« 1都6県LSDより帰着 | トップページ | タイヤとパンク »

2012年6月24日 (日)

1都6県LSD2012

3年ぶり、3回めの参加になります。Dscn9203
1日で関東の1都6県に脚を踏み入れ帰着するという自転車企画。
初回は用事があったので往路のみ、復路輪行。
2回めは武蔵水路で力つきて離脱。あとはソロでなんとか完走でした。

今年はメンバーの出入りが激しかったですが、平均して11名くらいはいました。
あと今回はぼくの大学のサイクリング部の先輩であるnさんも参加されました。

多摩川の二子橋に7時集合。記念写真を撮って出発です。
今年は東京タワーとスカイツリー見物がルートに含まれていて駒沢通りを進みます。

例年よりアップダウンの少ないルートで楽でした。空は曇りで涼しい。
桜田門で合流あり。江戸川CRに入る前にコンビニ休憩あり。

江戸川CRは楽でした。基本、ひとのあとについて引いてもらったのですが、
身体的ダメージがほとんどない。とはいうものの、関宿が近づくにつれ疲労が。

関宿で休憩して出発したときには、それがはっきりと認識されました。
どうも体幹が弱っている様子。おまけにサイコンが作動しない。
凹んでいるとさらに前輪スローパンクという追い打ちが。
きたかわべまで持つかと思いましたが、利根川CRを出た所で限界。

1都6県3回出走中2回パンク。しかもサーベロは前々回のライドでパンクしてます。
タイヤの寿命なのか。タイヤ交換自体はスムースに進みましたが、
エアを入れる段階で、空気充填後ホースを抜くときにバルブコアごと抜けてしまいます。
何度やっても失敗するので、同行した方のポンプで直接エアを入れていただきました。

陽が出てきての炎天下の作業で、肉体的、精神的に一気に疲れきります。
きたかわべではラーメンを食しますが、水をいくら飲んでも足らない感じ。
熱中症にかかりかけていたのでしょう。あとでコンビニで顔を見たら真っ赤でした。

ここで3名が輪行離脱。結果、健脚組のみが残りました。
谷中湖を観光で1周したあと、再び利根川CRへ。
前回の走行でつらいのはわかっていましたが、記憶以上にきつかった。
ノンストップの上、単調で変化に乏しいコース。
行田サイクリングセンターに着く直前にはややちぎれていました。

疲れきった自分は離脱したくなりました。これは前回と全く同様。
が、今回は荒川の太郎衛門橋が目標だったのでなんとか我慢。

その後の武蔵水路は信号があったのでなんとかクリアできましたが、
懸案だった向かい風の荒川CRに入ると、しばらくはなんとか26km/hをキープしていましたが、
右膝に痛みが入るようになって、どうやっても22km/h以上が出せなくなりました。
当然ちぎれてしまい、初めて走る荒川の上流パートの景色も楽しめない。

と、ありがたいことに、皆さん、ペースダウンしていただきました。
ハンガーノックを指摘され、あわててバックポケットの羊羹を摂取します。
その後、入間川方面隊と別れるときには、カフェイン入りのパワーバーを頂きました。

その後は荒川方面隊のお二人に引いていただいたのですが、奇跡的に膝の痛みが治まり、
27km/hくらいまで出せるようになりました。
が、それも秋ヶ瀬公園での休憩まで。公園を出るときには右脚はほとんど使い物になりませんでした。

左足だけで回していくのも限界があり、お二方と離脱後はポタモードに。
しかしここで、離脱ポイントの笹目橋を戸田橋と勘違いしていました。
気づいたときにはもう戻れるような距離ではない。

GPSで近道を検索して進みますが、大幅なロスの上、西武池袋線を徒歩で越えねばなりません。
膝痛で歩くこともままならない状態でこれはきつかった。
結局、帰着したのは8時過ぎ。3年前より30分遅かった。
今も膝の痛みは残り、往生しています。

« 1都6県LSDより帰着 | トップページ | タイヤとパンク »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52639371

この記事へのトラックバック一覧です: 1都6県LSD2012:

« 1都6県LSDより帰着 | トップページ | タイヤとパンク »