが、
今年はその保険を含めた会費が倍近く値上がりしました。
仕方なく、今年はJCAで加入するかと思っていたのですが、
JCAの保険、補償対象に制限が加わるという情報が。

なんだかなあ。
ほんとにみんな賠償が必要になるケースなのでしょうか。
保険に入ったから使わにゃ損みたいな考えも入っているような気がします。

2010年12月24日 (金)

今年のクリスマス

連れ合いがオードブルとチキン、スパークリングを買って、
ぼくはケーキと花を買う。

夕方くらいまでは疲れていたのか2人とも寝ていて、
5時くらいからスタート。
連れ合いがリクエストに応えて某コスチュームをしてくれたので
記念写真を撮りながら、夕食をとる。
今年のチキンはハーブでした。

プレゼントは既に渡し合っているので、カードの交換。
その後、小さなクリスマスツリーを点灯させてDVD映画「nine」を見たのでした。
なかなかクリスマスっぽかったです。

2010年12月23日 (木)

クリスマス

今年のクリスマスは土曜日。
でも連れ合いに用事が入っているので、うちは今日祝います。

同じようなこと考える人は多いのか、
ケーキ屋に行ったら、ホールはすべてクリスマスケーキでした。
だいたいキリスト教を信じているわけではないのだから、
日にちに厳密にこだわらなくてもいいわけです。
レストランも今日は予約でいっぱいなのではないでしょうか。

たまたまセットされた天皇誕生日ですが、
祝い事の分散化というメリットをもたらしたようですね。

2010年12月22日 (水)

前転

MTBで転けちゃいました。

昨日、もう日が暮れる頃、時間がとれたのでMTBで善福寺川まで出かけました。
和田堀公園あたりで乗って面白そうな地形はないかと。
行ってみると公園のある南岸はほぼフラット、しかし北岸は崖になっていて
ちょっと起伏があって面白そう。

落葉のたまったダートの短いアップダウンを何回かトライして遊びます。
上りきれずに転けること2、3回ありましたが、落葉がクッションになっていてノーダメージ。

日も暮れたのでそろそろ帰るかと戻っていた途中、40cmくらいの段差がありました。
下は舗装路だしちょっと怖いなと思いましたが、スピード乗せてハンドル引けばおりられるかと判断。
念のためにクリートは外してトライ!

が、ハンドルを引く間もなく前輪は落下。
そのまま車輪はストップしてしまったので、自転車は前へ1回転。
ハンドルで着地してしまいました。
あー、やっちゃった。

車体を見るとバーエンドやブレーキ、シフトレバーにいくつか傷あり。
ハンドルバーに固定していたライトにはひびが入っていました。
身体の方は肘と膝で着地したようで、頭も打たずほぼ無傷。
ま、不幸中の幸いってやつでしょうか。

そういえば前にオフロードバイクを購入したときも初日に転けていました。
通過儀礼ですかね、これは。

2010年12月21日 (火)

自転車5台

さすがにちょっとやりすぎましたかね。Dscn8348

玄関に2台、打ち合わせコーナーに1台、事務所に2台。
もう、いっぱいいっぱいです。
これ、全部乗れというのは、やはり無理な話です。
奥の方、マウンテンバイクは出してくるだけでもひと苦労。

なんでこんなになったのでしょうね。
ひとつはミニベロを酷使しすぎていたこと。
旅にも普段使いにも利用するとさすがにへたってきます。

マウンテンバイクはフィールドを拡げたかったのでしょう。
しかし近所に里山がないため、案の定、あまり乗れていません。
今どれかひとつ処分するとしたらマウンテンバイクかなあ。

そうならないよう、遊んでやってください。
今週、雨が降らなければいいのだけど。

2010年12月20日 (月)

ミステイク!

