« 通行止め | トップページ | 誤審 »

2012年11月 1日 (木)

新国立競技場コンペ

あまりにも狭き門のオープンコンペとして話題になった新国立競技場。
前回の五輪誘致では臨海部に新設する案としたところ、
テロ対策やアクセスなどでマイナス点が付き落選したので、
現国立競技場を建て替えると方針転換したもの。
世界に開かれたコンペとする事で話題性を高め、五輪誘致を有利に進める考え。

逆に言えば、五輪誘致に失敗した場合は建て替えるメリットはあまりありません。
2020年のオリンピックの開催都市が決まるのが来年9月。
一方、建て替えスケジュールは基本設計が来年4月から1年間。
9月の結果如何に寄ってはストップがかかる可能性は高いと思います。

先日、コンペの1次審査を通過した11案が公表されましたが、
魅力的な案ほど採算を度外視している傾向があるように感じます。
これを別途プロポーザルで選ばれた設計者が基本、実施設計するとなると、
大幅な変更が出てくるでしょう。
それを監修者がどこまでコントロールできるのか。
正直、この体制ではいいものができる可能性は期待できません。

現在の11案も飛び抜けて良いものはないし、もし五輪誘致に成功したなら、
当選者と基本設計者で一回仕切りなおした方がいいかもしれません。

« 通行止め | トップページ | 誤審 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1932160/52648605

この記事へのトラックバック一覧です: 新国立競技場コンペ:

« 通行止め | トップページ | 誤審 »