« 田口峠、大上峠オフ | トップページ | モシェ・サフディ »

2011年6月21日 (火)

上信電鉄

上州富岡駅舎コンペが終わったあとで初めて上信電鉄に乗りました。

高崎から下仁田まで単線、2両編成のワンマン運転。
始点から終点まで1時間強かかります。
乗ったのは休日でしたが、乗客はまばら。
平日は通学客が多いでしょうが、経営的には厳しそうです。

無人駅を多く設けたり、広告ラッピング車両、内部の広告も貸し切り等、
いろいろ試みてはいるようですが、バスとの接続もなさそうだし、
ここらへんの交通は実質、自家用車が担っているのではないか。
観光地もサファリパークや富岡製糸場があるにはありますが、
東京からのアクセスを考えると不便で日帰りは期待できそうにありません。

そんなところに降ってわいた上州富岡駅舎建て替え計画。
それだけのお金をかけて何が期待できるというのだろう。

少なくとも周囲のスケールが小さいので壮大なものは似合わない。
コンペの要項にあった「斬新な構造」というリクエストには疑問が湧きます。
例えば木造+ガラスでかわいく透明感のあるものが似合うのではないかしら。

« 田口峠、大上峠オフ | トップページ | モシェ・サフディ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52603310

この記事へのトラックバック一覧です: 上信電鉄:

« 田口峠、大上峠オフ | トップページ | モシェ・サフディ »