先週の土曜日の朝、明日は管理建築士の講習だけどスケジュールはどうだったかなと、
送られてきた受講票をふと確認してみました。

目に飛び込んできたのは、12月9日という文字。

え?19日じゃあ…。と他の書類も探るも、みな9日。
がーん。勘違い、というかメモミス。とっくに終わっていました。

管理建築士の講習自体は定期的にやっていて、来年末まで受講すればいいので問題はないのですが、
受講料は実に15750円。
これ、次回の受講にスライドできないかと尋ねてみましたが、あえなくNG。

その金額もさることながら、19日のスケジュールをわざわざあけた苦労も水の泡です。
しばらくは呆然として現実としてとらえられませんでした。
ああ、こんなミスするなんて初めてじゃないかしら。

1日埋まるはずだった19日は突然ぽっかり空白に。
結局、クリスマスのための買い物日とかわりました。

2010年12月19日 (日)

本日のwiggle

正確には、昨日のウィゴォ。Dscn8319

久しぶりに海外通販のwiggleへの発注。
月曜の夜にポチって、現地のその日中に清算、発送。
土曜の昼過ぎに到着という予想ピッタリのスムースな流れ。

買ったのはサドルとシートピラー。
ちゃんとwiggleの段ボールに同梱されてきました。緩衝材あり。
ここらへんはさすがwiggle。

サドルはセライタリアユタークTLD。定価の半額以下。
MTB用サドルでトロイ・リーという方がグラフィックデザインをしています。
シェイプもふくめてかなりはっちゃけたデザインなので、目が慣れるまで時間がかかります。
さし色のオレンジも、車体のイエローから浮いている。
HPでの車体写真は気になって、色目を調整してしまいました。(苦笑)

ピラーはチネリヴァイビアンカ。
本来であれば固定車の完成車についてくるはずだった製品です。
3000円と安かったので注文してしまいました。
取付けてみると、チネリのマークはともかく、側面のロゴは少々うるさい。
また、このロゴを見せるために、サドルを通常より1cm上げるはめになりました。
まあ。散歩車ですからこの辺は許容範囲。

とりあえずMTBもこれで一段落。
さあ、走りに行くかな。

2010年12月18日 (土)

プレゼンの2

15日に書いた模型のプレゼンの件ですが、担当者からNGが出ました。

やはり模型の汚れ、黄ばみ、ホコリ等が通らなかったようです。
結局、他のもっと新しい模型に差し替えることになり、これで通ればいいのですが。

建築設計をやっていると、模型はどんどん増えていき、倉庫などないので
書棚の上に置きっぱなしというパターンは多いと思いますが、
直射日光があたらなくても、劣化していくのは仕方ない。
特にホコリは相当マメに掃除していかないとすぐにたまっていきます。

さてこれらの模型群なのですが、イメージダウンになるので捨ててしまった方がいいでしょうか。
模型は360度から覗けるので事例として見せるには適切なのですが、
古いものだともう15年前のものもあり、
これはさすがに崩壊がはじまっています。

みなさん、どうされているのでしょう?

2010年12月17日 (金)

MTB到着

昨日の午前10時過ぎにビアンキの大きな箱に入ったMTBが届きました。Dscn8312

箱は使い回し。ハンドル、ペダル、前輪、シートポストが外されて梱包されていました。
フレームは緩衝材で養生され、各部品間には段ボールの切れ端が挟まれていました。
見た目は悪いですが、必要最小限の手間はかかっていました。
サスのエアポンプは附属してこず。

各部品を組み付けて、とりあえずは完成型。
タイヤのエアは2気圧入っていましたが、3.5気圧までアップ。
バルブはフレンチでほっと一息。
タイヤはロケットロンではなくレーシングラルフがついてきました。

ここでいったん試乗。近くだけをまわるつもりが羽根木公園まで行ってしまいました。
第一印象は、でかっ!Mサイズはやはり大きめでした。
ポジションはほぼ出ているはずですがハンドルが遠い印象。
あと、転がり抵抗が大きい。高速巡航は辛いでしょうね。
ちょっとダートの上り下りなどチャレンジしてみますが、まだ恐怖感が強いです。
ディスクブレーキはとても良く効きます。

帰ってからペダルについていた片面フラペのプラスチックアダプターを苦労して外す。
ディスクブレーキが片効きしていたので修正する。
グリップを別途購入したものに交換する。
ここで写真撮影。車重測定。11.1kg。10.6kgというのは嘘だった…。

