« 新規の海外通販店 | トップページ | 横浜、大倉山の集合住宅 »

2012年11月21日 (水)

GPSとサイコン

今持っているGPS、サイクルコンピュータ関係は4つ。Rimg1948
CATEYE STRADAはミニベロ、CATEYE CC-TR300TW V3はサーベロ、
TREK TIME WATCHは固定車に着けていて、GARMIN VISTA HCxはその都度付け替えています。

現状で言えば、街乗りは時計だけで十分だし、ツーリングはGPSに最も信頼を置いています。

まれにドラフティングをする時くらいしか速度計は使わないし、
心拍計はとりあえず自分の体質(頻脈)がわかっただけで十分。
ケイデンス計もだいたいの数値を体感できるようになり、いらなくなりました。

が、それは逆にメカがまともに反応しなくて、計測を諦めたという面もあります。
サイコンは有線のSTRADAはともかく、無線のV3はひどいものでした。
電池を替えたばかりなのに、気がつくと電波を拾っていなかったなどというのは茶飯事。
おそらくセンサーがずれたのでしょうが、目視できるような変化はありません。

CATEYE社のサービスは行き届いていて、保証期間が過ぎていても対応してもらえましたが、
V3は根本的な設計に問題があるようにしか思えない。まだ売っているのだろうか。
買ったのが2008年5月のファーストロットだというのも不運だったのかもしれません。

一方、ツーリングでは距離、時間、高低差のログはやっぱり欲しい。となるとGPS。
しかし走っているときに見るのは主に時間と高度で、地図はあまり見ません。
保険のためにあらかじめルートは読み込ませ、一応表示させてはいますが。
まあ画面が小さく、表示精度が粗いというのも見ない理由にあります。

ただ最近増えてきたソロでの山サイではやはりGPSは頼りになります。
山ではルートを一本間違えただけで遭難のリスクに晒されるので。

« 新規の海外通販店 | トップページ | 横浜、大倉山の集合住宅 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52648850

この記事へのトラックバック一覧です: GPSとサイコン:

« 新規の海外通販店 | トップページ | 横浜、大倉山の集合住宅 »