« グーグルマップ | トップページ | お台場往復 »

2011年10月23日 (日)

青山ブックセンターとか

天気予報がかわり、午後からの雨がなくなったようなので、Dscn8996
体調も悪くないし、固定車で表参道の青山ブックセンター本店まで行ってきました。

固定車は軽くてやっぱり乗りやすい。ミニベロみたいにずるずる引きずる感じがない。
おそらく重いフリーハブがないことや、ディレイラーをかませていないので、
力がロスなく車輪に届いているからかと思われます。
代々木公園や表参道の坂も無理なく登ることができました。

代々木上原の下り坂で、後輪ブレーキを装着したピストに抜かれる。
ブレーキあるのにわざわざスキッド入れながら下っていきました。
そのこだわりはわからなくはないですが、車輪を痛めるよ。

青山通りでは福島の支援ありがとうデモ?に遭遇。
悪意はないのでしょうが邪魔。他の方法はなかったのだろうか。

スパイラルビルの横あたりから路地に入って妹島和世さん設計のCarina Storeを見る。
地上2階地下1階のガラスの箱がエキスパンドメタルで覆われているのですが、
そのディテールとマテリアルの美しさに感銘しました。妹島さん、できるじゃない!

エキスパンドメタルはおそらくアルミで肉厚、ピッチも大きくなまめかしい。
一見シームレスに見えるそれは、上下に張られたワイヤー部分で重ねて固定されています。
上下はシームレスなんじゃないかな。
エキスパンドメタルは見る高さによって透明度が違って見えるので面白い。
写真から来るイメージと違い、高級感あるファサードとなっていました。

さて、ようやくぼくの書店の聖地、青山ブックセンターへ。
が、残念なことにコミックコーナーの本にビニールが被せられていました。
都心ではここだけコミックの立ち読みができたのだがなあ。
でも今日マチ子さんの炭酸水の底は読むことができました。
他ではまた岡崎京子さんの未発表原稿をまとめた本あり。
まだ彼女で稼ごうとするかなあ。あざといというか。

椹木野衣さんがテキストを寄せていました。気がついたら過去の人。
編集者とともに美術家や建築家を切って捨てていた立場の評論家ですが
自身もいずれそうなるのですね。建築の五十嵐太郎さんなんかも同様。
皆いつかは時代に振り落とされるのだ。例外は、ない。

自転車書コーナーは狭くなっていてちょっと悲しい。
建築書コーナーの横からは何かセミナーが開催されていたのか、
若きおしゃれ男女がわらわらと湧き出ていました。
ぼくももうだいぶ年を食ったものだ。

店の入口近くでは来年のカレンダーが販売されていました。
ぼくは動物のフィギュアになる型紙のものを購入。

日が傾きはじめてきたところで帰途につきます。
代々木公園を横切り、代々木上原へ。ようやく竣工した駅施設を見て回ります。
前からあった中廊下の商店街が2層に分かれていました。
悪くはないですがなんでそんなに工事に時間がかかったのかというのと、
周囲の商店街に対してまったく閉じているのが気にかかりました。

新しくできたサブウェイで夕食。メニューは悪くないですが
サービスや内装がマクドナルドより質が低いのはどうしたものか。
代々木上原の書店に寄ってから帰宅しました。
なんだ、普通に走れるじゃん。先週末はなぜ調子が悪かったのだろう。

« グーグルマップ | トップページ | お台場往復 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52615345

この記事へのトラックバック一覧です: 青山ブックセンターとか:

« グーグルマップ | トップページ | お台場往復 »