ハンドルがどうにも高いので、ステムを上下反転、さらにコラムスペーサー1個分下げる。
それでもサドルより1cmくらい高い。

ここまでで気になる点。RDのワイヤー先端にキャップがついていなかった。
後輪のタイヤが左右逆についていた。
カセットにチェーン脱落防止プレートが付いていた。
これらについては今日、修正するつもりです。
あとはサドルが届いて交換すれば完成。

各部組み付け、調整はちゃんとなされていました。
輸入もほぼ予想通りに届いたので、slaneは悪い業者ではないという感想です。
まあwiggleまでの細やかさは期待できませんが。

2010年12月16日 (木)

安っぽい

Y'sRoad新宿に何度か通い、Scott Scale35実車を見て、カスタム箇所を捜しています。Grip

サドルは一昨日書いた通り。
あと、ハンドルのグリップも気に入りません。
Scottの名前が入ったいかにもゴム製の安物です。
で、アンオーソライズドのフルストロークという製品を買いました。

あとは、ハンドル、ステム、シートピラーがScottのネーム入りなのですがこれも気に食わない。
こちらはしばらくは様子見しようと思いますが、特にハンドルはストレート。
ローライズのものの方が好みなのです。

どうも完成車販売というのは、スペックに出てこないところで手抜きをしているようで好きになりませんね。

2010年12月15日 (水)

プレゼン

新宿のパークタワービル内にあるリビング・デザインセンターOZONE6階の
「住まいとインテリアのソリューションスタジオ」にて、
2011年1月4日~2月28日、住宅模型のイメージ展示をします。

で、杉並o邸の初期提案モデルを昨日持参したのですが、
他の方の模型のピカピカ度に圧倒されました。
片や、敷地部分が段ボールですからね。見劣りするかな。

他の「建築家5人展」という展示では、A1サイズのプレゼンテーションがあり、
これがまあ印刷物のようにクオリティが高い。
やー、PCが普及しているとはいえ、ここまできましたか。
なんか時代に取り残されているような感じがして、
ただただ圧倒されて帰ってきました。

2010年12月14日 (火)

MTBのサドル

ようやく新車のルックスにも目が慣れてきて、なにがださいかわかってきました。Yutaak

それは、サドル。黒くてぼてっとしていていかにも完成車部品っぽい。
で、昨日wiggleで購入しました。
セライタリアのTroy Lee Designs Yutaak 'Skulls'。
ちょっと遊び心のあるデザインを選びました。全体が地味だし、MTBだし。

固定車用のピラーとともに発注したのですが、爆速でもうshippingされました。
果たして、税関で足止めを食らっているMTBより先につくのかどうか。

2010年12月13日 (月)

12月の定例多摩川オフ

久しぶりに多摩川オフにサーベロで顔を出してきました。Dscn8303

サーベロに乗るのは東京-松井田以来。
あのときは膝を壊してしまいましたが、今回は快適に乗れました。
なにより固定車と比べてポジションが出ているのが嬉しい。
こんなぼくでも体幹でこげているような感じがしました。

オフの方は比較的小規模。
てもtさんとapさんの新車お披露目もあって楽しく過ごせました。
写真右が鉄素地にクリア塗装を施した、tさんの新車です。
あとはMTBに乗られている方から、メカニックや走る場所などについて伝授頂きました。

天候は朝は風があるも、昼にはそれも止んでぽかぽか陽気の中、
まったりサイクリングと気持ちのいい昼食となりました。
皆さん、今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願い致します。

2010年12月12日 (日)

海外通販インプレ

MTBはようやく日本に到着したそうな。

さて、これまで何回か海外通販を利用してきましたが、
その印象を書いてみようと思います。

・Chain Reaction Cycles/サイクルトレーナー、ブレーキキャリパー
・EVANS CYCLES /サドル
・slane cycles/完成車
・Total Cycling/フレーム
・wiggle/タイツ、完成車、スプロケット

