« ドラマー | トップページ | いらない仕事 »

2012年9月15日 (土)

日本教

先日の尖閣諸島騒動を受けて、中国国内では反日感情が高まっていて
上海では日本人だと発覚した人がラーメンをかけられたそうな。
何たる陰湿な。

加害者、被害者は尖閣諸島問題に直接関与したのでしょうか。
おそらくそんなことはなく、ただ日本人が嫌いだというだけで暴行した。
これじゃ中学生のいじめと同レベルです。

それに対し、日本人はどうか。
国内の中国人観光客に暴行したという報道は聴きません。
過去に中国には悪いことをしたから、なんていう人もいるようですが、
事をなるべく荒立てない、穏便に済まそうとする国民性から来ているものだと思います。

今まで世界のいろんな国をまわりましたが、しとやかで大人しく、
微笑みのある国となると日本をおいて他はありません。
ぼくらは平和が大切である事を学び、特定の国を憎むような教育は受けてきませんでした。
2回も原爆を落とされたアメリカに対してさえ。

もちろん危機管理は重要です。
でもぼくはこうした日本人の精神的特質は貴重だと思います。
もうこれを「日本教」として立ち上げて、世界に流布してもいいのではないか。

でも同じような非暴力主義を唱えたガンジーは徐々に支持を失い、暗殺されてしまいました。
どうしてなのでしょうね。
怒りという感情は一種の快楽だからなのでしょうか。

« ドラマー | トップページ | いらない仕事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52643433

この記事へのトラックバック一覧です: 日本教:

« ドラマー | トップページ | いらない仕事 »