« 夢のカリフォルニア | トップページ | 吉祥寺ポタリング »

2012年4月30日 (月)

安さにはワケがある

ゴールデンウィーク2日め、金沢から東京、ディズニーランドに向かっていたR0011231
ツアーバスが高速道路で事故を起こし、7名の方が亡くなられました。
ご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方の早い治癒を願っております。

このバス、運賃が3500円だったそうです。
飛行機だと23620円、電車だと11840円なのでそこまで下げる必要はなさそうですが、
競合がひしめいていたのでしょう。

この距離では運転手は1人でも法的に問題はないそうですが、
もうひとり運転手が乗車していれば、事故のおきる確率は下がったでしょう。

運転手への報酬1人工20000円+宿泊費5000円として、その分を料金に加えると、
ひとりあたり約500円アップの4000円。価格競争では不利ですが、
この値段で安全が買えるなら、そちらを選ぶ消費者は多いのではないか。

だいたいにおいて、価格の端数の所でぎりぎり勝負しているものは危ない。
ぼくが設計した住宅で、唯一施主から施工にクレームがついた件では、
施工業者が裁判を起こされ借金を抱えてとにかく当座の資金が必要で、
競合入札で無理に安い値段をつけたと後日判明しました。
事前にそうした情報があれば発注しませんでしたが、
相見積りをとり、減額調整をしている段階で無理をしていると感じてはいたので、
そこで疑問を持つべきだったのかもしれません。

飛行機では最近はLCCという爆安な航空会社なども参入しているようですが、
なぜその価格になるのか。リスクをどの程度負うものなのかは、
事前にしっかり把握したうえでセレクトすべきでしょう。

--
写真は明日の記事用です。

« 夢のカリフォルニア | トップページ | 吉祥寺ポタリング »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52629363

この記事へのトラックバック一覧です: 安さにはワケがある:

« 夢のカリフォルニア | トップページ | 吉祥寺ポタリング »