« GPSとサイコン | トップページ | URGE ALL M »

2012年11月22日 (木)

横浜、大倉山の集合住宅

ワイズロードの横浜店がMTBグッズが充実しているとのことで、Rimg1956
昨日、固定車で行ってきました。天気がよかったので布団を干したまま、
11時頃出ましたが、3時台には帰ってくるつもりでした。

しかし横浜はやはり遠かった。1時間半かかりました。天気がよかったのが幸い。
途中、半年ぶりくらいに多摩川CRを走りました。のんびりするにはいい道です。

横浜店は1フロアは狭いものの、売り場は3層に渡っています。
その3階のいちばん奥にMTBのブースはありました。

パーツは各部を網羅して取り揃えていて、ウェア上下やヘルメットまで売っています。
完成車も50万円近くするハイエンドモデルが幾つか見られ、参考になりました。
今回の収穫はNuke ProofとRace Faceというブランド。デザインがお洒落です。
ただホイールはやっぱりShimano、Mavic、Fulcrumくらいしか置いていません。

横浜店の取り扱いはMTB、ロード、クロスに加え小径車、BMXにまで及んでいました。
いや楽しかった。ロードでもハイエンドモデルが見られるのが嬉しいです。
で、気がつくと3時を過ぎていました。2時間半も店内にいた様子。
うわ、布団がヤバい、ということで帰途につきます。

途中で妹島さん設計の大倉山の集合住宅が見られたら、とちょっと道を外れます。
所在地も何も調べていませんでしたが、あっけなく見つかりました。2008年竣工。

ぼくはこれ、写真を見た段階で失敗作だと思っていました。
無理やり複雑にし過ぎだし、曲面のコンクリートマッスは重たく見えるのではなかろうか。

が、そんな危惧は建物の前に立った瞬間に吹き飛びました。
敷地内に張り巡らされたうねった通路は奥の方まで延びていて、
それはまるで迷路で、とても楽しそう。3層コンクリートの圧迫感もない。

それは正方形に統一された窓のサイズがオーバースケールなせいでしょうか。
それぞれの窓にはレースのカーテンが取付けられていて、それもいい雰囲気を演出しています。

建築の曲線というのはどこか情感を含んでいることが多いのですが、これはからっと乾いています。
ファンタジックで軽やかな感じ。そう、もともと妹島さんはこういうのが得意だった。

各住戸の開口部は比較的少ないため、敷地は外部に対してオープンに感じます。
それにつられて通路を歩いていくと、ここに住みたいと思えてきました。
部外者をシャットアウトしてどうやって住むのか考えさせられる石神井の集合住宅とは対照的です。

ただ、帰宅してから間取りなんかを調べたりすると、内部はちょっと辛いかも。
特に水回りはとてもチープで残念なものになっているようです。
平面図と内部写真は不動産屋のHPで見ることができます。

そうこうしているうちにまた時間は過ぎ、結局多摩川CRを日没ぎりぎりに走るはめに。
帰宅したのは5時半頃になりました。いや、でも楽しかった。

« GPSとサイコン | トップページ | URGE ALL M »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52648870

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜、大倉山の集合住宅:

« GPSとサイコン | トップページ | URGE ALL M »