« 突然変異 | トップページ | 印象 »

2011年8月 8日 (月)

もう人生の折り返し地点を過ぎたにもかかわらず、ぼくの周囲には死がほとんどありません。
交遊範囲が狭いというのもあるのでしょうが、小学校から就職先までの同期で亡くなった方はごく少数です。
葬儀に出席したのは身内の祖母、祖父、おば、おじくらい。

例外だったのは初めて勤めた事務所。
社長が教祖みたいな存在で、設計業務以外でも様々な活動を強いられ振り回されました。
初めて亡くなったのは、外注のパース屋さん。胃がんで一時は復帰したのですが。
まだ30歳前後だったかと思います。
次はチーフ格の中年男性。事務所を辞められて独立した直後に亡くなりました。脳内出血だったかな。
そしていちばん身近だった30代後半の先輩の死。心筋梗塞であっという間でした。
最後のひとりはぼくが事務所を辞めてから亡くなったのですが胃がんでした。
ぼくにとっての上司にあたり、頑固オヤジでしたが、いざ事務所を辞める旨を伝えると、
実は自分は教師になりたかったなどと、心を開いて話をしてくださいました。

以上、4年半の在籍で実に4人の方が亡くなっています。
ぼくの経歴でもいちばん抹殺したい時期ですが、死に取り付かれたような組織でした。
とっとと辞めて正解だったと思います。

« 突然変異 | トップページ | 印象 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52613545

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 突然変異 | トップページ | 印象 »