« 建築家の始まり | トップページ | 代官山にて »

2012年4月18日 (水)

ぼくは基本的に嘘が嫌いな性格です。51d41z22s
電話営業などで、以前お伺いしたとか嘘をつかれると頭が即、沸騰するくらい。
例外は余命告知くらいですかね。あれは数値がいい加減な上、聞いてもいいことはない。

しかし世の中には嘘に近いものを求められる職業もあります。
例えば弁護士。依頼人が嘘をついていると感じていても、
その人に有利なように話を進めていかねばなりません。

行き過ぎると非難を浴びますが、広告宣伝にも同じような側面があります。
商品をより魅力的に見せる、幻想を抱かせるというのはやはり嘘に近い物を含んでいる。

なので、ぼくは広告代理店に勤めたいとも弁護士になろうとも思いません。
しかし世の中の女性にはうけがいい職種ですよね。なぜだろう?

稼ぎがいいというのがひとつ。広告代理店は大手に限りますが。
あとはほらを吹いてでも世の中をうまく渡っていく姿が頼もしく見えるのかもしれません。
ただ、社会での嘘つきはプライベートでも嘘をつくと思うのでご注意。

« 建築家の始まり | トップページ | 代官山にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52629118

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 建築家の始まり | トップページ | 代官山にて »