« ポール・スミスの自転車 | トップページ | 今年の夏休み »

2012年5月27日 (日)

cherubim詣で

昨日はm部さんのオープンハウスに固定車で行ってきました。R0011387

路面状態の悪い津久井道を下ること1時間数十分。
振動で手首が痛くなりはじめた頃にようやく到着。
角地なので大きく見えましたが、なかに入ると結構な狭小住宅。

家族4人でぎりぎりなところ、リビングの吹き抜けは確保して、
2層分の壁で囲われた庭と連続させています。
思ったほど庭は暗くならず、2面で通気も確保しているので快適でした。

ディテールのうまさは相変わらず。クオリティをキープしています。
面白かったのは浴室の坪庭を内部に取り込んだ点。
確かに外部にする必然性は薄いし、この方が浴室が広くなります。

m部さんが接客中だったので早々においとまし、次に向かうはcherubim。
行くのは4年ぶり。1階ショールームにある自転車は前回は先代によるものがほとんどでしたが、
今は真一氏によるショーモデルでいっぱいになっています。

中央には今年、NAHBSでグランプリを取ったhummingbirdがどどーんと。
しかし個人的には前年出品作のAir Lineやリーバイスと組んだCommuterの方が気になりました。
写真はおそらく未発表のTTロードバイク。ブレーキキャリパーがカーボンフォークに内蔵されています。
この加工は自前なのだろうか。リアブレーキはチェンステイ下部に付いています。

立派なパンフレットもできていました。
なかには先代によるF1の6輪ティレルを想起させる3輪モデルの写真が載っていて、
ああ、こういう奇想天外なモデルはもう出ないんだなと少し寂しくなりました。

帰路では途中、鶴川で築19年になるトラス・ウォールハウスを見に行く。
まあ、そこそこいいコンディションでしたが、線路際という立地が残念。
造形的には閉じるしかない環境なので外からは生活がうかがえません。
果たして楽しく住んでいるのだろうか。

多摩川を越えてようやく帰ってきたと安堵。結構疲れました。
狛江のミニストップでソフトクリーム休憩をしていると店外に見た顔が。
最近、あちこちで走りまくっているという同級生のuくんでした。
1年前はTokyo Bikeに乗っていたのに、今は電動アルテを積んだスペシャのルーベで
都心から伊豆の南端まで1日で自走するまでになってしまいました。

噂に聞くソニーのナブユーというGPSについて話し込む。
裏道検索は嬉しいけど本体の大きさと電池の持ちがネックか。

« ポール・スミスの自転車 | トップページ | 今年の夏休み »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52631852

この記事へのトラックバック一覧です: cherubim詣で:

« ポール・スミスの自転車 | トップページ | 今年の夏休み »