« 春眠 | トップページ | 危機管理とか麻雀とか »

2011年2月 8日 (火)

ヒポクラテスたち

元キャンディーズの伊藤蘭の娘が「金八先生」でデビューするそうな。Aa300

で、思い出したのが1980年公開のこの映画。
医科大学に学ぶ学生たちの日常を描いた青春もの。
僕の最も好きな邦画のうちのひとつです。

なんと言ってもキャスティングがすごい。
主人公の古尾谷雅人から、助演の柄本明、伊藤蘭、小倉一郎、内藤剛志
斉藤洋介、阿藤海。さらに手塚治虫、鈴木清順、原田芳雄らがピンポイントで登場。
邦画好きにはたまらんでしょう。
一医学生であった大森一樹がどうやって集めたのか不思議。

モラトリアム風の学生生活の描写も素敵。
ぼくはたぶん高校生のときにテレビで見たと思うのですが、
今考えるとなぜ医学部を選択肢に含めなかったのか、不思議。
進学校だったから「偏差値」ではじいちゃったのかな。

« 春眠 | トップページ | 危機管理とか麻雀とか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52597673

この記事へのトラックバック一覧です: ヒポクラテスたち:

« 春眠 | トップページ | 危機管理とか麻雀とか »