ちょっと記憶があいまいですが、2年間でこれくらいです。
いまのところ、大きなトラブルは発生していません。
印象として残るのはメールに対するレスポンスですが、
これはどこも似たり寄ったりで、概して悪い。

「サイクルベース名無し」には多くのトラブル情報が寄せられています。

http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewforum.php?forum=125

それを見る限りwiggle>Chain Reaction Cycles>Total Cycling>slane cycles>EVANS CYCLES
というかんじか。

EVANSで完成車、注文しなくてよかったかも。
今回のMTBも無傷であればいいけど。
返品、返金というのはやはり大変みたいですね。

2010年12月11日 (土)

コンペ現地調査会

コンペの現地調査会で前橋まで行ってきました。
高崎線に乗るのは今年何度目だろう?
相変わらず群馬は遠かったです。

コンペのプログラムは撤退したデパートあとの建物を改装して
美術館にするという、いっぷうかわったもの。
地下1階、地上2階でひと通り見ましたけれど、難しい。
かなり苦戦しそうな予感がしています。

2010年12月10日 (金)

山サイ専用車

海外通販というものは届いてみるまでなにが起こるかわからないので情報を小出しにしています。

ポチッたのはSCOTT SCALE35の2年落ち09モデルです。一応カーボンフレームで重量は10kg台。
価格は新車当時から57%引きになっていました。カラーリングが古くさいのは仕方ないですね。

今までの経験からいくと、来週の木曜あたりに到着すると思います。
購入店はslanecycles.com。初めてのMTB、楽しみにしています。

2010年12月 9日 (木)

despatched

海外通販を巡っていて、安かったので半ば冗談みたいな気持ちでポチった商品。

清算がうまくいかなくて、2度ほどメールを送るもなしのつぶて。
サイトで状況を見るも、pendingとなっていてかわらず。
ネットでの評判もあまり良くないお店。
これはキャンセルかなあと思っていたらいきなり
Your item is being despatchedとのメールが。

ええー?なんかまだ現実としてうまくとらえられていません。
来るのは良いけどどこに置くよ?

それにしてもまた「ラ」から遠くへ行ってしまったなあ。

2010年12月 8日 (水)

お休み

寒くなってきましたね。

夕方、自転車でちょっと出てみるものの、
近所をぐるっと回っただけで帰ってきてしまいました。
もう冬ですね。

2010年12月 7日 (火)

コンセプトストア

自転車のコンセプトストアって、どんな位置づけなんでしょう。Sawyer

ゲイリー・フィッシャーのビーチクルーザー風MTBを見ようと、
六本木ヒルズのトレックストアをわざわざ訪ねたのですが、
これがまたちっちゃい!というか狭い。

当然、目当ての品はなく、トレックにしても全製品を網羅しているとは思えません。
「ショールーム」とは位置づけが違うのでしょうか。
ジャイアントストアも同じく小規模でした。

2010年12月 6日 (月)

途中経過

通ったショップ

・Y's Road新宿
・Y's Road赤坂
・トレックストア六本木
・ジャイアントストア目黒通り
・トレイルストア
・Garage高井戸
・フレンド商会
・guava jelly

気になっている商品

・11kg前後/カーボンフレームリアリジッド/スコット:18万円
・13.8kg/アルミフレームフルサス/フォーカス:11万円
・11.8kg/スカンジウムフレームフルサス/コナ:21万円

2010年12月 5日 (日)

駒沢公園の緑

ケヤキ並木はすっかり落葉していました。Dscn8249

写真の木はトウカエデというそうです。

駒沢公園倶楽部

2010年12月 4日 (土)

ランドナー派とMTB派

周りを見回してみると、両方持っている方はともかく
両方乗っている方はほとんど見かけません。
例外はAPさんくらいかな?

