« スローパンク | トップページ | 新国立競技場コンペ »

2012年10月31日 (水)

通行止め

林道でこの看板を見る度に日本人の事なかれ主義を感じます。Dscn9323
欧米のような何かあっても自己責任という考えはここには見られません。

しかし万が一のことがあってはいけないとなると、日本でも多くの山は
登山禁止になるでしょうし、ほとんどの海は遊泳禁止になるでしょう。
なぜ道だけ立ち入り禁止という措置になるのだろうか。

本当に工事中ならばわかります。途中までできたものを台無しにされたくはない。
でも斜面崩落や、それが撤去されたあとでも通行禁止というのは納得できない。

車両通行NGとか通行注意とか書けば済む話だと思います。
使われなくなった道は家と同じで急速に劣化していくので、
通行止めで長いこと放置していると、再開する時のコストが増すばかりです。

それとも将来、舗装するまでの半恒久的な措置なのだろうか。
だとすると金の無駄遣いだし、自然にもやさしくありません。
その費用は老朽化した橋や高架などの補修に回した方が余程意味があります。

入ったら下手したら捕まるなんてベルリンの壁じゃあるまいし、
国民の税金でせっかくつくった道なのだから開放して有効に使いませんか。

« スローパンク | トップページ | 新国立競技場コンペ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52644570

この記事へのトラックバック一覧です: 通行止め:

« スローパンク | トップページ | 新国立競技場コンペ »