« 女性不信 | トップページ | 困ってるひと »

2011年7月28日 (木)

生協運動

大学時代に何をしていたかと聞かれると、生協運動ということになります。
本格的に建築に取りかかったのは3年次の後期からだし、サイクリングサークルは日常的には出入りはなく、
夏と春の合宿のみ参加という形をとっていました。

生協とは簡単に言うと、学生に加入、出資してもらい、教科書などを共同購入して安くすること。
たしか1割ほどは安くなったので、学生の加入率は100%近かったと思います。
他にも食堂、ファストフード店、チケット販売店などを運営し、学生理事独自での活動もありました。

新聞パンフレット作成、施設拡充、平和活動、レクリエーション、健康問題などなど。
ぼくが関わったのはここで、出資者にとって賛同ができてプラスになる活動というのが前提でした。
より良い生活と平和のために。そんなキャッチフレーズがあった憶えがあります。

しかしぼくは基本的に中心メンバーではなく、活動的な学生とは言えませんでした。
それほどこの運動に意義を感じていたということはない。
ただ、活動で学生に語る、オルグする姿に魅力を感じていたのかもしれません。
自分にはそれまで語りうる何かがなかったので。

でも結局何か変わったか、成長したかというと何もなかったような気もします。
ただ語り合うその雰囲気に酔っていただけなのかもしれません。
なので今となっては積極的に披露する履歴ではありません。

生協OBのその後を見てみると、その資質を生かすのであれば政界に打って出るものが多いかと思いきや
そうした例はほとんどなく、熱心な学生でも大学生協連に就職するケースあたりが多いようです。

« 女性不信 | トップページ | 困ってるひと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52613365

この記事へのトラックバック一覧です: 生協運動:

« 女性不信 | トップページ | 困ってるひと »