« 体調 | トップページ | コルナゴ2013 »

2012年7月10日 (火)

Air Line

ケルビムの昨年のNAHBS出展作。店で直に見ましたが、R0011382
今年、グランプリを獲ったhummingbirdより確実にカッコイイ。

では、なぜ後者の方が高い評価になったのか?
それは自転車としての力学的視点が重く見られたからではなかろうか。

ひとつは自転車前部と後部が1本のパイプのみでつながっている点。
ここには強いねじれの力がかかるので、ちょっと心もとない。

もうひとつはチェーンステイを省略していること。
サイクルペディアなどで世界の珍自転車を見ても意外と例が少ない。
BB軸と後輪ハブ軸が歪むとそのまま力のロスにつながりいいことはなく、
BB自体も左右に歪み易くなっています。
おそらく実戦で使うと、ふにゃふにゃでレスポンスの遅い自転車と感じられるかと。

真一氏のデコラティブな才能はもう十分開花しているので、
これからは力学との擦り合わせが課題になってくるのかと思います。

« 体調 | トップページ | コルナゴ2013 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52639711

この記事へのトラックバック一覧です: Air Line:

« 体調 | トップページ | コルナゴ2013 »