おおざっぱに分けると、ランドナー派の方が年齢高め、
走り屋さんはMTB派が多いとでも言えるでしょうか。
中間をとってシクロクロスという方もいますが、
趣向からすると、ランドナー派に分類できるかもしれません。

もとアルプス店長の萩原さんによる「MTBでツーリングですか?」と
いったような題名の文にも感じられるように、
この2つはどこか対立する車種のようにも思われます。

かくいう私は、いまだ、どっちつかず派。
ランドナーっぽく使っているミニベロは泥よけはついていませんし
トップチューブはスローピングしています。
そして今、前サスと利くブレーキが欲しいとMTBの方に寄っていっています。

しかしMTBはMTBで、あのごつさにちょっとたじろいでいるところはあります。
パイプやタイヤの系やらハンドルの幅やら、ちょっとスケールオーバーじゃないか。

うーん、じゃあやっぱシクロクロス?とまだまだ悩んでいます。

2010年12月 3日 (金)

ショップ探訪

昨日の記事へのアドバイスから、リアはリジッドにしてなるべく軽くKonakulabike
という方向性が見えたと思います。

で、実際、池尻のMTBショップ「トレイルストア」に伺い、
大菩薩-牛の寝の話などをしたところ、同様のアドバイスを頂きました。
具体的には各メーカーのXCレースモデルのミドルレンジを勧められました。

具体的には
・Kona KULA GOLD 220500円
・GIANT XTC COMPOSITE 231000円
・SCOTT BIKE Scale40 210000円
・SPECIALIZED STUMPJUMPER HT COMP 220000円
だいたい車体重量11kg前後の製品が並びました。

ああ、やっぱり200kオーバーなのねと若干暗い気持ちになりましたが、
まあ、これは予算を伝えてない上での話。
それぞれのひとつ下位グレードでもいいかなと思いはじめています。
ただあまり重くなって、ミニベロのときより疲れてしまうようでは本末転倒ですが。

SCOTTとSPECIALIZEDはあまり好みでじゃないため、
・Kona KULA 168000円
・GIANT XTC 136500円
あたりでしょうか。

ここで再度海外通販をあたります。
Konaであれば2010年の型落ち品がありました。
Kona Kura 2010 送料込みで10万円前後。(写真)
2011に比べると若干のスペックダウンと、カラーリングの好みが気にかかります。

カラーリングは大事ですよね。Konaは年を追うごとに洗練されてきています。
うーん、どうするかな。妄想は続く。

2010年12月 2日 (木)

妄想MTB

固定車買って1年も経ってないし、もう置き場がないし、Tanuki
買ってもオフでもなけりゃ乗らないってわかっているのですが、
ちょっと妄想に浸っています。

きっかけはWiggleのサイトでチェックしてあったKona Five-Oの16サイズが
1日であっという間に売れてしまったこと。
後輪リジッド、油圧ディスクで50%引きで56000円。
送料かかっても7万円前後なのでお財布的には現実的でした。

ここでプチンと何かが切れました。
やー、どうせ買うなら前後フルサスでしょう。
で、海外通販、廉価フルサスモデルの総洗い出し。

浮かんできたのはKona Tanuki(写真)。送料抜きで10万ちょっと切るくらい。
次点はSunn Wisdom s3。同8万円を切る価格が嬉しい。ただ14.5kgと重い。
あとGhost Asx4900というのもありましたが、サイズが合わなくて断念。
どうも日本に入ってきていなさそうなのが魅力的でしたが。

Tanuki以外は型落ち品で安くなっています。
もうちょっと早くチェックすべきでしたね。
サイクルモードもあったし。

さて、どうしようかな。
Tanukiは2011モデルなのでしばらく寝かせておくか?

2010年12月 1日 (水)

MTB日和

MTBはまったくの初心者なので、ビギナー向け雑誌を興味深く読んでいます。

へー、そこまで考えるかあ、と思ったのは、路面に車輪痕をなるべく残さないということ。
今まで2度行った山には登山者はほとんど見られませんでしたが、
たしかにハイカーからすれば、車輪痕は興ざめに映るでしょう。

また、過去に事故を起こした山では自転車通行止めのエリアもあるとのこと。
基本的に「招かねざる客」なんですね。

山道では遭難する可能性も高まりますし、それをおしてまで参戦するか。
ちょっと悩むところではあります。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »