« 体調メモ2012 | トップページ | 軽量ホイール »

2012年11月16日 (金)

MTBのシートチューブ

Ibis Mojoを知ってから数日、久しぶりに物欲にうなされました。Element01
フレーム定価は30万円。が、ebayで1450ドルで中古が出品されています。
手持ちのScottのパーツを移植できないだろうか?

うーん、でもFサスのストロークが140mmのようだから今のフォークは使えなさそう。
担げなくなるし、だいたいRサスが必要なダートジャンプとかしないし。
たぶんフレームを替えるより軽いホイールを買った方が幸せになれる。

ただフレームデザインはやはり魅力的です。
前三角をふたつに分けることでトップチューブの曲げが自然に見えるし、
シートポストにも連続して見えるようきれいにうねったラインは近未来的です。

このデザインの特徴のひとつとして、前三角が完結して見えるというところがあります。
軽さと強さの両立を求められるロードバイクやXCモデルでのダイアモンド型は揺るぎないですが、
DHバイクでは早くから、オートバイと同じような前後三角の独立が進められてきました。

それがAMモデルにもようやく波及し始めたようで、
結果、シートチューブが湾曲したモデルが多く見られるようになっています。
後輪に沿った方向で曲げるモデルが多いですが、ぼくが着目しているのは逆。

写真はロッキーマウンテンのエレメントというモデルです。
前三角がおにぎり型にきれいに湾曲していて、力学的にも無理がなさそう。
そしてシートチューブはもうパイプにさえ見えません。
その有機的造形はカーボンフレームならではなものです。

良いですねえ。個人的には要チェックな製品です。

« 体調メモ2012 | トップページ | 軽量ホイール »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52648787

この記事へのトラックバック一覧です: MTBのシートチューブ:

« 体調メモ2012 | トップページ | 軽量ホイール »