« 神楽坂五十番の肉まん | トップページ | フロントバッグとマッドガード »

2012年11月11日 (日)

柏往復

昨日はi村さんのオープンハウスがあったので、自転車で行ってきました。Rimg1915
場所は千葉県の柏。レーパンで行くわけにもいかなかったので、普段着+ミニベロでした。

この日も出発は遅く11時頃。基本的には都心を横断して国道6号というルート。
自走で江戸川の先となると、野田くらいしか行ったことがありません。
松戸-柏間が長いなあと思っていましたが、案の定ここで時間を食い、
2時間半くらいと見積っていたところ、15分ほど余計にかかりました。
距離にして往復90kmほど。普段着で行くにはこの辺が限度でしょうか。

オープンハウスの方は余白がたくさんある贅沢なつくりでした。
あえて円弧の壁をふたつ導入して複雑な空間になっていますが、
イレギュラーな納まりがたくさん出てきていて、工務店泣かせ。
設計者もよくやったと思います。苦労は買ってでもしないと面白いものはできませんね。

日没が気になったので30分ほどでおいとまし、帰途につきます。
水道橋のあたりからライトオン。結局完全に日没する5時半頃帰着しました。
いい運動になりましたが、直線距離で見ると飯能、青梅、鎌倉あたりとかわらない。
都心を横断するので時間がかかったのでしょうか。

途中、浅草でわずかな記憶を頼りにオオマエジムショを捜すも見つからず。
まあ、フロントバッグや泥よけのついた自転車には興味がないので、いいのですが。
山サイやツールの取材に関わった大前さんがランドナーに回帰した理由を聞いてみたい気もしていました。

« 神楽坂五十番の肉まん | トップページ | フロントバッグとマッドガード »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52648722

この記事へのトラックバック一覧です: 柏往復:

« 神楽坂五十番の肉まん | トップページ | フロントバッグとマッドガード »