« うるさいの嫌い | トップページ | ポール・スミスの自転車 »

2012年5月25日 (金)

執筆

建築家仲間のkさんからの紹介で、web用の執筆を依頼されました。R0011227
少額ながらお金を頂いて文を書くのは10年ぶりくらい、2度目。
前回は住宅雑誌にコラムを書きました。

コンペの設計要旨など、文を書く機会はそれなりにはありますが、
自らテーマを掲げてそれについて書くというのはあまりない。
そもそも論文というものをまともに書いたことがないのです。

うちの大学は、卒業設計をすれば卒業論文は免除されました。
授業で建築家論として伊東豊雄さんについて書いたことはありますが
27年も前の話であり、内容は覚えていません。

さて、今回の執筆はweb1ページ分。字数にして1300-1500字とさほど長くはありません。
ただどれくらいの長さなのか見当がつかなかったので、
とりあえず書こうとしている内容の概略を書いてみると600字くらい。
そこで具体的事例や数値まで盛り込んでリライトすると1300字は越えました。

が、どうにも文章が素人臭い。細かなところで修正を重ねましたが、
結局、プロである編集の方に投げてしまいました。
ここまでだいたい1日。その他の資料づくりで1日かかっているので計2日。
頂く原稿料を考えると、これでもかかりすぎです。
うーん、やっぱり執筆というのは難しいものだなと感じた次第。

« うるさいの嫌い | トップページ | ポール・スミスの自転車 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52631786

この記事へのトラックバック一覧です: 執筆:

« うるさいの嫌い | トップページ | ポール・スミスの自転車 »