« 視点を変えれば | トップページ | フォト・ウェディングその後 »

2011年11月 2日 (水)

野田市庁舎

日曜日の記事に書いた野田市庁舎、基本設計段階での完成予想図です。Noda
ぼくが描きました。
入社時は客先へのパースすら描けなかったのが、この絵は新聞の
全国版にまで載るまでになり、感慨深かったのを覚えています。

それでも竣工後、1度も見に行ってなかったのは竣工時、既に事務所を辞めていたのと、
デザイン作業が細分化し、自分がやったという実感が少なかったからでしょう。
近代建築誌に掲載されたことも知りませんでした。

デザインはプランナーが平面図を起こし、ディレクターがおおまかなデザインの方向を打ち出し
デザイナーであるぼくが具体的な形を起こして基本設計終了。
その後実施設計部隊がディテールデザインを詰めていきます。
ぼくもこの段階で少しは関わりましたが、大きくは外壁の色彩が変更されたようです。

今後はもうこの規模の仕事には関われないでしょう。
バブルの頃だからこそ若手にデザインをまかされた一例ですね。

« 視点を変えれば | トップページ | フォト・ウェディングその後 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52616890

この記事へのトラックバック一覧です: 野田市庁舎:

« 視点を変えれば | トップページ | フォト・ウェディングその後 »