« 上野の都美術館へ | トップページ | 遺失物捜索 »

2012年8月 4日 (土)

法政大学,お前もか!

近年、学習院大学の中央教室や村野藤吾による早稲田大学文学部33号館などが取り壊されてR0011558
話題になっていますが、昨日の帰路で見かけた大江宏による、法政大学の55年館、58年館も
建て替える予定があるそうです。

http://www.55-58saisei.sakura.ne.jp/data/suggestion/20100625/suggestion.html

法政大学校舎は昨日初めて見ましたが、白黒の独特な割り付けの和風カーテンウォールや
大江らしくはないがヴォールト屋根が華やかなエントランスなど、
素人の目から見ても美しく、取り壊しを躊躇するものでしょう。
それがなぜ。

大学は建築の文化的側面を教える場なのではないのか。
多少使い勝手が悪くても、耐震性に不安があってもまずは補修を考えるのが筋でしょう。
歴史的建築物を持つ大学は日本では少数派なのだからそこのところを自覚してほしいです。

« 上野の都美術館へ | トップページ | 遺失物捜索 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52640295

この記事へのトラックバック一覧です: 法政大学,お前もか!:

« 上野の都美術館へ | トップページ | 遺失物捜索 »