« 山形旅行1日め | トップページ | 試行錯誤2 »

2012年1月 1日 (日)

山形旅行2日め

あけましておめでとうございます。R0010311

ということで、旅行レポの続き、2日めです。

朝は温泉にささっと入ったあと、7時半から宴会場のテーブル席にて朝食。
食後はフロント脇のカフェコーナーでコーヒーが頂けます。
荷物をまとめ、準備してチェックアウト。9:10発の送迎バスに乗り込みます。
この日の天気は晴れ。車窓からは遠くに山が見えました。

大石田の駅で列車待ちの間、この日の行動プランを練って新幹線の指定券を購入します。
帰路は普通列車で羽前千歳まで行って乗り換え、山寺まで。
松尾芭蕉の句で有名な山寺は山形郊外にあるとばかり思っていたので、
列車がどんどん山奥に入って行くのが不安でした。
こんな季節に観光客などいるのだろうか。

果たして山寺駅ではそこそこの数の客が降車してひと安心。ただ空は曇ってきています。
駅前の店では親切に長靴の貸し出しをしていました。
これは助かりました。行ってみると革靴では到底登れない路面状態でした。
持ち時間は1時間半。参道のいちばん奥まで行くと2時間と書いてあったので、
適当なところで引き返すことに。

ちょっと迷ったあと参道の入口を見つけ、入場料を払って石段を登りはじめます。
この段は延々続き、結構辛いうえ、また雪が降ってきてしまいました。
仁王門をくぐりちょっと開けたところで展望台方面に向かいます。
大きな岩の上にある展望台に着いたときには雪でほとんど見通しがきかなくなっていました。
せっかく登ってきたのに残念です。

少し休憩を入れてから下山に入ります。
路面は半分凍結しているようなところもあり、登るより慎重になり遅くなりました。
やれやれと降り着いたあたりで雪はやみ、なんだかなあ。まあいいですが。
山寺もやっぱり冬期に行くのはお勧めできません。

長靴を返却して、その店で甘酒を頼みひと息。
山寺から山形までは直行の快速電車。山形では晴れています。
ここの持ち時間は1時間で、ガイドブックに徒歩5分とあるそば屋で昼食をとる予定です。

店の名は庄司屋。5分というのは大嘘で10分は歩きました。
その上、店に入ってみると着席待ち、勘定待ち、持ち帰り待ちの客でカオス状態。
比較的早く座ることはできましたが、厨房会計の方は相変わらず混乱していて食事がなかなか出てこない。
3時6分の新幹線に乗らなければならないのに、2時半を過ぎても出てくる気配はない。
ああ、もうこれは次の新幹線になるなと諦めかけた頃に出てきました。

頼んだのは天ざるそば。思ったより天ぷらの種類が豊富で、麺はこしがあって美味しい。
しかしゆっくり味を楽しんでいる暇はなく、急いでかき込みます。ああもったいない。
2時50分頃に食べ終わり、駅まで小走りで急ぎます。

駅に着いたのは列車出発10分前。この間に連れ合いは職場への土産を買わねばなりません。
目星を付けていた品はあったのですが、それが2店まわってもない。
仕方なくその場にあった菓子を購入して新幹線乗車口へ。

やれやれなんともどたばたした幕切れの旅でした。

« 山形旅行1日め | トップページ | 試行錯誤2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52625765

この記事へのトラックバック一覧です: 山形旅行2日め:

« 山形旅行1日め | トップページ | 試行錯誤2 »