« プロジェクト・ジャパン | トップページ | クルマ »

2012年3月 6日 (火)

運命の人

山崎豊子による小説で今期、テレビドラマ化されています。Image0

沖縄密約問題に絡んだ実在した西山事件が元にされていて、
毎日新聞記者が外務省の女性事務官から外交機密文書を入手し
その内容を当時の首相に問いただすことで、
それが国家公務員違反の疑いで罪に問われるというもの。

ドラマの方を飛ばし飛ばし見ているのですが、どうにも共感できない。
裁判では記者と事務官が不貞行為を働いており、
それが事実か、事実ならどちらが先導したかなどが焦点になるのですが、
どちらが誘ったにせよ、継続的に性交渉を持つことは民事上、離婚事由になります。
いくら正義をかざしたところで家族を裏切ったことは事実なので自業自得と言うか。

ただのエロオヤジじゃんというのが感想。

ところでこの記者の奥さんのいとこという設定で
売れっ子建築家、鯉沼玲という人物が出てくるのですが、モデルは存在するのか。
記者は1971年の段階で40歳+α。奥さんの年齢は書かれていませんが、
奥さんといとこは同い年。
当時の平均初婚年齢の男女差が3歳ほどなので37歳と設定すると1934年生まれ。

となると黒川紀章くらいしかいません。
でも彼は当時既婚だったはずですし、1970年代前半で世界で活躍した
日本人建築家はほぼ皆無で、黒川さんとて例外ではありませんでした。

この人物に関してはフィクションだととらえた方がよさそうです。

« プロジェクト・ジャパン | トップページ | クルマ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52627181

この記事へのトラックバック一覧です: 運命の人:

« プロジェクト・ジャパン | トップページ | クルマ »