« 復興 | トップページ | エーロ・サーリネン »

2011年7月 7日 (木)

9.11の場合

東関東大震災の復興会議には安藤忠雄さんが名を連ねていますが、Worldradcentersite
建築家にできることはというと、緑化計画とか祈念施設の建立くらいに限られてくると思います。

一方9.11の復興の場合はどうだったでしょう。
こちらは世界的なコンペが行われ、ダニエル・リベスキンドが1等をとりました。
あまりぱっとした案ではありませんでしたが、ボリュームを分散させ、
周囲への影響を最小限に抑えた点が認められたのかもしれません。
そのメインシンボルとなるビルはフリーダム・タワーと呼ばれ、
リベスキンドらしい勢いのあるデザインとなっていました。

しかしこの案、収益性が低いことや、保安上の問題も指摘されて、
結局アメリカの設計事務所、SOMにより大幅な設計変更が行われてしまいました。
現在、フリーダム・タワー(新名称1 ワールドトレードセンター)のクレジットには
リベスキンドの名前はありません。
実際のビルディングデザインも、とても保守的なものになってしまいました。
コンペの案はどれもスケールアウトしていてそれに比べればましかもしれませんが
ニューヨークの顔となるには何とも寂しい限りです。
世界の建築シーンの最先端を示す絶好の機会だったのですけどね。

« 復興 | トップページ | エーロ・サーリネン »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52613116

この記事へのトラックバック一覧です: 9.11の場合:

« 復興 | トップページ | エーロ・サーリネン »