« 裏新宿探索 | トップページ | 乗り味 »

2012年4月 9日 (月)

サンツアーミーティング2012

昨日はFCYCLEの恒例企画、サンツアーミーティングに参加してきました。R0011138
自転車にサンツアー製品もしくはそれに準じる部品を2点以上装着する、
というのが参加条件ですが、近年は点数を競う人も減り有名無実化していて、
激坂パートありの東京近郊里山花見ポタリングという印象が強くなっています。

今年の参加者は17名、うち出走16名と相変わらずの高い人気があって、
この企画の常連であるcaさんやteさんらに加え、古いグロワールに乗ったyaさんや
どこかオードリー春日を思わせるkaさんなど初参加勢も元気な方が多く、
にぎやかで和やかなオフとなりました。ぼくは5回めの参加になります。

集合は10時で3時半解散と時間に余裕がある上、自宅から1時間半と近場なため
ゆっくりとアプローチできて、余裕をもって帰宅できるのが嬉しい。
過去には往路自走や復路川越まで自走をしたことがありますが、
他では味わえないまったり感を楽しむのがいいのかもしれません。

ルートは、武蔵嵐山駅-玉川村-嵐山渓谷-小川町(買出し)-栗山(昼食)
-萩平-白石-小川町解散。
毎年、基本的な立寄ポイント、休憩ポイントは不変ですが、
その途中は年々裏道に走ることが多くなり、今年は特にそれが顕著で、
ダート区間も多く、私道に入り込んで2回ほど怒られてしまうほどでした。
その裏道は幹事のtaさんが起こしたGPSデータにほぼ沿ったもので、
しかしあれを見ながら先導していたら景色など見る余裕もなくなるだろうにと、
その器用さには舌をまきました。

花見の方は都心が桜の満開を迎えたばかりなので期待できないと思っていたら
まさにその通りで、桜には一週間早かった。桃もいまいち。
ただいつも立ち寄るポイントでのカタクリの群生は今までにないものでした。
天気の方は終始晴れ渡っており、絶好のツーリング日和でありました。

激坂は標高にして300mほどをSILKの42T×24Tでのぼります。
2日前に自転車に乗った時は脚がまわらず今回は上れる気がしませんでしたが。
結局、200m上がったあたりの桃の木のポイントまでは直登。
そこで休憩を入れてからは蛇行を入れながらの走行となりました。
押しが入らなかっただけ上出来です。

トラブルはtoさんのチェーンのリンクが外れたぐらい。
あとはあまりの裏道の迷走ぶりに業を煮やしてかショートカットする人が散出。
まあ気持ちはわかります。今回はそれで30分ほど押してしまっていたので。

今年はtbさんからめずらしいダイアコンペのシールを頂きました。
早速固定車のwiggleシールの上に被せて貼った次第。
ありがとうございました。

・走行距離:46.5km
・獲得標高差:626m
・最高標高:418m

« 裏新宿探索 | トップページ | 乗り味 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52628786

この記事へのトラックバック一覧です: サンツアーミーティング2012:

« 裏新宿探索 | トップページ | 乗り味 »